正義の濫用

 僕はふだんテレビなど見ていて、自分とは違う意見が出ても、せいぜい「ふ〜〜ん、世の中にはこんな考え方をする人もいるんだ」と思う程度なのだが、今回はちょっと呆れてしまう場面に出くわしたので、ひとこと書こうと思う。

 番組で取り上げていたのは、某海水浴場に出没する「盗撮魔」なのだが、この話、ちょっとおかしいのだ。「盗撮」というのは、ふだん人が見られては困る場所にいるとき、たとえば入浴中とかトイレや着替えの最中、また、公衆の中においても、スカートの中のような、撮影することが明らかに犯罪性を認められる場合において使うべき言葉である。しかるにここで言う「盗撮魔」は、海水浴場に普通にたむろする、水着の女性たちを被写体にして楽しむカメラ小僧(中年の方が多いので、「カメラおやじ」とでも言うべきだろうか)たちのことなのである。少なくともその行為にたいして、何らかの犯罪性を認めるのは難しいと思う。しいていえば「肖像権の侵害」と言えなくもないが、彼らのほとんどは肝心の顔を撮っていないため、それにも当たらない。しかるに、こうした撮影を嫌った女性たちの訴えで、地方自治体が制定した「迷惑行為防止条例」を適用してほとんど犯罪者扱いである。TVでも、暴走族や、深夜花火を上げて遊ぶ若者たちと同列に扱っているが、これはやっぱりおかしい。

 暴走族たちの行為はもちろん危険であり、法律にも違反するものであるから、これを糾弾するのは当然である。また、深夜の花火も住民にとっては迷惑そのものであり、火災の危険もあるので、やはり否定的に扱って当然であろう。しかし、彼らと中年カメラおやじとが同じくらい「迷惑」な存在なのだろうか。繰り返すが、カメラおやじは別に犯罪を犯しているわけではない。単に、被写体にされる女性たちから見れば「不愉快である」という理由だけで、この扱いである。この海水浴場には呆れたことに、彼らを取り締まる専門の係員までいる。カメラおやじたちはまったく法律を犯していないのに、あたかも犯罪者の如く罵倒され、撮影したフィルムやビデオを没収されている。係員の立場から言えば、条例に則った正当な行為のつもりなのかも知れないが、条例でうたわれているのはたいていの場合、冒頭で述べたような本格的な「盗撮」の場合初めて適用されるべきものであって、公衆の面前にいる姿を撮影したものまで没収するのは明らかに越権行為である。カメラおやじが本気で訴えれば、名誉毀損と窃盗(なんの権利もなく他人の財産を没収すれば、立派な窃盗である)で勝訴する可能性すらある。明らかな正義の濫用だ。

 そもそも、明らかに違法な「盗撮」で、被写体となるような行為を公衆の面前で行ったとしたら、それは行った当人が公然猥褻罪で逮捕されるべきである。スカートの中はちょっと微妙であるが・・・。ともあれ、水着の女性たちは、別に公然猥褻罪に問われるようなことはない。海水浴場という公共の場において、認知されている姿である。従って、その姿を撮影されたからといって、とたんにそれが迷惑行為になる、といった理屈にはなり得ない。それに、露出度の高い水着は、彼女たちが望んで着用しているのであり、誰に強制されたわけでもない。あえて誤解を恐れずに書けば、ああした水着は多かれ少なかれ男性の目を意識してデザインされ、着用する女性たちもやはりある程度はそれを認識しているはずだ。本当に男性に見られるのが嫌なら、より水泳に適した競泳用水着とか、短パンのようなあまり性的魅力を発揮しない水着を着用すればいいのだから。しかしながらそれもせず、単に撮影されるのが「不愉快だから」カメラおやじを排除しようというのは少し虫が良すぎるのではないか。また、それに付和雷同して、カメラおやじたちをいかにも極悪非道な「盗撮魔」として扱うテレビ局の姿勢もおかしい。そんなにまでしてF1層の支持が欲しいのだろうか。

 もちろん僕はああいうカメラおやじたちが誉められた存在とは思わない。彼らに、人が嫌だと思うことを強制する(勝手に撮影する、ということはモデルを強制することに他ならない)権利があるとも思わない。しかし、条例を拡大解釈したり、係員を配してまでそういう行為を禁止する権限も、誰にもないと思う。これは個人のモラルの問題である。あくまで個人レベルで解決すべきことであって、他人に強制されるべきではない。蛇足ながら、この取材のためにテレビ局のクルーも海水浴場の水着の女性をふんだんに撮影しており、いかに報道目的とはいえやっていることはカメラおやじと同じである。肖像権、という見地から見れば、こちらの方が無断でオンエアされる可能性が高い分、問題があるのではなかろうか。それにしても、見られるのを前提にしたデザインの水着を着ながら、見られるのを嫌がる女性の心理というのも不思議なものである('02.08.27 記)

関連ページ

スタンス
困ったものだ
違和感
大人になるということ
みんなと同じでなくちゃイヤ!
スタンスPart-2
宗教観と内政干渉
悪夢のシナリオ
続・悪夢のシナリオ
殲滅のシナリオ
スタンスPart-3
究極の選択
僕という宇宙
迷子になりたい
9月11日
史上最大の不良債権
史上最悪の不良債権
アメリカの平和
炎の日
ナンセンス・ウォーズ
トム・クランシー的世界
奇妙な戦争
ある世界観
最近思ったこと
“We Got Him”
ちょっとおかしいよ
コドモ噺二題
右と左と民族主義
海の向こうに帝国が生まれる
中華人民国家社会主義帝国
はだかの王様
衝突する文明
日々雑感
熱湯よ現象
マスコミは宝?
日々是好日
レミングの葬列
21世紀の神話
エコノミック・エコロジー
こんにゃく騒動
第四の権力(前編)
第四の権力(後編)
イルカと牛と白鳥と
三大亡国遊戯
全日本湖沼バス堀化計画(`д´)凸
レベル・セブン
反面教師

ホームページへ My-コラム'02にもどる 次のコラムへ