周太太のお気楽な日々




2006年の覚書




27/08  (日) a:m 01:03
 何日か前にe-mailが来ていたのは知ってたけどギリギリまで放っておくつもりだったサイトのURL問題。今日、手紙が来ていたので読んでみた。>やっぱり活字人間なのか(笑)
ここのサイトを開設した頃はフリーのHPはほとんど無くて&広告バナーが好きじゃなくてプロバイダの有料契約をしたんだけど。 そのうちフリーのWebが続々出てきたせいかいろいろ変更があって。でもトップページのURLを変更するのがいやだったからずっとそのままにしてきたんだけど。とうとうサービスそのものがなくなってしまうのでURL移転は必然のことに。いくつかメルアド持ってたりするんで何ヶ所か調べたんだけど、 一番移転が楽なのはイマ倉庫にしてる同じso-netのサービスを拡大することのようなので、どうせしなくちゃいけないのならさっさとしよう、とさっき変更手続きしてしまった。
というわけで、来月いっぱいで総トップの「香港明星廣場」、秋生哥のトップ、天華のトップとも旧URLは削除されます。 これからリンクチェックして行くので数日中にはなんの問題も無くなる予定ですが、何かありましたら(リンク先がない、とか)ご連絡くださいませ。・・・あとはついでにジャンクが多すぎるメルアドを変更するかどうか、だなぁ。
26/08  (土) a:m 00:52
Mr.J 義法厨房  ネットに出てましたな、Mr.Jのお店。このドアで油断してたら周りはガラス張りだったという。しかも開店して10日ほど経ってた我々が行った日はこの花もなくなってたし。上の斜めのガラスは吹き抜けの2階部分。なので2階席からも外が良く見える(つまり外からも良く見える)。

 さて、昨日(木曜日)はお稽古。自慢じゃないけどいろいろあったのでうちでお稽古なんてほとんどしてないし。(笑) とりあえず、前回師匠がいろいろ言ってた曲は全部譜本持参で。結果として3曲もお稽古していただきましたが。(惨)
夜、うちのにゃんこ達が外を気にしてる。 顔見知り(?)外猫ちゃんたちが来てもそれほど気にしないので、知らないコが来たのかしら?と思って外をみたらなんか大きい影。ベランダは暗くて良く見えないのでカーテンを開けて光を通したらなんと! タヌキのような。よ〜く見たら鼻筋から背中にかけて白い線。・・・もしやハクビシン?! いるのか? 野良ハクビシン?!

で、今日はこれまた久々の広東語。台湾の話とかいろいろと。頂き物は澳門の餅家のお菓子。最近、自分の記憶力の減退に落胆する日々ですわ。出来の悪い生徒ですみません〜>老師。

22/08  (火) a:m 02:28
Mr.J 義法厨房  やたら慌しかった台北2泊3日より帰還。朝イチ便じゃなくて午後イチ便は出かけるのは楽だけど結局は高速が混むし、なにより到着時間は向こうも渋滞時間になってるのが辛い。4時半前には空港に着いてたのにエアポートバスも少々渋滞&その後の台北駅からうっかりタクシーに乗っちゃったのでホテルまでがすんごい渋滞。 そんなに荷物重くなかったんだからMRTで行けばよかったよ。香港での行程がすっかり癖になってるらしい。
と言うわけで18日は朝便で入ってるSさんをすっかりお待たせしてチェックイン後やっと合流。台北はまだ不案内なので夕食をご一緒していただく。「近くだから「度小月」あたりで?」「あ、そここの間行きましたぁ」「Jayが良く行く店もこの近くなんですけど」 などとお話しつつ、なぜか延吉街方面に向かう我ら。(笑) 「じゃ、ちょっとJayの店の下調べを」と308巷に入りJayの店を捜す。延吉街から入るとちょっと陰になるんだけど近くに行くと目立つ看板。看板を撮る我々に気がついたスタッフにドアを開けられ「どうぞ〜」・・・日本語やん。ってか2階までの吹き抜けに合わせた大きな木製ドアだったから見えてるとは思って無かったよ。 良く見たら横のガラスから丸見えだったんだぁ。(汗) 1Fは奥がオープンキッチン、手前に4人掛け3席(くらい)、案内された2Fは2人掛けが6席か7席。この日は4つくらいテーブルあわせて団体さん(モロJayのファン屎)とカップル1組。 奥にVIP席?な個室風スペース。&トイレ。(ここが昔の日本のお風呂のようだった。タイル張りの洗面所にすりガラスの引き戸)  Jayが日本で食べてとても気に入りメニューにしたというめんたいスパがFan屎的にはイチ押しらしい。でSさんはそのめんたいスパ、私はペスカトーレ。 めんたいスパはまぁ、標準? ペスカトーレはトマトソースが明らかに中華テイスト。八角とかその辺の中華系スパイスが入ってる。(笑) 香港の伊麺とは違ってパスタは普通なんですけどね。アイスコーヒーもシロップがアーモンド風味(?)なところを除けばごく普通。ミルクティーは美味しかったですよん。
で、食事中マネージャーらしき男の子(だってどう見ても20代半ばくらい)が 来て「日本の方ですか? Jayのファン?」・・・まぁ、看板撮ってるとこ見られてるし。「はぁ。」「イマJayが上にいます。日本人のFanが来てるといったら喜んでました」「もしよろしければお食事が終わったら上に」・・・へ? 会えるんですか?! Jayに。 食事が終わってから、3FのJayのとこに連れてって貰いましたよ。お婆ちゃんとJay、他に2人か3人(覚えてない)。 ツーショット撮ってお話少々。何しろ北京語全然わかんないし。Jayはそこそこ日本語わかるんですね。お婆ちゃんはもちろん大丈夫だからお婆ちゃんと話してましたよ。(笑) メニューのスペル間違いはしっかり指摘。美味しかった?と聞かれたらそりゃまずいとは言えませんわ。いえ、別にまずいわけではないんですけど。ちょっと中華テイストはいってるだけで。
お店出てから「きっと今日はJayに呼ばれたんだねぇ。」と二人で。私個人としては明星の引きは良くないのでこれはきっとSさんのお力かしら。

ちょっとヘアスタイルがもんチッチ  で、19日。これが本命の(笑) 學友台湾歌迷會。
台湾のイベントは過酷と聞いてはいたけど午後1時半からのイベントで集合が10時!ってか10時からチケット引き換えるんで並べ! ま、香港みたいに先に送金しろ、じゃないから海外迷には嬉しいですが。台湾は並ばないから9時に最寄り駅集合、にしたら会場前には既に50人くらい並んでる。 ビルはまだ開いてないから外壁に沿って歩道に並ぶんだけど日差しを遮るものが無い。しかも予報では曇りだったのに晴れてるし。チケット交換で会員証、会場に入るときも会員証、会場すぐ外のトイレに行くにも会員証、とやたら厳しいチェック。こんなことならちゃんとした写真送ればよかったよ。用途がわからなかったから写メをプリントアウトして出しちゃった! で、チケットを引き換えて席も決まってやっと解放されると思ったら12時半に並べと?! その間、約1時間半「ご飯食べてきてね〜」って言われても見える範囲にはスタバしかないし。大通りから入ったとこにある観光客は絶対に来ないであろう地元のお店に開店時間ちょっと前に入れてもらって朝兼昼。東坡肉美味しかったです〜。
ちょっとヘアスタイルがもんチッチ  なんか会場に入ったら、これで全て達成されたような気がしてしまったが、イベントはこれからなのだ。(笑) 会場は普段が結婚式場とのことで1Fエントランスに白い馬車なんか展示されてるし、まさかとは思ったが學友はなんとゴンドラで登場。この鳥、「活出生命音樂會」の鳥マークに見えません? それだと台湾友友スタッフの手作りとか?!  そしてそんなシュチュエーションなのにむちゃむちゃラフなかっこの學友。そのかっこで来たのか?(學友は本日朝便で到着・・・もしかすると夜便で帰ってたりして) 事前に申し込みフォームで取ったリクエストトップ10を唄う。卞拉OKMTVだけど。で、歌迷會でのお約束、うろ覚えの曲を間違えると終わったあとにアカペラでまた唄いなおす。 &アヤシイ歌詞はFan屎にお尻向けて後ろのスクリーンで歌詞を確認。台湾で一番の問題は學友の言ってることがほとんど判らないこと。聞き取れるのは単語くらいだもんな。りーべんがどうしたこうした、とか言ってるのでなんの話かと思ったら「日本演唱會の時は日本語覚えるけどおバカさんだから忘れちゃう」とか言ってたらしい。(わかる方に訳してもらった) 新譜は11月(に出たら良いな)演唱會は2月にツアー開始(どこからだ?)と言ってた模様。11月ってことは年内に出たらラッキー、くらいの気持ちでいないと。
延々2時間半近く唄った學友、最後に一人一人にバラの花の手渡し。Fan屎、写メでツーショット撮ったりハグしたり。このゆるゆるさ加減が台湾ですねぇ。私もハグしてきちゃいました。・・・だんだん図々しくなってる?!
全員に手渡しした後、いろいろあって學友がアンコール歌って退場はまたもゴンドラで。気がついたら4時半はとっくに回ってました。學友は4時間以上全く休みなし。卞拉OKとは言え相変わらず凄いですわ。

その後、またもやJayの店で夕食。昨夜、明日はちょっと多めで来るからと予約しといたし。結局5人で食事。今度は人数が多いのでいろいろ取ってみました。 ピザはミラノ風?だっけ薄いパリパリ生地で美味しかった。リゾットが品切れなのは残念だったけど(ってか開店早々で品切れってなに?!) 帰りにマネージャーが来てくれたのでご挨拶。すぐにはす向かいの4+4に。時間が早かったのでまだ誰もいない。去年行ったときにはおねーさんばかり(除くバーテン)だったのに今日は男の人ばかり。チーフらしき人がハーフっぽくてむちゃ[青見]仔っす。 前回むちゃくちゃ見難かった金属製メニューはプラ板に挟まれた見やすいものに変わってました&前は無かったソフトドリンクも追加されてた。これであまり飲めない人も行き易くなりましたね。カクテルメニューに「4puls4」なるものがあって聞いたら高粱酒をベースにした強いものだとか。試してみればよかったかな。相変わらず台湾は夜が遅いようで店は12時近くなって賑わって来てました。 今回は翌日(ってか当日だな)朝便の人がいたので早めに帰りましたけど、それでも2時?だったかな。ま、土曜の晩だしね。なんか今回は酔っ払いのせいで(笑) 爆弾発言&突っ込み続出。自分のおバカさんな行動はあとでフォローしとかないと。(汗)

で、20日。
お昼過ぎには出ないと行けないので午前中に行けるとこ、と悩んで誠品書店へ。ブロック1こ先に24時間営業の本屋があるのも便利だわぁ。 しかも香港の雑誌や本もあるし。機内にペットボトル持ち込みも問題なくなったようなのでネタ用甘い緑茶とこれは外せない「絶品好茶」を確保。「絶品玉露」は無糖でしたわ。好みが変わって来てるのか? それともこれも日本の影響? 結局今回もほとんど観光ポイントには行けず。やっぱり3日だと(しかも1日は丸々拘束)じゃまとまった行動はちょっと無理だな。

18/08  (金) a:m 00:04
 禁断の(笑)DS「どうぶつの森」に手を出してしまってから本を読む時間が激減しております。ま、その分「どうぶつの森」は順調に進んでるんですが。他の人と通信した時は感じなかったんだけど、Nさんちの村とはほぼ正反対の位置にあるらしく。あちらに無いものはこっちにあって、こっちに無いものはあちらに。 お陰でWi-Fi通信で行き来すると探し回っても手に入らなかった品物があっさり手に入ります。後は花の交配だな。>益々泥沼に嵌ってる予感。
で、本。最近は気がついたときに買っておかないと欲しいと思っても絶版になっちゃったりするのでとりあえず目に付いたものは買う。そのまま未読本が山積みに。 出先で読むつもりで持っていくんだけど、それもなかなか進まない。以前は出かける先がリゾートだったりすると4,5冊持って行っても読んじゃったのにな。
このところ少しずつ読んでた「異形コレクション」は読了。その後南條竹則「りえちゃんとマーおじさん」読了。 これはちょっとジュニアものっぽいので銀行の時間待ちとその後帰宅してからで読み終わりましたわ。南條氏の美味しいもの系列と中華系のお話。相変わらず出てくるお料理がたまりません。

明日から台湾です。3日しか行かないのでPCは置いていこうかと。でも持っていこうかと悩んでるのは依存症の始まり?!
 お急ぎの方は日本ケータイor香港ケータイにご連絡ください。SMSとメールも受けられます。

16/08  (水) a:m 00:53
金紫荊奨  恭喜晒〜! 13日に行われた第11屆香港電影金紫荊奨で最佳男配角を受賞しました。文太オヤジ一人勝ちでしたなぁ。・・・ところで「放・逐」もやっと撮影が終わるようですし(ってか30日のベネチア前に終わらせ無ければならないし) 終わったらこのへアスタイルも変えて良いのよ・・・ね?(笑)

 月曜日はお盆休みの真っ只中にも関わらず彫金へ。ちと今月中に終わらせたいものがあってひとコマ増やしましたの。増やさなくて終わりそうだったけどあせると碌なことがないのはもう証明されてるので。さすがにお盆中だけあって今回のメンバーはあと2人のみ。やけに空間が広かったわ。

 そして今日は寝室のクローゼットの整理。ぼちぼちしてますが、なかなか進まない。こんなにあるのに何でいつも着るのも無くて悩むのかしら。(笑) まぁ、肩パットばりばりのスーツやワンピは着られないしねぇ。絶対着ないであろうものは随分捨てましたが(押入れに入ってる押入れ箪笥ですでにゴミ袋3袋分近く) 捨て神が光臨してる間にクローゼットの方も思い切って捨てないと! バブルのことに買ったものって、絶対にデザイン的に着られないのに素材がやたら良かったり、その所為もあって全然痛んでないから困るよねぇ。

09/08  (水) p:m 16:27
初のキャストワックス  ここ2,3日やたら早寝っす。風邪っぽかったから睡眠を欲しているのかしら。
 で、月曜は彫金。やっと夏らしくなった海岸通りを行くので混んでるかと思ったらそれほどでもなく。前回初挑戦のキャストワックスで作ったリングがあがってきてたので石留め。ほぼ同じ大きさの石が2こあったので同じデザインで2個キャストしてもらったんだけど、ちょっと大きいスピネルはちょっと無理して入れようと押したら割れちゃったよ。(号泣) ま、これはこれでデザインで誤魔化して(笑)再利用しようと思ってるけど。こっちはグリーントパーズですね。なんか写真が上手く撮れなくて実物はもっと良いのよ。>言い訳モード。 これは妹のところに行く予定。色違いで3個作って私と妹と娘で持つ予定なのだ。 

イマ現在、我が家は工事中です。(笑) やっとうちにも光が! ついでに仕事場と共用してる電話回線も電話機そのものも新しくなるのだ。なにしろ子機のディスプレイが液晶が見えなくなってるくらい昔のものだからなぁ。イマ思い出してみた。15年以上使ってる! 目の前で壁に配線打ちつけたり、さっきまで外壁から穴あける工事をしてたのにずっとネットに繋げてるのはある意味凄い。(笑)  さっき配線後にはかったら54KBですってよ! 何しろ本局から遠いのでADSLとは名ばかりの遅さだったもんなぁ。 にしても、工事がこんなに遅くなったのも近くの大学が自前でサーバー立ち上げちゃったので期待してた回線利用が無かったんでこの辺は放って置かれた・・・と専らの噂だけど。あながち噂だけではないらしい。
ま、いずれにせよこれでうちは今夜からさくさくだわぁ。♪

04/08  (金) a:m 02:57
「雨と虹のあとに」  やっと梅雨が明けたようで今日はむちゃむちゃ暑かった! お隣が引っ越した後、結局古い家は取り壊されたんだけど次の工事は秋になってからだそうでイマは空き地。なので向こう側の公園の声が全部筒抜け。この暑さの中はしゃぐおチビちゃんたちの声が響き渡ってましたわ。なんか熱さに拍車をかけてる感じ。

 火曜日はキャラメルボックス「雨と虹のあとに」 最近、キャラメルは見てなかったんだけど篠田さんの爺演技が良いとMちゃんの日記に書いてあったので篠田ウォッチャーとしては外すわけにはいかない、と。
噂にたがわず、はじけた爺さんでしたわぁ。篠田史上3本の指に入るキャラではないかと。(笑)  ストーリーそのものはシリアスなので良い息抜き? 
ま、泣いてくださいと言わんばかりの話で、しかもわかってて泣かされちゃうわけですが。主演の福田麻由子、12歳だそうですが回り食ってます。むちゃくちゃ上手い。で、父親役の岡田達也、前回篠田剛と客演してた小劇場を観にいったんですが、その時に引っかかってた疑問が今回氷解。 声に癖があるんですけど、ロンブーの敦! 前回のオタク役が余りにも嵌ってたので、今回時々それがちらついてしまった。篠田剛は前回も今回も力技の役なので(いつもか・・・笑)気になりませんでしたが。話の内容によっては押し付けがまさを感じてしまうんだけど、今回はなし。 キャラメルオリジナルメンバーだけより客演が居るほうが厚みが出るような気がする。あまりキャラメルを見てるとはいえないのにこんなこという資格はないのかも知れないけど。




29/07  (土) a:m 01:25
「姉御」チラシ  やっとここ数日薄曇か少し陽が射して雨が降らないようになりました。でもまだ梅雨は明けてないとか。梅雨明けは週明けくらいらしいです。6月には余り雨が降らないなぁと思ってたらここに来て洪水を起こすほどの雨。なんだか雨の降り方が亜熱帯っぽくなってきたような気がするんですけど。

 水曜日には渋谷で「阿嫂」改め「姉御」レイトショー。なぜか上映館を勘違いしててシアター・イメージフォーラムが道玄坂にあると思い込んでた。こっちは宮益坂だったのね。なんか渋谷駅からこっちに来ると全部青山ってイメージが。・・・ワタシだけか。じゃ、あの東急ホテルから文化村に抜けるあたりの映画館はなんだったっけ?
で、「阿嫂」日本語字幕が付いて中文字幕で観た時より演技に集中(?)して見られたせいか劉心悠の大根ぶりが一層目立ちます。あのメンバーに囲まれてるんだから仕方ないと言えば仕方ないことだけど。秋生哥は役作りなのかやる気が無い(笑)のかチカラの向け具合が面白い造形になってます。今回気が付いたのは劉[火華]の広東語。 Jayにしても國語エリアの人が広東語喋ると何でこうも可愛くなるのかねぇ。あ、劉心悠も台湾人だよね。彼女の場合はすっごく聞き取りにくい広東語だった。広東語だからなのかと思ってたら國語も同じような喋り方してたわ。(爆)
画像は日本版チラシ。ポスターも同じ図柄。香港版ポスターの下2/3だけ使ったようなデザインっすね。

 木曜日は久々のお稽古。休んだ1回のお稽古で別の曲始めちゃってるし。ま、私は稽古済だから問題ないけど。
師匠も普段話し相手がいないのでお稽古後のオバサマ方との世間話が楽しみなようで。お元気になってきたのは良いですけどオバサマ方元気ありすぎ。私はお稽古だけで良いですわぁ。(疲)

26/07  (水) a:m 01:18
KERORO、香港進出!であります  昨日の彫金は道が混むんじゃないかと心配してたけど、折りしも雨模様だったせいか普段とほとんど変わらず。夏休みに入ったってのにこのお天気じゃ海商売も大変ですわ。なんか海水浴場入り口の看板が寒々しいってかうらぶれてたもんな。
で、彫金。前回超大作(と自分だけが思ってる)が終わったので今回は色石持参でプレーンなリングを。先生からワックスでキャスト仕上げにしましょうか、と言われたので初のワックスカービング。これがもう地金を叩くのと比べたら楽々。午前に始めて午後の2コマ目が半分も過ぎないうちに完成。 午前もデザインやらなんやらで時間獲ったからカービングそのものは2時間くらいで出来ちゃったんじゃなかろうか。ちょうどほぼ同じ大きさの色石が2つあったので(スピネル - 赤、とグリーントパーズ)メス型を作ってもらって2個キャストすることにした。実はこの間妹が来て彫金始めたんだぁ、 とか言いながら見せびらかしてたら作るようにとのご指名を受けてしまったのだ。ま、自分用以外では初めてなんで妹あたりに渡すのならあんまり緊張することもないし練習にはちょうど良いかな、と。

昼休みの間、外も雨だしずっとラボで持参の本を読む。なんか久々(笑)。
で、月初めに観た白石加代子の「百物語」の「栞の恋」の作者朱川湊人がたまたまイマ読んでるアンソロジーの中に入っていたので読む。・・・なんだかイメージが違うのよねぇ。もちろん同じ作者でも同じ雰囲気の作品ばかりではないのは当然のことだし、却って同じような物しか書けない様な人は早晩飽きるけど。 にしても、「栞の恋」の面白さはテーマそのものもあるにしても白石加代子の力にもあるのかな、と思ったりして。基本的に一度読み出した作家はずっと追いかけるんだけど、何人かは途中でリタイアしてるし。惰性ってわけじゃないけど一度始めたらなかなか変更しない性格なんで見限った作家は相当相性が悪いのかもしれないけど。 ・・・もう少し読んでみようかねぇ。でも問題は余り作品が出てないことかも。

画像はロードショーを控え旺角に氾濫してたケロロ軍曹ご一行様。スタンプ集めると出来る福引(日本から持っていったのか?)で貰える1等商品・等身大ケロロ(1日1名さま)には心惹かれましたわ。(爆)

23/07  (日) a:m 02:22
 帰って来たらいきなりドメスティックな日常に浸りきっております。持ち帰った山ほどの洗濯物&自宅で山になっていた洗濯物(!)をひたすらひたすら片付け、ラグに塊で付いている猫の抜け毛を掃除し、猫トイレも掃除し。合間に(爆)いつの間にかスケジュールを組まれてた仕事をこなし(引退状態だったはずなのに)。 ご招待券を貰ったので出かけようと思って旅前に出損なってた江戸小紋の美術展、結局行き損ねてしまいましたわ。
金曜日の広東語もちょっとボケが抜けきらない状態で。ま、そのほうが喋れるか?とか思ってたけどこれだけは余り変わらなかったのはなぜ?

 このところ、読書量激減。原因は言わずもがなの「どうぶつの森」。始めてまだ1ヶ月だってのにたぬきちはデパート持ちになりました。>わからない人には全くわからない話だけど。そして未読本が山積みになる一方なんだけど新刊本がやってくる。だって最近は見たときに買っとかないと後で注文出したら品切れ、なんてことがままあるし。 そんなに初版刷が少なくなってるのか? 

17/07  (月) a:m 11:00 (HK time)
本日もご機嫌麗しく  15日は今回のメインイベント(笑) 學友生日會。
今回も學友はご機嫌麗しく。数日前に迪士尼関連イベントで(例によってイベントの話じゃなく)プライベートをパパラッチされた件に答えて「これ以上プライベートを邪魔されたら引退したくなるよ!」とおっしゃっていたとは思えないほど。 ま、Fanとのイベントだしこのところ余り唄ってなかったので思いっきり唄えるのが嬉しくってと身体全体に出てた。(^^)
本来なら生日會はケーキ切ってお喋りしてみんなと写真撮って、とのんびり(だらだら?)進行するのに今回はバックバンド付き!  Fanとの卞拉OKデュエットだけかと思ってたらガンガン唄います。それも普段聞けないようなスタンダードも。
「え? 踊るの? ここは狭すぎて踊れないよぉ。」とかローライズのように見えるデザインのパンツ(しかもボタンが外れてる)を見せて「セクシー? でもちゃんと上があるんだよ〜。」とか もう好Q! 極めつけはこの画像(良く見えないか?)唄ってる時歌詞が怪しくなったりするとベルトの端っこを左手でぐりぐり。本人もこんなに唄いたいんだから早く新譜&演唱會計画を出してくれぇ!

師傳と電磁調理器を絶賛  16日は久々の天華。電磁調理器推進イベントみたいなのゲスト。TVBで料理下手なあなたをシェフがお助け!、なる番組の司会をしてるせいかしら。創作家庭料理の決選の審査員っす。決選に残った4組が料理してる間、コメントしたり(一応)審査してる振りしたり。
料理が終わった後、師傳が電磁調理器を使って家庭で出来るメニューの紹介。
師傳「電磁調理器は調理器はもちろん鍋も熱くならないんです。ほら触ってみて」
天華 内功を整えるアクションつきで鍋を持ち上げ「小さいお友達は真似しちゃ駄目だよ〜。これは長年の訓練で出来るんだから」(お約束の字幕の注意事項っすね)・・・場内爆笑
相変わらず香港らしいだらだらとした(笑)進行でしたわ。で、スタッフ! イベント終わったからってみんなぞろぞろ天華を囲んでツーショットってのはどうよ? スタッフとしての自覚が足らんでしょ。あ、香港ではいつもそうか。(爆)

夜は「拉闊演奏廰」今回は鄭中基&側田。
さすがに二人とも上手いから聞かせます。ロノ&ジャスで「左右為難」(學友とロノのデュエット曲)ってのも良かったっすよ。ジャス、スティービー・ワンダーなんか唄っちゃうし。会場の受けはイマイチだったけど。で、ロノってすっかり「コメディの人」ってイメージが出来てるのねぇ。 「この間上映した映画は主役がとってもきれいで。(自分の女装のこと)」・・・会場大爆笑、とか。
前回の許志安&Solerでも感じたんだけど客層が若い。今回は前回にも増して若い。ジャスティンのFan屎ってティーンズの子がほとんどなのかしら。なのにアップテンポの曲でも立たない。立って踊ってるだろ、フツー。
個人的感想としてはSolerはこのまま聴いてても面白そうだけど側田は方向性を確認しないと一度聞いたらもういいわ、って感じだな。

14/07  (金) a:m 00:31 (HK time)
スタイリッシュ過ぎ  昨日から香港です。香港は気温こそ32,3度(でも30度越え!)ながら湿気が凄くて街が靄ってる感じ。街中サウナの季節になってました。外出ると汗が噴出してべたべた。で、ビルに入ると湿った服が寒さを強調。 地元の人ってどうしてるんだか不思議です。ごく普通のカッコしてるのに。

 で、本日は「拉闊演奏廰」香港電台881903の主催する音樂會。過去に學友も出てますが今回は日替わりコラボ。 初日の今日は許志安&Soler。ちなみに目当てはSolerっす。(^^;;
この香港電台で主催してる「拉闊」シリーズとかnow.com.hkとかラジオ局やネットプロバイダが主催する演唱會って面白いものが多いといつも思う。 now.com.hkはこの間のエディのみたいにシリーズモノで芝居仕立てにしたりしてるし、「拉闊」シリーズは全部1回限りなのに(だからか)普段唄わないような曲をしたり、コラボ相手が面白かったり。 今日のも安仔とSolerって組み合わせは初めてじゃ? 今日はたまたま席が良くて前10列弱で通路があってその通路沿い。ステージから見ると2つ目のブロック。SolerがはじけてJunoが唄いながら舞台飛び降りて柵がある前ブロックのギリギリ後ろまで 来ちゃったもんだから、その後の安仔も負けじとはじけて同じく柵ギリギリまで歌いながら飛び回ってましたわ。上手、下手通路2つ満遍なく。安仔のライブは久しぶりらしくFan屎がむちゃむちゃ盛り上がってました。 あの盛り上がりを見てるとSolerはまだまだって感じですねぇ。にしてもSolerってもう紅館したんだよね。アイドル衣装着たのかしら? 紅館になるとパフォーマンスになっちゃうのはどうしてなんだろうねぇ。 Solerはライブハウスあたりが一番似合う気がするな。日本で受けそうだけど来る気はないのか?  安仔は・・・持ち時間の自分の歌がほとんど懐かしのヒット曲ってのはなぁ。残念。新譜ないんですか? それとも私がわからなかっただけかしらん。

11/07  (火) a:m 00:33
やっと完成  海岸通りは既に夏でした。朝行く時も帰り道もサーフボード持ったチャリンコサーファーが沢山。犬の散歩は居るし子供連れの散歩風の家族連れも居るし。ちょっと蒸し暑い曇り空だったのが残念でしたが。
で、そんな海岸通りを通って彫金に。長い道のりだったブローチ(もちろん帯留めに転用予定)が完成。ブローチは留め金が難しいとは聞いていたけどほんと難しい! ちょっとずれると受けに入らなくなるんだもん。 最終的な調整は先生に頼る。(^^;; 中に張ったワイヤも大変でしたが。ってつまりは今回ほぼ全面的に手間がかかって大変なことばっかりだったのよ。 黒繻子の帯に留めたら面白そう。

09/07  (日) p:m 23:15
 あいや、ほぼ一週間ぶりだがや。なんかここんとこ、やたら夜眠くてねぇ。

さて、私がやたら寝てるうちに(笑)夕張市が破産したそうだ。正確に言うと財政再建団体の申請をした、ってことだけど。これでゆうばりファンタも中止だなぁ、結局一度も行けなかったし、などと思ってたらその大元の東京ファンタも中止(再開はまず無いんじゃないかと思われ)が決定したそうで。
東京国際ファンタスティック映画祭は沢山の思い出がある。 ナマ周潤發を初めて見たのもここだったし、名物(?)酸欠階段での行列(座り込み?)で沢山の影迷とも知り合った。規制が厳しい東京国際と違って割と撮影もプレゼントを渡すのも自由だったし。ま、自主規制もちゃんとしてたけどね。その辺は感謝なんだけど、いろいろなこともあった。 香港映画ファンはわりとコンスタントに動員できるので他の映画(インド映画とかタイ映画とか)がブームになった(しようとした)時には随分と冷遇された。しかも「香港映画はどんな時間に上映しても客は来るから」なんぞと暴言吐かれて。舞台の上でもあのいろいろ噂のあるプロデューサーにはいろいろ(不愉快なこと)言われたしなぁ。
パンテオン取り壊しで新宿に移ってからは見たい映画を上映しなくなったこともあって観ても1本とかになっちゃったしね。ま、またひとつの時代が終わったんだかぁ、と少々感慨。

 そして、ミーハーな日記でも避けるわけには行かない北朝鮮のミサイル発射。戦後、自虐史観の教育と問題の解決を先延ばしにしてきたツケがここに来て一気に来たって感じですね。こっちが引けばあっちも譲歩してくれるなんて思っちゃいけないんですよ、国と国の間では。日本では「お互い様」の心で控えめな生活を心がけたいですが、国の交渉ではこれは出来ないでしょ。 中と外、態度が違っちゃうけど外では強気で攻めてくださいな。穏やかで美しい日本の心を守るためにも。
で、今週は香港なんだけど、私。帰って来るまで何事も起きないで欲しいわ。空港閉鎖なんかになったら目も当てられない。考えたらSARSの時も大流行のちょっと前に出かけたんだったっけ。帰って来てから大騒ぎになったし。

04/07  (火) a:m 00:40
百物語パンフレット  家族みんなの枕がそろそろへたれて来た。 朝起きぬけに肩凝ってたり頭痛したり。なので先週末、枕を買いに行った。低反発クッションの枕を買ったらサイズが大きくてカバーが全部入らない。既製品もほとんど無くて選択の余地なし。なので週末に老公が仕事関連で出かけるのを送りがてらユザワヤへ。近所で済まそうと思ったたら駅前の手芸屋さんで生地の取り扱いを止めてたのよ!  で、ユザワヤへ行くと当然あれやこれや見てきたりして。物欲大魔王またもや発動。帰りには大きな袋を提げてましたわ。(爆)

 本日は白石加代子の一人語り「百物語」今回は朱川湊人「栞の恋」と夢枕獏「首」の2本。朱川さんは寡聞にして存じ上げて居なかった作家さんなんだけど「栞の恋」は泣かされました。ヴィジュアル的には舞台になった昭和42年に合わせて赤いトレーナーにデニムのスカートの白石加代子が強烈な印象を残してましたが、語るにつれて可愛くなってくるから不思議(ってか凄い!)  後半の「首」は陰陽師・晴明シリーズのひとつ。こちらの衣装は付け下げに半幅の小袋帯を文庫に締めて。肩が浅葱色でぼかしでグレー(白?)になり裾は紫。上前は手書きの蝶が一羽。場面が佳境に入ったところで裾をめくると下前にはしゃれこうべに薄の絵。凝ってるなぁ、と思ったらこの題材に合わせて仕立てたそうな。下前に凝るってのも面白いわぁ。>ちとアブナイ。
この「百物語」今回が第23夜なんだけど、過去には筒井康隆や高橋克彦や小松左京の「くだんのはは」もあって再演して欲しい演目が目白押し。で、次回は南條竹則なんかどうでしょう? 是非聞いてみたいもんです。





灰猫街から素材をお借りしました

最新の覚書に戻る


トップページに戻る