周太太のお気楽な日々




2006年の覚書




26/02 (日) a:m 07:49 (HK time)
疑惑(?)の眼鏡  リラックスモードの學友はとてもご機嫌麗しくクイズ大会で「超級學友迷」を選出。今回はこのクイズ大会で選出した9人の超級學友迷がなんと學友と同じテーブルでお食事できる。そんなの喉を通らないよぉ〜、と思うのは日本迷だけか? ヘアスタイルは7:3分けに近くて「迪士尼仕様」(笑) 相変わらず好Qだけどちょっとした瞬間にみょ〜におっさんっぽいのはなぜ?(^^;;
歌のリクエストに歌ってくれるのは嬉しいけど歌詞うろ覚え。持ち歌なのに〜。すっかりOFFモードなのね。(笑) で、差し出された歌詞カードに「好清楚!」は良いけどすかさず掛けたその眼鏡はなに?!  それぞれのツボで壊れる人がいますけど、もちろんこの眼鏡もいきなり倒壊した人が・・・。
 写真タイムでは子供がいたらもれなく學友の膝の上に。今回は何時になく子供連れの姿が多かったわぁ。それも1,2歳くらいの。學友が眼鏡掛けても仕方ないよねぇ。元気でご機嫌よくいてくれたらもうそれだけで充分! でも演唱會の性感な學友も早めによろしく。(^^)
24/02 (金) a:m 01:06
 群ようこ「かもめ食堂」読了。書き下ろしで映画原作とのこと。群さんの原作がドラマになったりしたことはあったけど、今回は最初から映画化を念頭に置いての作だとか。キャストが小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。ちょっと「やっぱり猫が好き」が入ってる感じ? だけど本を読んでるとそれぞれが目の前で動き出してくる。なぜフィンランド?って疑問はあるけど細かいところもそれなりに理由付けしてるし(小説中では)それほど力技でなく、納得できる。群さんの世界にこのキャストなら無理なく溶け込んでいるだろうな、って雰囲気なり。
20/02 (月) a:m 00:27
本日の組み合わせ  なるべくなら週末には出かけないんだけど佐藤さんの展示が近くに来たので出かける。ついでに(笑)いろいろ用事も。そのためにわざわざ出かけるほどでもないけど、って用事は特に期限がないとなかなか行けなくて気が付いたらやたら溜まってるってことないですか? そんな細かい用事がいくつか溜まったので全部まとめて片付ける。帰りに伊○丹に行くって言ったら老公に眼鏡のパーツ交換を頼まれた。行くのはかまわないんだけど、眼鏡ってのが問題。なにしろ眼鏡のイ○キは鬼門(笑)だし。フロアの一番奥にあって途中が呉服売り場と宝石売り場っすよ。(^^;;
本日は「鎌○ぬ」(伏字ではありません)でハンカチ買っただけで済むかと思ったら帯のバーゲンなんかしてるし。(^^;; ま、外商の担当さんも代わった事だしご挨拶代わり?ってことで。(謎)
その後、佐藤さんの所へ。和の小物展みたいな企画らしく。個人的な印象ではコンセプト的にどうよ?ってのもありましたが。そのレベルでその値段っ?!ってのとか。佐藤さんはいくつか新作もあったので見させていただく。金魚が夏向きで可愛かったんだけど色と形が問題なんで相談。なにしろ、色使いは墨色が基本なんで夏にはちょっとね。なので夏用ってことでデザインをまとめて頂くことに。 大体のイメージを言うと形にしてくださるので助かります。髪を切るのと着物の仕立て(&小物)は話したことでイメージするものが違うと意図したものが出来ないからこんな感じ、って話して判ってくださる方じゃないと任せられませんもんね。

画像は本日の組み合わせ。↓で書いた伯母のお下がりのお召に縮緬の羽織。グレーの地に薄いクリームやピンクで格子模様が入ってます。花は最初見た時梅かと思ったんだけどよ〜く見たら椿らしく。それだったらちょっと時期的に遅いかな。お召は藤色だと思い込んでたら思ったより濃い色だった。江戸紫を濃くしたような感じ。画像のモアレのようなのは縞のせい。 ほんとは遠目ではほとんど無地に見える縞模様。身丈がぎりぎりでおはしょりほとんど無し。帯はまず羽織を脱ぐことはないだろうと思ったので半幅で済ませてしまった。

17/02 (金) p:m 21:24
夏〜  日曜日の新年会はなんとか無事終了。師匠の胃は元々は打ち身で薬を服用してたことから来たもんだけど、会が終わったら念のため要精密検査で入院決定。(幸い一泊二日で退院) そんな体調なのに三絃を持つとしゃっきりしちゃうのが凄いですな。私は風邪気味(インフルエンザ?)だったので念のため師匠のそばにはなるべく寄らないようにする。ま、それほどひどくはなってないので大丈夫とは思うんだけど。

無事終了後、月曜日は久々に海に。←久々の非亞細亞地域だったけど(ミクロネシアだけどね)このところ厳しくなったテロ対策がメインランドのみならずこんなとこにも影響してるとは! チェックインカウンターでネームタグ付けろって言われちゃったよ。入国書類も前回はこんなに書いた記憶が無かったし(ってか前回は15年前(!)だったから忘れてるのかも・・・笑) で、そんな厳しいチェックなのに機内食のカトラリーが全部金属製のままってのはどうよ。(笑)
今回びっくりしたのはハングルの看板がむちゃ増えてること! ここって日本人で持ってる観光地だと思ってたよ。世界中どこへ行っても華人はいるから華人のお店があっても驚かないけど。空港やホテルの表示も英語・日本語・中文・ハングルだったので観光客としての華人(繁体字なので台湾人&香港人と思われ)や韓国人も多くなってきたってことなんでしょうね。今回私は保護者として来てるので(笑)空き時間に読むべく文庫本持参。ほとんどの人にとって海と買い物が目的の場所に行ってるのに買い物もせず海にも入らず。(^^;;

帰宅したら、「頭文字D」DVDプレミアムボックスと「三級風雲」が到着してた。
「頭文字D」プレミアムボックスは日本でのイベントも網羅してるし日本版スペシャルの秋生哥のトークも収録。さすがキャスト中一番人気(?)だけありますわ。(笑)
「三級風雲」は「鎗火ファンブック」をお作りになった浦川とめさんの賓陽舎発行の本。詳細はこちら 徳間書店が金庸全集を刊行する前に監修者・翻訳者の岡崎由美女史と刊行した「武侠小説」は金庸解説本としてもとても参考になるものでしたね〜。 「三級風雲」はこれからじっくり読ませていただこうと思っておりますわ〜。

12/02  (日) a:m 00:40
「放・逐」新ヴィジュアル  木曜日にお稽古に行ったら師匠が胃を壊して絶不調。何しろ小柄で体重30kg台なんで体力がすぐに尽きるみたいで。お稽古中に掛りつけの先生が往診してくださって「ま、お弟子さんがいた方が賑やかで元気も出るでしょ」 確かに世話好きのオバサマ方はこんな時にいいかも。薄情といわれそうだけど、師匠のプライベートに踏み込むのは好きじゃないのよ。台所とか寝室とか。内弟子だったら世話するのが当たり前だから気にしないのかも知れないけどね。明日の新年会(と称する練習会)は無事に済むといいんだけど。

金曜日は広東語、今月から老師の自宅でレッスン。いきなり手作り水餃子なんか御馳走になっちゃって。太りそう。(^^;;

で、今朝。祭日で寝坊して起きたらなんかお腹の具合が良くない。ちくちくする痛みもあったりして。午後になったら頭がふらふらしてきたので念のため葛根湯とタミフル飲んで寝る。夜になってから目が覚めたらずいぶん汗をかいててだいぶ楽になった。今週出かけるし重くならないでよかったわぁ。

↑寰亞のサイトに行ったら「放・逐」のヴィジュアルが変わってた。きゃぁ、好cool! りっちゃんってば秋生哥・張耀揚・林雪ってオヤジメンバーに負けずに頑張ってるじゃん。 心なしか軽っぽいのは仕方ないけどね〜。

09/02  (木) a:m 00:55
本日の成果  昨日ユザワヤに行ったので早速今日は製作にかかる。今日の成果は羽織紐。左は梅か桃の花のような絵付けビーズにスワロのクリスタルビーズ、右は藍で「壽」の字入りにアクアマリンのビーズ。この間のお出かけでは羽織紐だけ付属のだったのでそれだけが心残りだったのよ。
他には別珍生地も確保。これは例のおばあちゃんの羽織がサイズ的に着られないのでほどいてショールにしようかと。

香港電影金像奬のノミネートが発表されましたな。「頭文字D」は10部門でノミネート。もちろん秋生哥は最佳男配角部門にノミネートされてます。秋生哥出演作はほかに「早熟」「阿嫂」「精武家庭」がノミネート。「精武家庭」って去年の公開だったんだよねぇ、なんかもっと前だったような気が。「頭文字D」は部門は多いけど最佳男主角、女主角がノミニーされてないのが少々残念だわぁ。まぁ、エディも阿樂ももしノミニーされてたら男配角部門になっちゃうからそれはそれで大変なことになっちゃうんだけど。だけどエディも阿樂もいい演技してたと思うんだけどねぇ。

07/02  (火) a:m 01:39
 昨日のJay演唱會に行く前も雪かきしてから行ったのに、今夜もまた降ってます。もう止んだようだけど。この冬はなんなんだろうねぇ。早々とスタッドレスにしといてよかったよ。

昨日お会いしたみなさま、いろいろお世話になりました。日本で会うのは初めての方もいらっしゃいましたが(爆) 各地のお土産ありがとうございました。でイマは後遺症(笑)で足が痛い。変な場所が筋肉痛なり。だって最初から最後までスタンディングだなんて思わなかったんだもん。>認識甘すぎ。
あ、昨日の日記に補足。お分かりとは思いますがJayのおばあちゃんは日本人なわけじゃなくて、 日本統治時代に教育を受けた台湾人なんで日本語がネイティブ並みなんです。ってか同年代の日本のおばあちゃんと変わらない話し方します。孫の演唱會には良く行ってるらしく媽媽とともに有名人でファン屎がたくさんご挨拶に行ってましたわ。
にしても今日のライブはちょうど終わり頃雪なんじゃないかしら。大丈夫かな? Jay組は実は喜んだりして。

で、我は今日は彫金。石枠がほぼ出来上がり。次回はリング本体にかかれるかな。

明日はお天気が回復して暖かくなるらしいんだけど明日は帯は干せないかなぁ。湿気が多いとだめだもんねぇ。さすがに80年ものはまず干さないと埃臭くて。帰り道クルマの中でもなんか鼻がぐずぐずしてきたもんな。

06/02  (月) a:m 11:08
周杰倫日本演唱會チラシ  Jayのいわば日本デビューライブ。待ちに待ったJay迷のみなさんには感慨深い記念すべき日になったことでしょう。前々から「周杰倫日本演唱會招致計画」さんたちの頑張りには頭の下がる思いでしたが、今回の活動を漏れ伝え聞きますますその思いを強くしました。今回のライブはみなさんに捧げられたも同然ですね。おめでとう。
さて、そのライブ内容。南拳媽媽を初め、バンドフルメンバー、ダンサーズもフル?(10人近く)、弦楽器も12人。香港・台湾・大陸演唱會経験者によるとずいぶん日本スペシャルなアレンジもあったとか。「霍元甲」は新作だから今回のツアーでは入ってなかったろうな・・・くらいは気づきましたが、それどころじゃない超スペシャルライブだったようです。ま、「モモタロウ」はほかでは絶対に唄わないだろうし。(笑)
お約束の超ゼツミョーにアヤシイ日本語&合いの手のように入れる(爆)「アイシテル」は御愛嬌ってことで。コンディションがちと良くなかったのは残念でしたが、サービス精神&嬉しいって気持ちはビシビシ伝わって来ましたよ〜。この人は動いてるとこ(ってかライブ)を観ないと真価はわからないですね。にしても、最初から最後まで総立ち&青・白蛍光棒の光の海は渦中にいると良くわからなかったりしますね。この辺は後ろの人のほうが綺麗に見えたかも。 おばあちゃんのネイティブ日本語の御挨拶はちと反則技っぽかったけど、jayの日本に対する思いが伝わってきて嬉しかったですね。でもあの佐賀錦のようなジャケットは手触りも佐賀錦の帯とおんなじだったから(ちょうど通路側だった)抱きしめられたおばあちゃんはちょっと痛かったかも。(^^;;

BBSと黄秋生ページトップにも掲載していますが、ここにも貼り付け。麥兜作者が来日サイン會開催です。

 『春田花花幼稚園 マクダルとマクマグ』
  作者・麥家碧(アリス・マク)来日記念サイン会
  2月9日(木) 18:30〜
  リブロ渋谷店
  先着100名様
  要整理券
  お問合せ先:リブロ渋谷店 TEL:03-3477-8736

05/02  (日) a:m 01:38
 夕方買い物に出かけたら、空からなんか白いものが・・・。駐車場に停める頃にはけっこう降ってきてたんだけど、小一時間後買い物終えて出てきたらなんとクルマ真っ白! 2cmくらい積もってたよ! Jay組で今日移動の人何人かいたんだけど影響は無かったかねぇ? 明日の朝に来る人も。なにも週末に限って降ることもあるまいに。

 昨日は久々に実家へ。最近用事があると向こうから来るので家に行くのはほんと久しぶり。でなんで実家かってぇと、この間納戸の話になってどうも美味しそうな(笑)ものがありそうだったので。(^^;; 祖母と曾祖母の古い箪笥があったのは知ってたけど中は見たこと無かったのよ。母によると形見分けやいろいろあってイマはあまりない、とのことだけど父のお宮参りの掛け着や伯母(父の姉)の3歳頃の振袖(この辺はさすがに端切れ用かも)、祖母の羽織、袋帯など発掘。父は80年も前のものを、とあきれてましたが。 袋帯は黒繻子の昼夜帯や刺繍のものなど充分使用に耐えるものなのでそのうち使おうかな。とあれこれしてたら母がもう着ないから、と大島とお召しを出してきてくれた。藤色のお召しは伯母(母の姉)の形見分けで母のところに来たもの。私が子供の頃、伯母はこのお召しがお気に入りで良く着ていたからかすかに記憶がある。早くに伯父を亡くして女手ひとつで子供3人を育て家業を継ぎ、男ばっかりの世界なのに職人相手に頑張ってた人だった。その伯母の唯一の息抜きで趣味が着物。まだ着物姿が当たり前の時代ではあったけど記憶にある伯母はいつも着物だった。 その伯母の形見がうちに来たのもなにかの縁。このお召にとっては3代目の私だけど大事に次に繋げようと思う。

03/02  (金) a:m 01:26
彫金・初の石留。  2週間ぶりのお稽古。お宅に伺ったら玄関に手すりが付いてました。昔風の上がり框の高い家だからイマまで何も無かったのがおかしいのよねぇ。師匠はまだお三絃を持つと痛いらしく。打ち身で済んでほんと良かったわぁ。2週間分纏めてとはいえお茶の時間を入れて4時間近く! へろへろ。

←は彫金で出来上がったピアス。初の石留めに挑戦っす。
何にも考えずにトライアングルカットの石使っちゃったから苦労したぁ。やっぱここはオーソドックスにオーバルとかラウンドにしといた方が簡単だったかなぁ、などと気が付いたのは製作を始めてからです>遅いって。
画像のピントがボケボケなのは意図したのもではありません〜。けどピント合ってると荒が目立つしなぁ。(笑)  ところで、後ろにチラッと写ってるのはもらい物のナンバーワン・ダック。なぜか貰ってきたのは老公っす。オジサンにあげる人も人だがそれを貰って喜ぶオジサンってのもなぁ・・・。(^^;;




31/01  (火) p:m 01:20
日曜日の組み合わせ  怒涛の週末が終わりました〜。途中アクシデントは発生したもののお天気に恵まれたのが助かりましたわ。

まず金曜日は広東語レッスン後、「猫」ライブへ。前回話した哈林のことで興味を持ってくれたので今回は「哈林夜総會」を持参。自分の曲がオリジナルとはアレンジ変えられてて、しかも知らない言語で唄われてるってのはどんな気分なんでしょうかね〜?(^^) 哈林初来日ライブのこともお話しておいた。時間が取れるといいんだけど。

で、土曜日は本年初カラオケ・・・のはずだったんだけど、もうすぐ着くってところで家から緊急要請Tel。慌てて高速に戻り混んでる街を抜けて帰宅。帰宅したら緊急事態はほぼ終了してて(大事にならずに済んだのは良かったけど)、時間ももうちょっと出直すには遅いし、なによりテンションが下がっちゃって結局そのままパス。どうも済みませんでした〜>ご一緒予定だった方々。 途中貰ったTelでは盛り上がってた(?)ようなので次回はこんなことのないように良く言い聞かせておきますわ〜。

日曜日は早起きして遠征。Mixi関連のイベントで京都まで。イマまで新幹線に乗るときは小田原に行ってたんだけどのぞみが新横浜に停まる本数が大幅増加なので今回は新横浜経由で行く。結論としてはこの方が早いっすね。朝早い時間だったら新横浜までクルマで来て乗っちゃうのもありかも。新横浜の駅周辺ってはっきり言って田舎だから(笑)安い駐車場がいっぱいあったもん。
今回はせっかくの遠征なので他にも普段会えない人にお声掛け。なので到着後すぐにはEさまにお昼ご飯を付き合っていただく。>わざわざありがとうございました〜。 意外なお話も聞けて嬉しかったですわ〜。(^^)
その後イベント会場に移動。京都の織り元さんに行くのは初めてなので興味津々。町屋を改造した(元々はお住まいだった由)ギャラリーに帯揚げや帯留めが展示されてる。奥にはここの帯も展示即売。眼の保養・・・ってより物欲大魔王大暴れ状態っすよ。隣の建物は二階まで吹き抜けのホールになっていてここでMixi仲間が参加した帯留めのショー。御自分の着物と帯をお持ちになって作品の帯留めを合わせたんですけど雰囲気が良くわかって面白かった〜。 写真で見たときには帯留めの通常の大きさ(大きくても幅4,5CMくらい)だと思ってた作品が実はその倍くらいの大きさ(!)でびっくりしたり、質感が違ってたり。やっぱり実際に眼にしないとわかりませんねぇ。
その後参加者でお茶会。モデルさんをした方はもちろん見に来てらした方々も年期と根性の入った(笑)着物好きの方が多いので失礼とはわかっていても着物と帯の取り合わせや小物の使い方に眼が行ってついしげしげと見つめてしまう。みなさん割と衣紋の抜き方が少ないのは芸妓さんと区別するためなのかしらん?
その後夕方にもう1件。↑の帯を作っていただいた佐藤さんがギャラリーに何点か出しているとのことなのでそちらに。判りにくいところなので、とのことで八坂神社までお迎えに来ていただく。確かに小路の奥なので迷路みたい。今回展示されていたのはいつもとはちょっと傾向が違う感じ。天女飛天図ははじめてだわ、と思ったらあまり描いていないと御本人も仰ってましたわ。この辺はいかにも京都、って感じの石畳の小路にお店や旅館が点在する場所なんだけど、お茶したお店もちょっと奥まって遅かったせいか(と言っても6時前)とても静かでしたわ。 昼間はこんな奥でも観光客がいっぱいなのかしらん? 
画像は今回の組み合わせで一番上は更紗の羽織。出方が少なかったけどその下の黄土色っぽいのがお召し。地色が濃い目のカスタードクリームみたいな、薄い目の黄土色みたいな。で金茶とグレーで一見梅花、でも花弁が6枚の花模様。その奥はからし色の半襟。帯は金泥と銀箔の月が後ろにしか描いてないので今回は後ろ側を。墨色をグラディエーションさせて少し遊びのある縞模様に三日月を置いてもらいました。前は縞のみなので今回はいぶし銀の猫の帯留めを組み合わせ。 羽織は普通の着尺で仕立てたので残りで帯を仕立ててもらってます。でも更紗だから帯と羽織をお揃いで着るとちょっと五月蠅いかな。

そして昨日の月曜は彫金しかも午前午後2コマ連続。前回から新作のリングに掛ってるのでひたすら枠作り。蝋着が巧くいった〜!と喜んだら反対につけてて、その後ドツボに嵌りました〜。蝋着部分を暖めて外し、再度着けたら今度は曲がってまた外す。蝋がつき過ぎたので研磨して3度目。やっと何とかなったけど今度はいらないとこまで蝋だらけ。(^^;; アーティストへの道は厳しいなぁ。

27/01  (金) a:m 12:47
外猫とは思えない態度  実は先週と今週お稽古に行ってない、ってか師匠が先々週にお仏壇の掃除をしてて踏み台を踏み外し腰を痛める事件が発生したからお稽古がないのだ。問題は迫りつつあるお竹の新年会で弾く曲が年明けにいきなり変更になったこと。自慢じゃないが(笑)曲を覚えるのに自宅でひとりで稽古して覚えるなんてのは私には無理だ。(爆) いつも師匠(及び合奏者)とお稽古しながら覚えるタイプなので。(笑)>をい。(^^;;
で、問題は直前の週末である5日にお稽古が入るかも!ってこと。 もしあったとしたらJay演唱會には間に合うように抜け出したいけどそれでもギリギリになっちゃうし。しっかし、土曜や日曜に用事があるからってうだうだ言われても。いきなり言われても週末は予定があるでしょうに。

通りすがりになにげなく庭を見たら、さっきカリカリをねだりに来た外猫がこんな姿で。← 
一瞬具合でも悪いのかとびっくりしたけど、良く見たら口あけて寝てる。(^^;; 
ご飯食べて1mも歩かないで寝転がるなんて牛になるよ。(笑) にしてもこの立派なお腹はなに?!

23/01  (月) a:m 11:35
放・逐  結局土日の予定は雪で中止に。土曜日はずっと降ってたので雪かきしても無駄だろうし(玄関ポーチはあまりに危険なので除雪した)と放っておいたら今朝は見事に積もってました。なので昼頃一番寒くなさそうな時間を見計らって雪かき。我が家一番の難所うちの前の坂道は陽当りがいいのでほとんどなくなってましたが、その分駐車場と階段が大変。特に階段は玄関も通用口も日陰なのでなかなか溶けないし。除雪シャベルが役立ってしまいましたわぁ。

その後は陽当りのいいリビングで猫と一緒にぬくぬくしながら恒例VTRチェックと円盤焼き&サイト更新作業。
検索掛けてて寰亞でこんな画像も発見。「放・逐」のメインヴィジュアル・・・なんでしょうか? 相変わらず渋いっすねぇ。彭浩翔導演の「伊莎貝拉」はベルリン映画祭コンペ部門出品で入賞したそうですし。彭浩翔導演ですから是非今年の東京国際に持ってきてくれるってのはどうでしょ? もちろん俳優つきで。(笑) あ、もちろん「放・逐」出品、導演・俳優つきでも可。(^^)

ところで、先行予約した某Jのチケット。到着したのは良いんですが誰に聞いてもすんごい席! 30列より前の人がいません! 前の席は一帯どこに行ったんでしょうねぇ。どこに行ってるのかと小一時間>ディ○クガレージ

21/01  (土) a:m 00:10
春田花花同學會  このところやたら早寝です。ってか一度寝ちゃって3時頃眼が覚める、そして寝なおす。2、3時間毎に眼が覚めるのは良くないらしいですが。

 フリマ以来、こつこつ片付けに励んできたら片付け神ご光臨の模様。毎回ゴミ捨てに1回じゃ持ちきれないくらいのゴミ捨てております。それでもまだ終わらないのはなぜなんでしょう。(爆)

実写版麥兜系列「春田花花同學會」は来週26日から公開開始。めちゃ豪華キャストでございますわ。予告片では例の茶餐廳オヤジと麥太とのやり取りがそのまま実写で再現されております。もう爆笑。公式サイトはこちら。 http://www.mcdullthemovie.com/main.html

 これまた片付け神ご光臨中に哈林の初来日公演も決定。「華流FESTA!2006」出演 广<臾澄慶、柯有倫、他。東京と大阪のZeppで公演。柯有倫といえば小黒こと柯受良オヤジの遺児ですね。今回の情報は華流やF4関連のサイトに出ていたようですが華流とやらには詳しくないので教えてもらわなかったら全然気がつかなかったわ。多謝です。 F4.tv 「華流FESTA!2006」

16/01  (月) a:m 09:10
英名はチャーリー  この機会にいくらかでも片付けようと書庫大掃除作戦続行中。でもフリマ終了でタイムリミットがなくなったせいか新聞雑誌の片付けも全部中チェックして(ついでに内容読み出したりして)一気にスピードが落ちる。(^^;; 
同時進行のVTRの円盤化も1日に1本か2本が限度だしなぁ。しかもこれまたダビングしながら見ちゃったりして。すっかり過去モード突入してます。なにしろ四大天皇ピーク時の映像や記事ばかりだから凄い凄い。郭富城なんかキラキラしちゃってるし、學友はもんちっちだし。 埃にまみれて鼻ぐずぐずさせてくしゃみ連発しながらも切抜きしてます。95年なんて日付もあったりして。初期の情報渇望状況を経験してるだけに物が捨てられない、念のために取って置く、が習性になっちゃってる我。要らない残りを纏めたら1ヶ月分の束と同じくらいになりそう。今度の資源ごみの日には日本の新聞紙に混じって香港報紙の束も一緒に入ってるな。(笑)

 画像はフリマのプレゼントタイムにじゃんけんでgetした台湾外交部観光局提供のマグカップ。陶器製の茶漉し&蓋付き。茶壱服先生のイラストでございます。(^^) プレゼントタイムの品々は香港観光局、台湾観光局、映画配給会社が提供してくれたそうで、ポスターやレアグッズもあった模様。

15/01  (日) a:m 03:12
 今週は時間があれば書庫の片付け。もうすっかり暮れの大掃除状態(農歴新年仕様)とりあえず、入り口付近の荷物を出さないと片づけが始まらないので(爆)入り口付近の荷物を出したら階段が半分ふさがれました。(^^;; それでも何とか入り口から1/3を片付け(それだけかい!)荷物を持ってフリマへ。↓の覇王別姫ポスターと恋する惑星ポスターは破格値で売れまして。(^^)  fan屎の話によるとタケちゃんは最近極端に露出がなくなったそうで、品薄なんですと。張國榮迷さん方は相変わらず開場と同時にどっと来て根こそぎって感じでお買い上げ。即完売でしたわ。こちらもお話してたらここ1,2年ファンになった方が少なからずいらっしゃるとか。つまりナマ(ってか生きてた)張國榮に会ったことがない人がいらっしゃるそうな。なんか隔世の感というか、我々は生まれた時から香港明星迷だったのかい?(爆)って感じでしたわ〜。
09/01  (月) a:m 00:45
香港版ポスターは大きい!  来週のフリマに備えて書庫の片付け。ポスターの整理だけで疲れました。(爆) 周潤發や華仔の10年以上前の日本版ポスターって売れるかしら? 
画像左は「重慶森林」こと「恋する惑星」日本版ポスター。金城武サイン入り。本人が目の前でサインしたので間違いないです。(笑)真ん中と左は香港版ポスター。香港版はサイズが大きいのでこれも横78センチ×縦97センチくらいの大きさ。この辺はちょっと珍しいかも知れないから、 ヤフオクにでも出そうかしら?(爆)
「頭文字D」関連は香港版DVD Boxがもらい物で重なっちゃってジグソーパズル&写真集つきのスペシャルエディションが未開封。ポスターも香港版4種類入りが余ってる。希望者がいたら当日受け渡しを条件に予約受付しますけど。(笑) なんか他にも重なってるものがありそうだけどなかなか整理が進みませんわ〜。ってかうちは古いものしか出ないだろうな。(爆)
06/01  (金) a:m 01:39
 なんだか今年のお正月はお天気が悪かったっすねぇ。北陸や東北は記録的な大雪だそうですが、この辺も今ごろは穏やかな晴天が続くはずなのに雨模様だったり、霙だったり、降らないまでもずっと曇り空だったり。お陰で片付けも進みませんわ。>老公の口癖。お天気がいいと捗るらしいが、そんなことを言いながらお天気が良くても順調に片づけが終わったことはいまだかつてない。(笑)

ま、そんなわけで仕事も始まり明日は学校も始まり。いつもの日常が戻ってきますな。いつもに戻ってもこのところの寒さで外に出たくなかったりするし。(爆) ああ、行きたいとこいっぱいあるのに。国立博物館のパール展も今月下旬で終わっちゃうし。そんなこと言ってるのにこんなものを発見してしまって、気がついたらぽちっとな。(笑)  浙江筝(武林筝)と蒙古筝(yataga)ってなかなか見る機会も聴く機会もないので他の筝も続けてあるんだったら行きたいかも。師傳の話だと、昔は各地に違う奏法があって流派のようなものがあったらしいけど、文化大革命でいったん途絶え、再編成されたイマは統一の奏法で教育されてるらしい。だから蒙古など特別な地方を除いて各地方の奏法や特徴は受け継ぐ人がいなくてイマの演奏家がいなくなったら途絶えてしまうかも知れないとか。 だったら、聴けるうちに行かないと後で悔やむことになるでしょ。(笑)

04/01  (水) a:m 03:14
 少々遅れ馳せながら新年明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。
暮れにも書きましたが、お正月と言ってもそれほど忙しいことはないんですが。にしてもわざわざ出かける2日だけ雨なのはなぜっ?! しかも高速もめちゃ混みだし。何年か前まではお正月は穏やかなお天気で三が日は車も少なくて、って感じだったんですけど。イマはそんなことないですねぇ。

 大掃除は未だ終わってはいませんが(爆) ちょっと片付けはじめたらなんかいろんなもんが出てくること! なので、フリマ出店することにいたしましたぁ。(笑) きっとスペース余ると思うので暮れの片づけで不用品(笑)の出た方、ご連絡いただければうちのスペースに置けますよん。

今年の願望(?)は學友の演唱會が聞きたいっ!(ま、本人次第ですが。慈善演唱會みたいな1度限りのでもこの際可)、 秋生哥は金像奬でのスピーチが聞きたいっ!(これはほぼ間違いないと思われ)&「頭文字D」続編の日本ロケッ!(スケジュール次第だと思うが)、「放・逐」を初めとする見ごたえある新作!(これも何本かは可能だろう)&天華くんスクリーン及び舞台復帰(別に引退してるわけじゃないけど。ナマのパフォーマンスに餓えております)このうち幾つ叶って、何があるかは起きてみなければ判りませんが(^^;; 
今年も香港&台湾に通うことになりそうですわ。





灰猫街から素材をお借りしました

最新の覚書に戻る


トップページに戻る