【合宿制ワークショップは、当ユニットの名物企画です。】

御陰様で【第2回合宿制ワークショップ】は、
〆切り前に募集人員に達し、
大盛況の内に全日程を終了致しました。
有難うございました。

第3回 【合宿制ワークショップ】に御期待下さい!




※ 合宿制Workshop特色の数々

☆☆演技三昧の濃密な3日間☆☆

2013年夏に第1回を開催し、その中身の濃さと合宿所の環境の素晴らしさから大好評を得た本格的な合宿制ワークショップの第2弾です!?

亦、このworkshopは、2015年の一月に撮影を予定している当ユニットの自主製作映画『戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より 「貌斬り」』(監督・細野辰興)の製作と、同年1月に予定している『スタニスラフスキー探偵団』(作・演出:細野辰興)の舞台公演を見据えたworkshopでもあります。

『戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より 「貌斬り」』は、タイトルからもお判りの様に戯曲【スタニスラフスキー探偵団】からインスパイアされた映画で、【スタニスラフスキー探偵団】の舞台そのものも劇中で重要なシーンとなっています。

戯曲【スタニスラフスキー探偵団】は、細野辰興監督の映画の代表作である傑作『シャブ極道』(主演・役所広司)や『竜二Forever』(主演・高橋克典、香川照之)と並び称される戯曲の代表作で初演以来、再演が望まれ、戯曲を読みたい! と切望されている傑作です。

処が、当ユニットには今の処、所属俳優がいませんので一期一会の新しい才能と資質との出会いが必要とされています。
つまり、それらのオーディションの側面も併せ持つworkshopと考えて頂いても結構です。実践とはそういうことです。
(昨年、このワークショップに参加して頂いた方から、『貌斬り』と『スタニスラフスキー探偵団』に重要な役で出演が決まっている方も居ります。亦、昨年、細野監督がプロデュースした短篇作品にも多くの方たちに出演して貰っています。)

普通のworkshopとは異なり、3日間都内郊外のセミナーハウスにて集中的に「演技の基礎理論」から始まり、エチュードまでをきめ細かに行なっていきます。
3日間寝食を共にしますので、否が応でも演技に集中することになります。
夏合宿の醍醐味も存分に味わえる、こんな贅沢な時間と空間は滅多にあるものではありません。
(打上げはバーベキューです。)

 
初日は、【目から鱗の演技リテラシー】を細野監督独自のメソッドでミッチリ体得して貰い、2日目から応用に向かいます。

応用では、【映像演技と舞台演技】の2つにチャレンジして貰います。
これが、このworkshopの最大の特徴だと言って良いでしょう。

講師は、主宰・細野辰興監督が行います。


☆☆「目から鱗が落ちる細野メソッド」☆☆
 【ドラマの本質の定義】を演技に応用!?

 主宰・細野辰興監督は、永年に亘り日本映画学校(現・日本映画大学)にて演出・脚本コースのゼミを持って来ましたが、若き映画監督志望者や俳優志望者に対する創作指導を通して【ドラマの本質の定義】を中心とした独自の演出、演技論のメソッドを構築して来ました。
そのメソッドを惜しげもなく開陳致します。
是非、この機会に体得して俳優としての演技の礎を確認して下さい。

今回workshopでは、先ず初めに、更にバージョンアップしたメソッドで【ドラマの本質】を体得して頂き、応用編として役作りに取り組んで貰います。

【ドラマの本質】を体得しますと、自分の役の演じ方が自ずと見えて来るようになります。「目から鱗が落ちる演技リテラシー」と言っても過言ではありません。

その上で総仕上げの役作りに挑んで頂きます!!


※ 魅力ある特典テキスト

「ドラマの本質の定義」を実践で徹底的に体得して頂くために素晴らしいテキストを用意します。
亦、フィードバックするためにふんだんに色々な映像を観て頂き、更に「ドラマの本質の定義」を参加者の皆さんの腑に落として貰います。

  


※ リピーターも大歓迎!
   
リピーターの方用の特別なカリキュラムも用意しています。

※ 細野辰興監督プロフィール


主宰・細野辰興(ほそのたつおき)プロフィール

今村(昌平)プロダクション映像企画出身。

今村昌平、相米慎二、根岸吉太郎、長谷川和彦などの助監督を経て
1990年ディレクターズ・カンパニーで監督デビュー。『しのいだれ』(
1994年 主演:役所広司、阿部寛)で注目を浴び、『シャブ極道』(1996 主演:役所広司)、『竜二Forever』(2002 主演:高橋克典、香川照之)等、ジャンルを問わず骨太な娯楽映画で世間を挑発し続ける異才映画監督。上記作品は未だに各方面で話題になりDVDが再リリースされたり、繰り返し上映されている人気作品。

最新作は20123月公開の異色純愛映画『私の叔父さん』(原作・連城三紀彦、主演・高橋克典、寺島咲)。この作品は17週間連続上映を達成。

10年ぶりとなる演劇『スタニスラフスキー探偵団』(2010年)で、映画評論家の佐藤忠男氏、秋本鉄次氏をはじめとし各方面から絶賛され、当ユニットを設立。他に戯曲『マルクス愚連隊、原作者Jr.拉致事件なう。』など。

 


1991年 『激走トラッカー伝説』(渡辺裕之、小西博之、浅田美代子)で劇場用映画デビュー
1994年 『しのいだれ』(役所広司、阿部寛、本田博太郎)、
1995年 『犯人(ホシ)に願いを』(中山美穂、金山一彦)
1996年 『シャブ極道』(役所広司、早乙女愛、本田博太郎、渡辺正行)
2002年 『竜二Forever』(高橋克典、香川照之、木下ほうか、石田ひかり)
2006年 『燃ゆるとき』(中井貴一、鹿賀丈史、大塚寧々、津川雅彦)
2010年 舞台『スタニスラフスキー探偵団』作・演出
2011年 舞台『マルクス愚連隊、原作者Jr.拉致事件なう。』作・演出
2012年 『私の叔父さん』(高橋克典、寺島咲、山田キヌヲ、草野康太、鶴見辰吾、長谷川初範、松原智恵子)

日本映画監督協会会員
日本映画大学 准教授


※ Workshopの概要

<日程> 

 2015年×月×日〜×月×日計3日間
※3日間全てを受講していただきます。 

<内容>
3
時間1ブロックとして3日間で9ブロックを受けていただきます。
基礎編、応用編、実践編

内容はバラエティに富んでいます。

 

先ず、初日は、基礎編で【ドラマの本質の定義】に関して3コマかけて完全に体得して貰います。(【俳優にとって脚本が読めるとはどういうことか? 】【自分の役にドラマの本質を持ち込み印象深い芝居を作るとは?】)

 

2日目は、その【ドラマの本質の定義】を色々な脚本で演技に応用していきます。(一人芝居、状況を設定しての二人芝居、3人芝居等。)

 

3日目は、2日目のworkshopの後にグループに分けて宿題を出し、二コマ続けて成果を見せて貰い、講評に移ります。その後、打ち上げを行い親睦や更なる講評を続けたりします。

 

是非、貴方の新しい才能を見せて下さい。貴方の新しい才能に出会えることを楽しみにしています

<クラス> 
  1クラス
<費用>

  
×××××円(税込。宿泊費、食費、テキスト代、打ち上げバーベキュー代も含みます。)  

<募集対象>
  俳優として演技する上での最も基本となる「ドラマの本質の定義」を体得したい方、

  俳優となる機会を掴みたいと真剣に思っている男女 (作家志望の方でも構いませんが、身体表現はして貰います。)
  年齢・経験・事務所への所属は問いません。
  ※但し、未成年の方は、一言、親御さんに了解を得て下さいね。


<募集人数>

 20(10名・女10名) 
   
<募集開始>

2015年×月×日
 合宿所ののキャパに上限が有りますので、定員に達し次第募集を打ち切らせて頂きます。御注意下さい。 
 ※キャンセルなど欠員が出た場合、寸前で追加募集を行うこともあります。


<会場>

(男女の宿泊施設は、セミナーハウス内で分かれます。)

 
※ お申込み方法・ご参加の流れ

【1まずはメールにてエントリーして下さい。 
  (メール以外での受け付けはいたしません) 
  ・
stanis2011@gmail.comまでメールください。 
  ・メールタイトルは第×回合宿制WS参加希望」としてください。必ず「第×回」と記して下さい。 
  ・メール本文には、
  1)氏名(ふりがな)
  (2)性別
  (3)生年月日
  (4)連絡先電話番号
  (5)所属事務所・所属劇団名(無い場合は無し)
  (6)簡単な履歴・経歴

  7)このワークショップのことを何を見て知ったか

  をお書きの上、 最近撮影のプロフィール写真を添付し
stanis2011@gmail.comまでメールをください。 
・折り返し、お手続きの案内を事務局よりメールせていただきます。
 (
stanis2011@gmail.comからのメールが受信できるように設定をしておいてください) 

お申込みメール確認後、事務局より、ご入金手続きのメールをお送りします 

ご入金をいただいた方から 「正式エントリー」といたします。
   ※入金が遅れたりしている間に定員になった場合は参加できなくなりますので御注意下さい。
 

】ご入金頂いた方から、ワークショップ内容に合わせて事前にテキストなどをメールいたします。 

 ※ お問合せもメールにて御願いします。

stanis2011@gmail.com


Copyright (c) stanislavski detectives