周太太のお気楽な日々




2004年の覚書




29/04  (木) a:m 3:00
 學友のCDをPCに取り込みクルマ用CDを焼く。CDチェンジャーだとトランクに入れっぱなしだからオリジナルを入れておくと心配だもんな。學友のCDはコピーコントロールは付いてなかった。翻版がやたら出回って大変なんじゃなかったっけ? 良識を信じているのか、コピーコントロールを信じてないのかどっちだぁ?! にしても最近ちとPCくんのご機嫌が良くなくて時々フリーズするしCDの読み込みがおかしかったりするし。ツールは気に入ったものをずっと使うほうなんで手を入れるのはやだなぁ。隣でメカ好きの老公がてぐすね引いてるけど任せないもんね。彼のPCには最新ソフトが次々インストールされてるらしい。もっとも、使いこなしてるとはとても思えないが。(笑)

からくりアンモラルは本日到着。ハヤカワSFシリーズってのがちと驚き。で、その傾向に合わせたのかSFっぽい物を収録してる模様。ネットで読んだ「いなくなった猫の話」が入ってる。こんなイイ男に出会ってみたいもんだわ。考えたら宇宙人を美味しく頂く話もSFだぁねぇ。

古筝は「旱天雷」のお稽古が始まる。タイトル聞いてもわからないけど、香港映画見る人なら聞けばきっとわかると思う。賀歳片なんかに良く使われてる曲。にしても日照りの空に雷ってどんなタイトルなんだか。おめでたい曲らしいので日照り続きに雷が鳴ると雨が降るから良かったね、ってことなのかしら?>わけもわからず弾いてる我。

26/04  (月) a:m 1:41
 本日は演奏会。この間ヤフオクで衝動買いした彫金の帯留めを早速下ろす〜。(^^) 出掛けに老公から「最近、その色着ること多くない?」と言われるが実は違うのだよ。これは縮緬で前回のは紬。似た色が多くてすいませんねぇ。なにしろあの頃はバブル真っ盛りだったしぃ。(爆)昨日とは打って変わって気持ち良いお天気なのでサングラス使用。車のボディカラーが変わって今回は黒メタリック(光の加減でチャコールのうんと濃いのにも見える)なんで黒ボディに着物にサングラスとすっかり姐さんファッション。以前義弟に「どこの姐さんが来たのかと思った。」と言われたことがあったな。(爆)
演奏会は勉強会のようなものなので内輪なんだけど、この会場は舞台と客席がむちゃ近くて見る気になれば手元が全部見える恐ろしい舞台。まっ、舞台ってのも回数重ねると度胸が付いてくるもんで。つまりはドジ踏んでも気にしなくなるってことですが。(爆)

金曜日の広東語レッスンのあと、本屋さんに寄るが本日発売の森奈津子「からくりアンモラル」はやはりなし。田舎なので発売日の次の日に入荷するのよねぇ。悲しい。うちに帰って来てネットにオーダーを出す。必ず買う作家や中身がわかってる本はネットでも良いけど本は実際に手に取って確かめたいなぁ。

夜、TVを見ていたら昭和の曲を卞拉OKで唄う番組をしていて久々に寺尾聰の「ルビーの指輪」を聞く。で、ワタシはこれより「Shadow City」の方が好きだったなぁ、などと思ったらやたら聞きたくなった。うちにあるのはレコードだしなぁ、(時代を感じる)などと考えつつつい検索を掛けたらCDが残りわずかになっていてついクリックしてしまった。そしたらなんと次の日には「送ったからね〜」メールが来て、今日にはもう届いてた。で、イマ聞いてますけどこんなに便利になって良いんだろうか。(^^;;
ちなみにうちにあるレコードはその頃レコード屋を経営していた友達のとこで発売日前に配送されたばかりのダンボールから出したところを予約もしてないのにさっさと強奪してきたんだった。引っ越して以来遠ざかってしまったけど、今ごろ何してるのやら。
にしても、やっぱりこの声好きだなぁ。イマ聞くとさすがに声が若いし。今現在唄うとどんな感じになるんだろう。聴きたいなぁ。ライブなんてしないよねぇ。そう言えば、昔々15年位前にディナーショーと言うものをしたことがあってナマ歌を聴いたことがあるんだけど良かったなぁ。このところますますお父さんに似てきて良い芝居してますけど、歌手はもうしないのかなぁ。
學友の新譜も聞いてるんだけど、1曲目がドラマ主題歌のため少々イメージが違うけど他の曲はわりとジャジーな曲多し。いや〜嬉しい。もっと聞き込みたいけどこの路線で行ってくれないかしら、學友。でもって哈林とアンプラグドでライブなんかして欲しいなぁ。ブルーノートあたりで。大人の男路線まっしぐらのライブなんて聞きたいなぁ。

23/04  (金) a:m 8:46
 山田正紀の新刊「イノセンス」読了。全然気がつかなかったんだけど"あの"(笑)押井守の「イノセンス」ノベライズなんだそうな。読んでるときには頭の中に押井のカケラも浮かばなかったけど。山田正紀にしては軽い(と言うか抵抗無く頭に入る文章だ)なとは思ったけど。個人的には押井守と山田正紀の繋がりのほうが驚き。で、「イノセンス」に関してはいろんな場所でコメントを読むと気になるコメント多しだな。押井守にはあんまり興味ないけど、かつての「ヘッドギア」と言うかパトレイバーは好きだったし。うちの仔たちの名前は「遊馬」「野亜」「バド」だもんな。(笑) でもって、少なからぬ人が「イノセンス」と「パトレイバー Movie」の類似性に付いて語ってるし。俄然興味は沸いてきたんだけどきっと劇場には観に行かないだろう。(爆) 早くWOWOWで放送しないかしら。(^^;;

相変わらず毎日数十通は届くウィルスメール&ジャンクメール。またも香港衛生署から「貴重なご意見ありがとうございます」メールが来る。これで2度目。毎日山ほどウィルスメールが入ってるんだろうな、担当者の苦労がしのばれる。(笑)←なぜ笑う。 もうひとつ最近急増なのが「アドレス変更しました♪」メール。エロサイトか? にしても、ワタシの朋友には語尾に♪つける人は絶対いないぞ。(爆)

22/04  (木) a:m 1:18
 なんだか急に暑くなって来た。汗かきのせいで裸足でスニーカーを履くと中がぺたぺたするのでそろそろサンダルのシーズン。去年履いてたヌメ革のサンダルを出したけどしっかり足型付いてるし。(^^;; その上、履いたらざらざらするし。(爆) 洗えたっけヌメ革? まっ、なんでもランドリーが好きでドライ嫌いとしては当然ごしごし洗いにチャレンジだな。

今週は初めから女仔が朝練とかでやたら早出なので、付き合って早起き。その上、禮拝二には諸事情により古筝と筝のお稽古ダブルヘッダー。さすがによれよれ。今日は仕事が午前中だけだったんで午後はぼけ〜っとしてしまいましたわ。うちみたいに老公が家で仕事してるとたまには一人になるのも良かったりして。

ぼちぼち始めた謝天華くんのディスコグラフィチェックですが、なんとか片付いて今度は秋生の方をチェック。にしても、調べれば調べるほど出てくるのも困ったもんだが気がつくとそのほとんどがうちにあるってのも・・・。(^^;;

17/04  (土) a:m 1:38
 「春に三日の晴れ間無し」と諺にあるそうですがほんとにその通り。今日は暖かい。居間から見える桜の樹も柔らかに光る緑になりました。
ここ数日は筝曲のカセットをCDに焼く作業に没頭。車でテープが聞けなくなったのが直接の原因なんだけど古いものは20年前!のテープもあるので丁度良い機会かも。久しぶりに再生した曲はビミョーに伸びてるのもあったし。今は亡き御家元がお稽古用に独奏してるのもあるんだけど、これなんかテープが没になったら永遠に聞けなくなっちゃうもんな。師匠のとこにある大量のカセットも早くCD化したいんだけど彼女も新しいメカに馴染めない性格なもんだから。ちなみに、CD化は車の中で聞くためです。歌の練習は心置きなく大声が出せる車の中が一番! 古筝も筝のお稽古も家だとなんか思いっきり弾けないんだよね。弾くほうがそうなんだから歌うほうはもっとだし。(笑)

内申書に勝手に下駄履かせて推薦した事件を起こした「埼玉県西部の県立高校」、ワタシの出身校の隣っす。埼玉県は旧制高校と旧制女学校がそのまま県立高校に昇格したとこが多いので同じ街に○高・○女と称する高校が2つあるのよ。ので、あの学校同級生もたくさん通ってたんだけどこんなことで有名になるとはなぁ。(爆)

イラク事件、とりあえず3人分は決着したようで何より。暴言吐いてた家族もぐっすり寝たのかそれなりに穏当な発言になってたし。にしてもイイ歳した子供のことを親が謝るのもなんかなぁ。新聞にかかった経費を公開してやむを得ない物以外は本人に請求したらって話が載ってたけど山岳救助みたいに経費はきちんと請求したほうがいいと思うわ。ジャーナリストの間で渡航勧告の罰則規定に反対の声が挙がってるそうだけど、この状況下でそれでも潜入しようとするのはそれで名を売ろうとするフリーライターばかりだもんな。

14/04  (水) a:m 0:11
 昨日は「暖かい」じゃなくて「暑い」って言いたいくらいの良いお天気だったのに今日は寒かった。このまま初夏になるのはやっぱりナシだったのね。
でも、ここ2,3日のお天気のせいか桜がほとんど散ったあとには新緑が光っています。芽吹いたばかりの緑は柔らかくてとても綺麗ですね。今日お稽古に行く途中気が付いたのは街路樹にハナミズキがそこかしこにあること。街路樹はポプラや欅、公孫樹が多いような気がしてたんだけど最近の流行なんでしょうか・ハナミズキ。どこも白と紅の花が交互に植えてあるの。そしてどこも植えて数年と思われるあまり大きくない樹が多い。数年後が楽しみだわ。

イラク人質事件は膠着状態のようですが、自作自演説や日本人関与説まで出るのは彼らがボランティアの大儀を振りかざして自分達は正しい事をしてると声高に主張しているせいでしょう。「世界の正義」というスタンダードはどこにも無くて人の数だけ正義の数もあるということを彼らはわかっているのかしら。家族も一種の極限状態にいるせいか普段とは違う精神状態なのは判るけどそれにしてもあの発言はどうよ? 留守宅にいる母親が謝ってるのがいかにも日本人ではありますが。そもそもこの騒ぎだってブッシュが自国の正義を振りかざしてこんな事態になったんだし。越南のように泥沼化しないことを祈るばかりです。

11/04  (日) p:m 10:54
 珍しく日付が変わらないうちに書くのはなぜか? 今日はうちの結婚記念日だったのだ。特に区切りが良いわけでもないので特別なことはしなかったけど、偶然買い換えた車が今日納車だったので慣らしも兼ねてその辺を走ってきました。ついでに美味しいお店でご飯でも食べてこようかと思ったけど気持ちの良いお天気だったせいかどこも順番待ちしてるし。結局ぐるっと回って近くの偶に行くお店で食事してきました。 帰り道で久しく見ないゾクの車が続々通ったのでびっくり。なにかあったのか?富士五湖方面で。 ナンバープレートは見えなかったんだけどチバラギから遠征してきたのかしら? 絶滅危惧種を目撃した気分。(爆) にしても、今年もそろそろ週末には海岸通に行けない季節になったのねぇ。
11/04  (日) a:m 2:34
 長閑な春よのぅ、なんぞとぽけっとしてる間にイラク方面では大騒ぎになってるようで。今日もニュースショーで家族の記者会見だの小泉が面会拒否だのと騒いでますが家族の言葉にびっくり。人命のためには自衛隊の撤退も考えろって、再三再四渡航勧告出してるのにそれを振り切って自主判断で行ったんでしょうに。そりゃ人命は地球よりも重いかも知れないけど、あなた方の家族のために国策を変更したらこんどは日本国民全部が困るんだよ。血相変えて騒ぐ前に自分の家族がなにをしたのか良く考えてみたら?
だからって、留守宅に嫌がらせの電話掛けるってのも困ったもんだけど。 其の上、政治家の中にもこの機に乗じて自衛隊を引き揚げろって言ってるのがいるし。相変わらず国際政治がわかってない政治家ってのも困ったもんだ。

我が家は相変わらず長閑で謝天華くんのディスコグラフィを整理し始めたんで書庫(と言う名の物置)に捜索に行ったけど見つからないものがあるし。本格的に整理しなくちゃいけないんだけどねぇ。1時間も篭ってると鼻水ぐずぐずになるし、かと言って扉を開けたままにしておくといそいそと御猫様が団体でやってくるし。あの棚のあの辺にあったはずのCDはイマ何処? (爆)

07/04  (水) a:m 7:38
 週末は寒の戻りでびっくりするほど寒かった(窓から見える山が白くなった)けど昨日今日は穏やかな良い陽気。昨日、お稽古に行く途中で入学式の親子連れを見ました。新中学生の板についてない制服姿もかわいいねぇ。今年はいつに無く桜が長くて、ここ何日か桜が舞い散る景色が見られます。桜はやっぱり散り際が綺麗だねぇ。で、暖かな中、お稽古に出かけたらもちろんお稽古中は汗だく。 筝は基本的に弾き唄いなのでお稽古が終わったらもうよれよれ。古筝の師傳は先週山西からお母様と妹さんが遊びに来たのでお休みだったんだけど、綺麗な盛りに桜見物が出来たんじゃないかしら。

謝天華くんの頁、UP DateをしてDiscoの頁を久々に見たらデータのまとまりが悪いので構成をし直そうと思い、ついでにデータのチェックをし直しそうとググってたら滾石のサイトが引っ掛かってきた。で、滾石の通販頁を見たらいまや幻扱いされてる風火海のCDやLD(!)がまだあるらしい。他にも滾石のデータ頁が引っ掛かって来たのを見てたら、デビューCDが出る前のコンピレでワタシの知らなかったCDがある模様。しかも、まだ買えるらしい。 データ整理ついでにうちにあるのもチェックしなくてはいけないのう。

05/04  (月) a:m 7:34
 昨日の寒さが嘘のように穏やかな朝。雨にも負けなかった満開の桜が窓から見えます。今日から新学期なのでまたいつもどおりにこの時間はつかの間の平和。
昨夜は香港電台のナマ中継で金像獎を聞く。いきなり學友のナマ歌に早く新譜聞きたい〜、モードに。(笑) 結局最佳男主角は華仔。もうこのメンバーだったら誰が獲っても納得だよね。中継を聞いてて最初のほう、やたらと「千機變」が出てくるのでややびっくり。そんなにノミネートされてたのか。知らなかったわ、しかも結構受賞してるし。 その後、ネットで写真を見ると華仔は黒ダブルだったのね。學友のスーツは色がとても綺麗。でもワンボタンジャケットなのでジャケットの下からシャツがちょっと見える。パンツのウエストが低いのか? みんな金紫荊獎よりずっとおしゃれしてきてるので女優陣のドレスも凄い。小明星・原島大地くんも金紫荊獎はノミネートされてるのにシャツ&短パンだったのに今回はちゃんとスーツ着込んでるし。(笑)

謝天華くんの頁、更新作業してたらディスコグラフィで間違い発見。ここもちょっと手直ししようかな。にしても、今年初のVCDが出たと思ったらこれがもうどうしようもない駄作。TVBのギャラシステムが変わってほとんどの契約タレントが減収になるらしいのでそろそろまともな映画や舞台の仕事を取ってきてくださいな。>中國星。

ところで、相変わらず1日10数通くらいのペースで添付ファイルつきのMailが来るんですが、びっくりしたのが香港の政府機関からのご意見ありがとうMail。Mailを出すと自動で返信されるものですけどそれがワタシ宛に来てるってことは、誰かがウィルス感染してワタシのメルアドを隠れ蓑にしてこの政府機関にウィルスメールを送ったと言うことだよね。誰じゃ? 香港の政府機関とワタシのメルアドを同時にPC内に保存してるのは?!

03/04  (土) a:m 2:12
 溜まっていた秋生頁、中文、英文頁をUP Date。今度は謝天華くんのほうをしなきゃ。
そろそろ煮込み物も終わりかと思ったんだけど牛のすね肉を売ってたんでビーフシチューを煮込む。 食べ盛りの中年(爆)、食べ盛りの娘がいる我が家では煮込み物をする時はキロ単位。東菠肉を作る時の豚バラ肉も1キロ。ビーフシチューのすね肉も1キロ。だから煮込み用の琺瑯鍋は直径20CMや24CMなんてのがある。(でかっ!)この冬のヒット作は鶏手羽、豚バラ肉、玉葱、じゃが芋など野菜を白ワイン(200cc小瓶)と薄めのコンソメ味にして弱火でことこと3時間ほど。スープがむちゃむちゃ美味しいっす。これは、ベーコンブロック、鶏手羽、キャベツ、玉葱なんかでも美味しい。ビーフシチューには赤ワインを1本入れるので、我が家は200ccの小瓶は必ずストックしてます。 でも、これから暖かくなると煮込みはほとんどしなくなるし、今度の冬の定番はなんになるんだろうか。(定期的にローテイションが変わる家)

この間、偶然本屋で横溝正史を発見。春陽文庫未収録の人形佐七を収録してるとのうたい文句につい買ってしまった。で、ネットで調べたら他にも出てるのでついオーダーを入れてしまった。懐かしい。(笑) 唐突ですが、金田一耕助と言えば石坂浩二っすよね。なんと今回は稲垣吾郎ですってぇ?! この人、明智小五郎もしてなかったっけ?

01/04  (木) a:m 3:55
 春休みモードで朝がいつもより2時間も遅いせいでむちゃむちゃ夜更かし。でも、夜更かしモードも今週いっぱいだわ。春休みってあっという間に過ぎ去るのよねぇ。
「鹿鼎記」読了。これで金庸は全部翻訳が終わったのよね。「神[周鳥]侠侶」は華仔が頭ン中に浮かんで「鹿鼎記」は陳小春。でも他のキャラで浮かんでこないのはこの二人がよほど印象が強かったんだろうか。




30/03  (火) a:m 2:11
 結局、金紫荊獎は任達華さまの手へ。蓋を開けてみると「PTU」一人勝ちの様相を呈しておりましたね。(なぜか日にちを勘違いしてたが授賞式は禮拝日だった)華仔はこのところ式服となってる唐装で。似合うよねぇ。秋生のファッションは黒のハイネックニットに黒のジャケット。裾が燕尾服みたいに後ろが長いカットになってるんだが、実は燕尾服のジャケットそのままってことはありか? 金像獎の最佳新人にノミニーされながら大陸で先に映画に出てたとの理由で取り消され、その後金紫荊獎では最佳男配角にノミニーされて話題の子役・原島大地くんと話してる写真はむちゃむちゃやさしそうな笑顔で彼のパパ振りを想像させますね。(^^)
表情で思い出したけど、舞台劇で劇中怖い表情が多かった秋生がカーテンコールで登場するとすっかり普通の表情に戻ってて一瞬にしてまるで別人のようになってるのだ。他の役者さんも衣装でわかるけど顔だけ観たら誰っ?!ってほど表情が変わっててさすが舞台の役者は違うなぁ、と唸りました。あの緊張感と直接反応が返ってくる舞台の醍醐味は病み付きになると誰かが話してたけど、確かに手ごたえが違うよねぇ。

これもまた前々から噂が飛び交ってた「頭文字D」、当初から変わらず名前が出てるのは陳冠希くらいであとは全部入れ替わってしまいましたがやっとクランクインがどうの、ってとこまで話が進んだようです。てっきり藤原拓海くんは陳冠希なのかと思ってたら最新の噂では周杰倫とのこと。文太はこちらも華仔だとか、梁家輝だとか出てたけど、なんと!秋生が演じるらしい。一番難航してたなつきちゃんが英皇と契約した韓国のタレントさんに配役されたのがやっぱ大きいよね。なんせ香港・台湾の女優さんだとエンコーしてる女子高生役は引き受け手がいないだろうからねぇ。そう言えば、最初にこの話が出たときは拓海・陳冠希、文太・華仔でなつき・あややなどど噂されてたもんだった。でもって、日本ロケがあるらしく(榛名や二度上を走るのか?!)3月に来日って話だったらしい。 未だ日本ロケは実現してないんだけど、今度こそほんとになるのかしら。&秋生は日本に来るのか?! 勝手知ってる群馬の道、なんでしたらシルエイティのドライバー役あたりでお手伝いしますが。(笑)

28/03  (日) a:m 0:07
 本日は香港電影金紫荊獎の発表日。 本人も「最佳男主角は華仔じゃないの?」と語ってますが結果はどうだったんでしょうか。夜7時頃からのはずなんで明日の新聞には間に合わないかな。それとも第一報は間に合うか。香港は9時くらいまでの記事は次の日に載るもんなぁ。
「駁命老公追老婆」ですが、昨日も書いたとおり謝天華の魂が方中信の身体に入るわけですが、謝天華くんの役名が劉福榮(華仔の本名)で方中信の役名が梁徳華(笑) もちろん(^^;; 方中信の英語名はAndyだし会社での呼び名は「華少」。「孤男寡女」と同じ頃に撮影してたのか? 
25/03  (木) a:m 0:15
 このところのバタバタで書き漏らしていたんですが、TVB大富でイマ「駁命老公追老婆」を放送中。TVB星河の放送枠ではなくて大富独自の時間枠なので粤語・國語の双音で中文字幕付き。感涙っす。このドラマ、香港ではまだ放送してないのよね。ただ、謝天華くんは魂は彼のままなんだけど体が方中信の役なので冒頭を除くと出番が少ないのよ。しかも、始まったのがまだ香港にいた頃だったんで間に合ったのは3話から。(;_;)
最近Yes Asiaで大陸ものを入荷するようになったんだけど謝天華くんのTVドラマが続々入荷してるのだ。がしかし!大陸ものだから全部國語吹き替え。本人の声を知ってるとわざとらしい台詞回しも気になるしそもそも声が違うのが気になってどうしても観られないのよ。はやく双音声版を出して欲しいわ。もっともあんなに長いドラマは観るほうも体力要りそうだけど。(爆)
23/03  (火) p:m 11:46
 あんなに大騒ぎした動作不良ですが、あっさり解決いたしましたぁ。ただ単にテキストが重すぎただけだったのだ。(核爆〜)
1、2月分を別にしたら直ってしまった。(^^:: 昨日、一昨日スキャン掛けたり色々チェックしたのはなんだったんだぁ。 でも相変わらず画像はここのWebでは入らない。ホスト側の問題かしら。(と人の責任にしてみる)

台湾の総統選挙、混乱してますねぇ。投票日前日の陳水扁狙撃事件を聞いた時にやっぱり台湾、何か起きるなとは思ったんですが、心の片隅にあまりにタイミングが良すぎるしとも思ったのは確か。う〜みゅ、古惑仔の世界そのままではないかぁ! 今まで香港ではあまり政治に関わる芸能人はいなかったんだけど、台湾は誰が誰を支持なんて新聞に書かれてるのね。林青霞なんて台湾に帰って支持運動してたようだし。彼女が連戰支持なのはやっぱ商売のためかしら。

ここ何日かお天気がむちゃくちゃですが昨日辺りはみぞれでしたわ。車のフロントガラスにあたるのが雨より大きい粒だったもん。うちのあたりは白く見えるほどではなかったんだけどもう少し山に行った方ではほとんど雪になってたらしい。向こうに見える山は白くなっておりました。3月も末なのに。キルティングのジャケットが袖口が薄汚れて来ちゃったわよ、そろそろクリーニングに出したいんだけどねぇ。

22/03 (月) a:m 1:56
今日PCを起動したら突然具合が悪くなってた。ほんの少しまとめて変換するとメモリ不足うんぬんのメッセージが出て書けなくなってしまう。コピペも出来ず。なぜ? なので今日は短め。下に足した画像ももしかしたら出てない鴨。
20/03  (土) a:m 1:45
 そろそろ日常に戻りつつある今週。謝天華くん頁のニュースと演唱會レポートをUP。書いてるうちにまた反芻モードに突入しそうになる。反芻モードに入るとあの時あれもしたかった、こうすれば良かったとどんどん深みに嵌まっていくのでもう収拾がつかなくなる。(爆) 秋生頁のUP DATEに取り掛かりつつ、DVDやVCDを観出したり、雑誌整理をしたり。秋生頁のFilmoもUPしなくちゃいけないのよね。金紫荊獎に秋生がノミニーされたので、この時期訪港する人を羨んだり(さすがに当分行けない)香港電影節のスケジュール見て無間道3部作一挙上映に心が動き(笑)妄想は止まらない。(^^;;
14/03  (日) a:m 1:13
 さすがに現実に復帰するとドメスティックな諸々(平たく言えば家事)や仕事やお稽古事や(さすがに連続して休むとまずいので時間を捻出して行ってる)で時間を取られ、夜は夜で疲れに加え花粉症絡みでやたら良く眠るので買い込んで来たDVDもほとんど見る暇無し。デジカメ画像を取り込んだり演唱會リポートを書き出したりははじめたけど、明日も法事で朝早いし。

そんな中、本日はキャラメルボックス「我が名は虹」。ちょっとばかり新劇少女だった高校生の頃から舞台を観てて子育てやらなんやらで10数年のブランクの後最近復活して来たんですが、正直なとこいわゆる小劇場芝居ってのは苦手意識があり。ばりばり新劇を観てたんでテーマがどうとか演出がどうとか、いろいろ考えちゃうのよね。日生や演舞場や帝劇やこの辺も観てるのに。それにいわゆる小劇場芝居(正面向いて科白を言うとか)に馴染んでなかったのもある鴨。去年初めてキャラメルボックスを観て、まぁたまにはこんな芝居も良いかもと思って今回2度目に出かけた。
前回は内容がファンタジーだったので却って違和感なく観られた舞台が、今回は人斬り以蔵やら新撰組やらなまじ実在の物が出てきてしまう分感情移入が出来ない。当然のように設定は幕末なのに人物の心理や行動論理は現在のもの。そうすると何で幕末? なんで新撰組? とそっちが疑問に思えて来ちゃう。幕末の舞台がしたくてこうなったのか、それともこの内容を芝居にしたくてそれから幕末の人物に合わせていったのか。 敵討ちがどうこうは現在に設定すると出来ない話だけど、幕末だったらそんな行動はないだろと言いたくなるようなことするし。前回ちょっと気になったある役者さんの科白の言い回しも今回なんだか気になって耳障りだったのもあるかな。その昔(爆)、つかこうへい事務所にのめり込み加藤健一・三浦洋一・平田満・井上加奈子の最強キャスト(と思ってる)「熱海殺人事件」を20回ほど観た経験があるけど、その時も加藤さんや三浦さんの科白回しは気にならないのに平田さんの台詞回しが気になってしょうがなかった。 まぁ、あの芝居はつか芝居独特の科白回しもあったしここでの約作りとしてこんな台詞回しになってるのかな、とも思ったんだけど後日別の舞台を観たら実は平田さんの台詞回しはみんなあれだったと気がついてそれ以来彼は少々苦手。それと同じことが今回もありそう。しかもメインキャストで。ちょっと間隔をあけて見ようかなと思った今日の舞台帰り。

08/03  (月) a:m 3:03
 いよいよ帰る日。何日間居ても結局最後はし残しとことがたくさんあるような気がしちゃうのよねぇ。
シャワー浴びてから荷造り。途中で当日じゃないと駄目な生ものの買出し。奇華へ行って老公の好きなココナツをまぶしたお餅、他。その帰り叉鶏飯を外買。これが今回最後の叉鶏だわぁ。明報周刊が表紙にでかでかと學友の写真を載せていたので買ってしまった。重いのよ、明報周刊。(^^;;
今回はそれ程大量に買ってないはずなのに気が付いたらスーツケースがほぼ満杯、なぜ? 機場巴士に乗るのに地下道への階段が上り下りできそうに無いので少々遠回りしていく。ああ、ロビーを出ると目の前が巴士站だった雅蘭が懐かしい。やっぱりオープンしたら1度は試してみるだろうな、ランハムパレス(とか言う名前だったよな)。ちなみに2004年版街道指南には既に載ってた、ここ。
機場に着いてチェックインしたら到着に降りて最後の許留山。ここが出来てから最後には必ず寄ってるような。機内では「Miss 杜十娘」を観る。冒頭の酔っ払って寝込んだ彦祖を李嘉欣が胸元を開けて触るシーンに期待したんだけど、その後は怪しげなシーンはなし。 勿体無い。(爆) 往きにも思ったけど最近CXの機内食レベル落ちてないかい? 復活ハーゲンダッツも好きなフレーバーが品切れでは仕方が無いし。
9時少し前に着陸、9時10分過ぎにはイミグレも通過、9時半には車に乗ってた。TDLが終わる前に浦安を通過できたのでほぼ1時間で東名に乗ってた。
帰宅してびっくりしたのは家が綺麗!なこと。まぁ、それなりに綺麗ってレベルですが画期的です! 山ほど溜まった洗濯物と猫トイレは仕方が無いにせよ、部屋が散らかってなかったのはほんとびっくり。その気になれば出来るのね>老公&女仔。

本日は荷物整理&片付け。昼から洗濯機は回りっぱなし。でも、イマは花粉症の季節なので当然外には干せません。もう干すスペースないし。(^^;;
早めに買い物に行って夕食の支度。ああ、ドメスティックな日々が帰ってきた〜。

06/03  (土) a:m 1:58
 朝兼昼食を食べながら新聞チェック。今日は明星欄に「張學友・劉徳華」とあるのでををっと思ったが良く見ると電視城で夜8時。だめじゃん、ってか録画なんて公開じゃないから見られないし。そのままぷらぷら旺角・新世紀広場へ行く。GH旺角をチェックするもイマひとつ観る気がしない。なんたって来週になれば秋生がゲストで出る「20 30 40」や青雲の新作が出るのがわかってるからなぁ。もしかしたら今回は1度も映画を観ずに終わるかも!
上に行って先施を冷やかしていたら冬物バーゲン中で危うく唐装の綿入れを買ってしまいそうになる。濃い目のクリーム色に金色っぽい丸い中華文字のおなじみデザインだったんだけど周りがあまりに派手なので普通に見えたのよ。(笑) 買ってもウケ狙いにしか着られないし。 気を確かに持って(爆)上の階の大衆書局へ行って街道指南2004年版を買う。なにげに棚を眺めていたら古筝の楽譜を発見。笑傲江湖が収録されていたので買ってしまう。だから、本は重いのに。古筝の現代曲(ポピュラー)曲集は無いと思ってたのでピアノの楽譜を探すしかないかなと思ってたんだけど見つかってうれしいわぁ。
ついでに九龍塘に移動して映画チェック&Page Oneチェック。無間道3の小説があったので買う。
その後、上環へ。粤海投資大廈前で黄serの冥福を祈り(爆)西港城へ行く。久しぶりに上環に来たけど、西港城の中(特に1F)が変わってた。甜品の店と茶餐店で半分くらいのスペースを占めてる。しかもコンビにまであるし。地元向けにしたのか? まぁ、いつ行っても人が少なかったもんなぁ。イマも少なかったけど。(笑)秋生がけなしてた上環文娯中心を確認しながら高街目指して登っていく。そうよ、香港島側ってこの坂道が苦労するのよ。道すがら紙のお供え物を売るお店だの漢方薬のお店だのの並ぶ通りを過ぎる。漢方薬屋の店先で寝てる猫、匂いは気にならないのかしら? もう慣れてるのか? もしかしたらいつもこの匂いをかいでるせいで健康だったりして。(笑)通りすがりに招き猫ならぬ招き豚を発見して爆笑。 その後、招き馬まで見てしまった。(^^;;
高街 學友傘アクションの場所 高街は學友&華仔の「江湖」の撮影場所。もう撮影は終わったらしいけど残り香を嗅ぎに(爆)。ここに學友が立ってたのねぇ、としばし妄想にふける。(笑)周りは学校帰りの小学生が山ほどいたのに。
荷李活道から摩羅上街に回ってびっくり。何年振りかで来たら摩羅街中心なるビルは出来てるし露店がみんなただのお土産屋になってる。一見アンティーク風ながらどこでも同じ物を売ってるってのもなんだかなぁ。文武廟はいくらかきれいになった感じはするけど変わらず記憶の通り。相変わらずなかはむちゃくちゃ煙かった。お線香の煙に燻されながら日本式にお参り。老公用のお守りを買う。干支の確認をしただけなのにそんな延々説明しなくても大丈夫ですぅ。そもそも半分も分からなかったし。(^^;; 上環駅まで戻り部屋に荷物を置きに。顔を直して軽く食事をとりいよいよ文化中心に。そもそも今回はこれが目的だったのよ。その前にいろいろありすぎたけど。(笑)
高街 バルコニー部分 文化中心の劇場は一番上の4Fにある。前に行った大劇場と違ってこじんまりしてる。英語ではSutudioと書かれてたとおり天井は鉄骨剥き出しで下がったライトも見えてて全部がステージから見上げた感じ。こちらも詳細は秋生頁にレポートをUPするので省くとして今日の席は後ろから3番目くらいのほぼ真ん中。ステージは完全に見下ろす感じでした。終演後のカーテンコールでは初日のせいか導演をはじめ脚本やプロデューサーなどがみんな舞台に上がってました。客席はさすがに関係者が多いらしくキャスト一人一人沸く場所が違うの。(笑) 秋生ママ、老婆、仔仔が家族揃って観に来てました。仔仔大きくなってたぁ。95年のCDに声が入ってたからもう9歳かしら? お利口そうでしたわ。(隣のおばさんモード?)終演後は劇場はどこが後台口かも分からず出待ちって雰囲気でもなかったのでそのまま素直に帰ってきましたぁ。

木曜は前日上環をうろついてたときに香港に到着した某小姐からTelを貰ってて、一緒にお昼。旺角の金龍船でまたもやしゃべり倒す。ガイドブックに載ってた細工物の点心が見られなかったのがちと心残り。いったん別れて夕方紅館でまた会う。憶蓮&永亮&港樂の拝神を見る。待ってたらJakie&ローレンスが現れてびっくり! 見に行くとは聞いてたけど初日に拝神を見てしかも電飾持参するほどのファンだとは思ってなかったぁ。 拝神、ろんせんせーはご機嫌麗しいようで手を振ってくれました。サンディは黙々と。港樂の関係者らしい白人のおっちゃんがおぼつかない手つきで拝神してたのが笑えました。にしても3月に入ってから寒くなってたけど17,8度くらいでダウン着るか?>香港人。ろんせんせーもJackieもローレンスもみんなダウン。(^^;; 演唱會を観るみんなと別れてそのまま尖沙咀に回って文化中心へ。今日の席は真ん中よりやや前の上手端から3番目。昨日後ろで全体を見渡したので今日はパートに注目。 どの公演でも初日に緊張する分気が抜けるのか、2日目はいろいろあるような。出のきっかけが気持ち早かったり、ライティングがぴったりこなかったり。カーテンコールでセットの2階で笑顔で挨拶した後、顔をちょっとしかめて(ライトがまぶしかったらしい)客席を見渡してた秋生が有型でしたぁ

そして今日。前回は家族と一緒でゆっくり出来なかったので澳門再挑戦。新馬路のセナド広場を基点に歩き回る。澳門って路地一つとっても香港と全然違ってヨーロッパの田舎みたい。ポルトガルの雰囲気をそのまま持ってきたんだろうねぇ。それに前にも思ったんだけど澳門は車が面白い。そこら辺走ってる普通の車が結構いじってあったりするし。SARSの件で香港もそうだったけど澳門もきれいになってました。どぶ臭さが劇的に減ってるもんね。義順の牛乳プリンも食べて満足してフェリーで爆睡。気がついたら香港だった。
部屋へ戻って顔を直し、いよいよ最後(ワタシにとっては)の舞台。今日はもともとは休演だったんだけど追加でチャリティとして出た日。B列だったので前から2番目?と期待してたらA列はなくてなんと1番前! しかもまん真ん中。冗談でなくほんとに目が合いそうな距離でしたわ。 今夜は途中休憩が5分長くてロビーで飲み物サービスあり。ワタシの後ろに座ってるご夫婦の老公がTVドラマや映画でよく見る顔なんだけど名前が思い出せないで考え込んでたらロビーにはもっと居た。気がついたら隣にサニー・チェンが居たし向こう側にはTVドラマで見る顔でたしか謝天華とも共演したことのある俳優さんが居るし。名前が思い出せないのって気持ち悪いわ。 カーテンコールではチャリティなので導演も舞台に上がってご挨拶。秋生を見つめてるとほんとに目が合いそうになるのでビミョーに目をそらしたりして。目が合ったら気がついてくれたかなぁ。(^^;;

02/03  (火) p:m 10:32
 どうもいつもの日程4日間の癖であれもしてこれもしてと盛り沢山。なので昨日はゆっくりしようと新聞買いに行くのと食事以外はうだうだ。在住のS姐にTelしてお茶の約束。前日中芸で見たせいかガラス瓶が気になって玉器市場へ行く。こちらでは最初の言い値が50ドル。今回は金魚を描いたのと色ガラスを浮き彫りにしたの(こっちの言い値は180ドル)。2個で180ドルで買う。いつももう少し値切れたような気がするのよねぇ。その後S姐と待ち合わせしてしゃべり倒す。下午茶の時間に会ってそのまま夕食まで。夕食はS姐老公の仕事が終わるまで待って蔡欄名食坊へ。 ここは蔡欄プロデュースのフードコートと言えばいいのかな。ビルの2階3階(日本式)に坦々麺の店だの、屋台メニューの店だの、越南料理の店だの、フレンチの店だの。なぜかディンタイフォン(漢字忘れた)もあり。S姐夫妻が前回来たとき工事中だった場所がオープンしてたのでそこへ入る。坦々麺の店系列らしいが店名の後に「楊家菜」と付いていたのでこれは家庭料理の店ではないかと見当を付けたのだけど上海風の麺とか獅子頭があり。S姐老公は隣から坦々麺を届けてもらってた。特筆すべきは甜品で桃饅頭や南瓜(饅頭? [米羔]?)、紅豆[米羔]なんてのも。興味津々だったんだけど時間切れ(11時には終わっちゃう)で果たせず。 外へ出ると雨が降り出してた(今回初めて!)けど、このビルの1階がバスターミナルなので旺角行きに乗ってまっすぐ帰れました。これが普段通らない道を走るのでなかなか面白かったし。実は黄捕って便利なんだって。

本日は遠出予定だったのに起きたらまだ雨。なので、尖沙咀へ買い出し&行街。なんと今回初HMV! なんだか来るたびに中文曲売り場が小さくなってるようなのは気のせい? 蔡琴の「被遺忘的時光」(無間道で使われた曲)を買ってしまった。次のカラオケOFFでデビューさせようか。(笑)
夜はJackie(Jackyではない、もちろん苗字は張ではない・・・(^^;;)からTelがあって食事。朋友のローレンスくんと一緒に来た。彼は初対面だったんだけど勘が良いのかワタシの声調や発音がちょっとおかしい広東語をすぐにわかってくれて直してくれる。う〜みゅ、老師と呼ばせてください〜。(爆)彼らには小春演唱會に2回行ったと言っては笑われ、秋生の舞台劇を3回観る予定だと言っては笑われた。そのうえ、だって1回じゃ唔明白なんだもん、と言ってまた受けてしまった。(^^;;


灰猫街から素材をお借りしました

最新の覚書に戻る


トップページに戻る