W-VHS 博物館

 

 

 

忘れもしない1989年、R32型スカイラインがデビューした年、
BS衛星放送でアナログハイビジョンの試験放送が開始されました。
そして、R32からR33へとスカイラインがスイッチした1993年には
世界初の家庭用ハイビジョンビデオレコーダー HR-W1が発売されました。
 
あれから14年・・・
 
2007年 9月 30日をもってアナログハイビジョンの実用化試験放送が終了し
W-VHSビデオレコーダーは、その役目を終えたといってよいだろう。
今後、W-VHSは消え去り、忘れ去られる運命ではあるが
 
しかし我々は忘れない、あのワクワクさせてくれた時を・・・
 
そして ありがとう  W-VHS。
 

 

 

 

 

 

 入館する

 

 

     

    はじめに 

     

    W-VHS それは、1993年に日本ビクターから発表されたホームビデオ規格である。
    世界初のアナログベースバンド記録によるハイビジョン録画を実現し、
    従来の家庭用ビデオの常識を覆す、まったく新しい 新世代VHSであった。
     
    しかし、世はアナログからデジタル時代へと移り変わり
    W-VHS規格が一般に広く普及することは無かったのだった・・・・
     
     
    現在、VHSの本家、ビクターJVCのホームページ内のVHS博物館では
    W-VHSビデオデッキの記念すべき第一号機であるHR-W1と、
    その後継となる二号機、HR-W5の二台が紹介されている。
     
    家庭用としてはこの二台と そのOEM製品しか存在しなかったが、
    業務用の機材としてもW-VHSビデオデッキが製作られていたようである。
    業務用W-VHSビデオデッキには色々な機種が存在しているらしく、
    W-VHS博物館でも詳細は不明である。
     
    国立科学博物館、産業技術資料情報でも、
    業務用W-VHS機に触れた記事が見受けられるが、
    残念ながら詳しい内容や画像までは紹介されていない。
     
    W-VHS博物館では、他の博物館では紹介されていない
    OEM製品及び、現在、存在が確認されている
    業務用特機モデルの情報も合わせて公開いたします。
     
    今後も民生機・業務用特機モデルの調査を継続します。
    また、皆様からのW-VHSに関するエピソード、
    及びW-VHSデッキに関する情報も募集中です。
    資料を入手次第、画像の展示と情報の公開をして行きたいと思います。

     

     
    管理人E.O
     

    W-VHS関連の勝手にリンク集

VHS COMMUNITY、ビクターJVCのホームページです。

VHSの規格や、ビデオの歴史を見る事ができます。

その他、他のメーカ製品も見る事ができますよ。

(ま、まさか本家のページが封鎖されてしまうとは・・・・・  )

Homer-C 音と映像とAV機器

言わずと知れたホーマーさんのホームページです。

ゆきひろ工房が、真ゆきひろ工房として復活しました。

しかし、製作途中でまだ完成していない模様です。

旧ゆきひろ工房「AV機器です

らいちゃんのホームページ

なんというか、凄いホームページです!

「こういう世界もあるのだな」と教えてくれたホームページ。

SR-W310の修理記事があります。

喫茶《ぱらだいす☆あ〜み〜》セーラームーンのサークルです。

W1&W5だけでなくベータデッキも愛用なさっていたようです。

叫び エアチェックの傾向と対策

「アニメパラダイス☆ふぁんきぃりっぷす」が消滅し、

「叫び」が独立した模様です。

このホームページ内の「W-VHSのSDモードは凄い!」の

W-VHS/SDモードに関する記事が興味深いですね。

(いつの間にやら封鎖されていました(ToT)/~~~)

Hi-Vision Muse Shop

海外サイトです。

SR-W320Uの画像が公開されています。

 

 

 

 

 

 

 

W-VHS無関連の勝手にリンク集

 

 ここから下で紹介しているサイトはW-VHSとは特に関係はありませんが、

管理人が個人的に見ていてとっても楽しいと思ったので勝手にリンクさせてもらってます (^^ゞ

まあ、VHSビデオをメインとする古くからのAVマニアならどれも知っているサイトだとは思いますが・・・

あと、バーナーが用意されていないサイトは、サイト内の画像を使ってこっちで適当に付けてあります。

博物館・資料系

ありとあらゆる物を集めた総合科学博物館です。

一時期データベースがクラッシュしていたようですが、現在は回復しているようです。

VHS COMMUNITY、ビクターJVCのホームページです。

その中のVHS博物館 はビデオマニアなら必見でしょう。

VHSの規格や、ビデオの歴史を見る事ができます。

(ま、まさか本家のページが封鎖されてしまうとは・・・・・  )

皇帝のお部屋。 AV機器だけでなく車のセンスもなかなか。

その中のバブルデッキ博物館はなかなかの品揃えで見ごたえ十分です。

さらに凄まじいのがカセットデッキ博物館、 素晴らしいの一言ですよ〜♪

 

サイトウサイト、 さいとうさんのホームページ。

いろいろなジャンルがあり、内容も読んでいて楽しいものばかりでお勧めです。

博物館としては溺愛ガラクタ博物館やベータマックス博物館等があります。

 

りゅーのホームページ。

内容は主に車関係、トヨタ・スターレット博物館。 (^^ )

The Betamax!--

 

T's ROOM

パイオニアのレーザーディスク プレイヤー LD-600を検索していて見つけたサイト。

レア物博物館には色んなジャンルあり!

レア物のレトロな感じが懐かしくて結構楽しめます。

kosa-p on line X

DAT博物館で知っている方も多いはず。

DAT博物館には新旧の二種類があるみたいですね。

ちなみにE.Oはパイオニア・D-07Aのユーザーです。

オーディオ懐古録

有名すぎて説明不要のサイトでしょう。

DIATONE伝説は今となっては貴重な資料です。

ちなみにE.Oは定番中の定番、DS-1000ZXが我が家で活躍中です。

 

オーディオの足跡  −オーディオ機器を新旧・性能を問わず何でも紹介−

これまた凄い情報量のサイト。

ちゃんと管理・整理された作りは、観覧しやすく

トップから迷う事無く目的のページへ行けます。 スバラシイ!

Technics file

テクニクスの資料館です。

現在では入手不可能なカタログの内容が読める貴重なサイト。

オーディオの物置

オープンリールからLDプレイヤーまでとにかく多彩!

“物置”なんて言っていますが充分資料館・博物館レベルですよ。 (^^ )

←こちらが本来のトップページになるようです。

ナショナルビデオ・HiFiマックロードのページ。

バブルラジカセがメインのようですが、Hi-Fiマックロード博物館も凄いです。

懐かしい機材がてんこ盛りです。(^o^ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AV機器&ジャンク、その他

珍言采館趣味部屋、自称「わし」と呼称する変わり者の世界だそうです。

内容としてはジャンクAV機器以外にも多彩な趣味が紹介されています。

VHSビデオの基礎知識が学べますよ。

らいちゃんのホームページ。

バブル期のAV機器紹介からジャンク修理まで

その他、色々なネタ話が満載!

 

W-VHS博物館でHR-W1の内部紹介をしているのは、

ここのホームページの影響だったりします。

美少女名器解体図鑑

 

最初にこのホームページを見つけた時には

入るのにえらい勇気が要りました(笑)

Lancelot's homepage

こちらも多彩な内容を持ったホームページになっています。

ピュアオーディオ機器、AV機器、PCサウンドカード、

コピーガードキャンセラー、ベータデッキ、D-VHSデッキ

その他としてソフト関連や実験ネタなどなど。

テープ比較では、色々な規格のカセットを観覧する事ができます。

ついでに色んな“うんちく”も聞けちゃいますよ。

オーディオ&ビジュアル専門館

パルスさんのホームページ。

名機NV-FS900を所有なさっているようです。

また、AV機器のセッティングに関する相談も受けてくれるようです。

その他、HZ−X10000  (どうやら閉鎖してしまったようです。)

Tsurugiさんのホームページ。

「TD-V931友の会」といえば知っている方も多いはず

TD-V931友の会は現在活動休止中のようで残念です。

E.OはTD-V721が最後のテープデッキでした。

La Rue des Étoiles

etoileさんのホームページ。

一時期トップページへアクセスできませんでしたが、無事に復活されたようです。

内容は色々ですが、リサイクル・メンテナンス工場にはSANYOのS-VHS.VCR、

VZ-S6000Bの紹介記事が在るなど、VHSマニアにはたまらない内容となっています。

また、幻のVHS規格S-VHS DA(DigitalAudio)のビデオデッキが展示されておりビックリです。

S-VHS/DA全機種の画像を見られるスペシャルサイトとなっています。

その他、DATのオーディオデータをPCで扱えるようにする方法がいくつか紹介されています。

うっち〜のほ〜むぺ〜じ

うっち〜さんのホームページ。

PCのオーバークロックやゲーム攻略など色々です。

ドラゴンクエスト、風来のシレン、おかもとRPGなどなど。

もちろんAV機器関連の記事もあります。

59414d41のページ。

PIONEERのDVDプレーヤー DV-696AVのリージョンフリー化といった改造ネタや

管理人さん製作のフリーソフトの公開がなされています。

特にE.Oが面白そうと感じているのが「upconv」というフリーソフト。

音声ファイル(Wave)のサンプリングレートを変換する事ができるソフトで、

vc64やFUSEと同じようにアップコンバーターとしても利用でき

さらには高域補間にも対応するという。 興味のある方は要チェックですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リンクについて 

W-VHS博物館はリンクフリーとなっております。

リンクに関しては特に事前の連絡等は必要ありませんのでお気軽にリンクしてください。

また、相互リンクのお申し込みも受付中です。

リンクの際にバーナーが必要な方は、以下からお持ち帰りしてご使用ください。