迷子になりたい


 子供の頃、迷子になった記憶が僕にはない。たぶん一度や二度はあったと思うが、さほどそういう自覚がなかったのだろう。迷子、ということは、自分が今どこにいるか判らず、非常に不安な状態、ということなのだろうが、どこにいるのか判らなくてもそれほど不安を感じたことはなかったし、たいていは自力で事なきを得られた。

 それが原因かどうか判らないが、どこかまったく判らない場所に立ってみたい、という願望が僕にはある。どこか知らない場所を歩いてみたい、というまるで歌の文句みたいな体験を、できればしてみたいものだ、といつも思っていた。

 ふだん、東京のような何か用事がない限り訪れない場所を、何の目的もなく、ぶらぶら歩くようなことはあまりない。

 その日、僕が恵比寿にやって来たのもそれなりに理由があったのだが、結局目的は果たせず、夕刻の時間がぽっかりと空いてしまった。もちろんそのまま帰ってもよかったのだが、ふと思いついて徒歩で下北沢まで行ってみよう、という気になったのだ。べつに下北沢にたいした用事があるわけではなく、行きつけの模型屋があるし、そこまで行けば直通で吉祥寺に行く電車に乗れ、帰るのに楽だからに過ぎない。

 それほどひどい方向音痴というわけではないが、渋谷や世田谷あたりに土地勘がないので、とりあえず渋谷に出て、井の頭線沿いに歩こうと思ったのだが、井の頭線は神泉の前で地下に潜っているために、道路の上からではどのあたりを走っているのか判らない。

 まず道玄坂から三軒茶屋方面へ歩いて神泉へ抜け、そこから駒場経由で下北沢に出るつもりだったのだが、神泉あたりで次の経由地を見つけることが出来なくなってしまった。道路標示を見ても、下北沢行きの表示などどこにもなかったし、だいたい自分のいる地点からどっち方向に下北沢があるのかすら判らない。

 そういうときは、地図を見るなり交番で道を聞くなりすればいいだろう、とは誰しも思うことだろうが、確かにそうすればすぐ判るだろうけど、それでは「自力」でたどり着いたことにはならない。

 電柱などに貼られている住所表示と、太陽の位置から推定する方位だけで、だいたいの方向を決め、とにかく目的地へ向けて歩く、それがこのゲームのルールである。たいていの場合、途中で迷子になってしまうが、それでもずんずん歩いていけば、いずれ必ず知っている場所に出て、多少遠回りしても最終的には目的地へ着けるのだ。

 しかし今回は、ずんずん歩いていたら池尻大橋に出てしまい、明らかに方向を間違えてしまった。どう考えても下北沢はもう少し北なので、とりあえず右折できる通りを探したのだが、これが失敗であった。どうしても世田谷の住宅街を抜けることになるのだが、ここは細い街路が縦横にたくさん走っていて、この道をたどれば確実に下北沢へたどり着ける、という幹線道路は相当遠回りしなければないのだ。

 とりあえずやっと右折出来る場所をみつけ、入っていくとそこは三宿という住宅街であった。

 とにかくまだ明るいうちに下北沢に着こうと思って、僕はペースをあげた。あまり確信はなかったが、方角はたぶん間違っていないだろうと思い、住宅街を歩き続けていると、「淡島」という交差点に出た。ここから先は、三宿ではなく代沢という町名になる。沢の一文字が下北沢と同じ、という単純な理由で(!)僕はただしい道を歩いてきた、と確信し、交差点を突っ切って歩き続けた。

 しかし、世田谷の道路はみな直角ではなく、変な角度で交差している上に、微妙に曲がっていて、まっすぐ進んでいるつもりでも、いつの間にか違う方向に進んでいることがままある。この時実は、僕は梅ヶ丘方面へ向かって歩いていたのである。

 しかし幸いなことに、ここまで来てようやく「→下北沢」という標識が見えてきた。何と、まっすぐだと思っていた方向からさらに90度右に曲がる必要があったのだ。

 その道は、代沢と代田の境界となる細い道で、本当にこんな道の向こうに下北沢があるのかな、という感じだったのだが、とにかくずんずん歩いていくと、突然踏切に出た。そこは小田急線の踏切で、すぐ近くに下北沢の駅が見えた。こうして、僕の短い徒歩の旅は終わったのだ。

 時間にしてほぼ1時間半、恵比寿から下北沢まで、地図で見ると結構な距離がある。実は、下北沢渋谷間がもう少し近いと思っていたから歩いたのだが、判っていたらたぶん電車で移動したことだろう('02.08.16 記)

関連ページ

スタンス
困ったものだ
違和感
大人になるということ
みんなと同じでなくちゃイヤ!
スタンスPart-2
宗教観と内政干渉
悪夢のシナリオ
続・悪夢のシナリオ
殲滅のシナリオ
スタンスPart-3
究極の選択
僕という宇宙
正義の濫用
9月11日
史上最大の不良債権
史上最悪の不良債権
アメリカの平和
炎の日
ナンセンス・ウォーズ
トム・クランシー的世界
奇妙な戦争
ある世界観
最近思ったこと
“We Got Him”
ちょっとおかしいよ
コドモ噺二題
右と左と民族主義
海の向こうに帝国が生まれる
中華人民国家社会主義帝国
はだかの王様
衝突する文明
日々雑感
熱湯よ現象
マスコミは宝?
日々是好日
レミングの葬列
21世紀の神話
エコノミック・エコロジー
こんにゃく騒動
第四の権力(前編)
第四の権力(後編)
イルカと牛と白鳥と
三大亡国遊戯
全日本湖沼バス堀化計画(`д´)凸
レベル・セブン
反面教師

ホームページへ My-コラム'02にもどる 次のコラムへ