野出町太鼓台

泉佐野 野出町 布団太鼓 詳細

 

新調 明治三十二年(または明治三十三年)

 

彫師 寺田 夘ノ松(二代目高松彦四郎門下)

 

この太鼓台は、明治三十二年に新調されたもので、西暦で言うと、千九百年にあたり、

百年にわたり、野出町の祭りの主役を演じてきている。

大工棟梁は不明であるが、彫物師は、浪速彫物師二代目「高松彦四郎」

名匠一門の名工「寺田 夘ノ松」である。

平成十一年屋根廻りを修理する時に、屋根板をめくってみると、枡合裏に

次のような墨書きが見つかっています。

 

(1)枡合正面裏 

   明治三弐年二月初日

   岸和田本町ニテ彫刻す。

(2)右正面裏

   浪花彫物(刻)師 寺田人一作

(3)左正面裏

  彫物(刻)師 浪花住人寺田宇ノ松作

  明治三弐年十二月吉日

※ 後面には、大石内蔵助他四十六名の義士の名あり。

  (枡合、虹梁は、忠臣蔵で統一されている)

 

当時は、泉南郡佐野村野出町と言われし頃で、世話人は言うに及ばず、

濱仲や町民が協力しあって新調したものである。

元締、世話人、若頭等の名前が太鼓台の天蓋の巻物

(鳳凰が巻物を衡えている彫物)に掘り刻んである。

昭和三十一年には、大修理がなされ、四本柱と高欄等を紫檀に取り替えている。

布団締めは、二本締メで、昇り龍と降り龍を黒の羅紗地に金糸で刺繍がしてあり、

締メ金具は、「野出」と打ち出してある。

平成十年には、布団閉メの昇り龍と降り龍の八本を修理するとともに、

四隅の大總を修理した。それまでは、赤色の大總を使っていたが、

この時に白色にかえたものである。また、布団四隅の網の新たに白網に替えた。

野出町は、組織がしっかりしており、太鼓台の保存状態も良く、

格納庫も平成十一年に新調しているなど、太鼓台を担ぎ保存する状態は、

かってないほど良くなってきており、今後ますます祭りを盛んにしていきたいと

考えている。

(大阪の太鼓台)より

トップページに戻る