黄秋生の近況 ('07 後半)



* 7月9日 「硬漢」開鏡。

 王晶製作、丁晟監督の「硬漢」の撮影が青島で開始されました。監督は大陸でCMやPVを撮っている人だそうで長編劇映画はこれがデビュー作なのかな。主演は黄秋生の他は大陸の俳優さんで劉Y、孫紅雷、尤勇。メインは秋生哥と劉Yのようです。が、孫紅雷といえば「鐵三角」で主演陣のひとりでしたね。ちょっと期待。
 ニュースは専ら劉Yの記事で占められております。 内容はそのユニークな髪型と役の性格。役はちょっと頭の弱い子ですぐに暴力に訴えるタイプらしい。ので余り書くことはなし。・・・相変わらず注目するところが日本とは違うわ>中華芸能。
なにしろ、秋生哥の役柄も「骨董商」と書いている記事と「黒社會の親分」と書いている記事があるので良くわからない。表の商売が骨董で裏が黒社會なのか?
王晶はこのところ大陸への進出が顕著ですが、大陸に製作会社を作ったんだっけ? TVドラマも映画も目だって大陸のスタッフやキャストを使ってますね。

* 7月18日 「Mummy3」に出演?

 本人ではなく孟廣美が語ったところに寄ると「Mummy」シリーズ(日本では「ハムナプトラ」)の第3弾は中國が舞台になるのですが(でも中國にミイラはいないと思われ)皇帝役の李連杰、楊紫瓊、梁洛施が決定していますが、黄秋生と孟廣美も出演が決定し撮影に加わるとのことです。一時期、梁家輝が出演との話もあったようですがその役が秋生哥に代わったんでしょうか?

* 7月23日 大陸のTVドラマに主演?

 TVドラマ「阮玲玉」(呉倩蓮版)、「[シ真]西往時」の監督、沈詩悦が語ったところに寄ると大陸初のSF連続TVドラマ「異動空間」の撮影が9月に開始される。主演は黄秋生、との事。秋生哥は宇宙船の船長を演じる、らしい。その後の報道に寄ると撮影開始は11月に変更、との事。

* 8月21日 「太陽照常升起」ベネチア映画祭に出品される。

 姜文監督、主演の「太陽照常升起」は香港地区では9月21日から上映予定です。それに先立ちベネチア映画祭とトロント国際映画祭に出品が決定しました。

ま、例によって中華マスコミなので劇中の話題は姜文・秋生哥・陳沖(ジョアン・チェン)の三角関係と房祖明の後姿オールヌードシーン。
今回は出演者の周韻(本来は「[音勾]の字らしいのですがネットで使えない字のようでネット上では「韻」で代用されています。) が監督・主演の姜文の子供を身ごもりますますゴシップネタには事欠かない状況になってますね。劇中では房祖明の媽媽役で妊婦シーンもあったんですが本物だったのか? 姜文と周韻はその後正式に結婚したようです。何度目だっけ姜文の結婚。・・・3度目か?
 なお、9月始めのベネチア映画祭には秋生哥は欠席しています。「Mummy3」の撮影を抜けられなかった模様。

* 8月28日 「老港正傳」中國華表奬を受賞。

 26日夜、北京で行われた第12屆中國電影華表奬で「老港正傳」は「優秀対外合拍片奬」を受賞しました。記事に寄ると大陸地区では一番権威のある映画賞らしいです。香港回歸十周年映画の「女人本色」と「老港正傳」共にノミニーされているのでそういうことなんでしょう。

* 9月25日 「放・逐」オスカー候補香港地区代表に選出される。

 アカデミー賞外国語映画部門の香港地区の候補作に「放・逐」が選出されました。候補作は各国・地区で1作づつ選出されこの中からノミニー作が決まります。まずはノミニーを目指して頑張って欲しいですね。(ま、スタッフ・キャストはもうすることはないけど)

* 9月28日 「Mummy3」ロケ地を大陸に移動。

 カナダでスタジオ撮影を行っていた「Mummy3 : Tomb of the Dragon Emperor」(大陸題「木乃伊3」、香港題「盗墓迷城3」、台湾題「神鬼傳奇3」、日本題「ハムナプトラ3」)はほぼ9月いっぱいでスタジオ撮影を終了し、以降は北京と上海でロケをする予定。10月始めから3週間は北京で撮影し、上海では上海影視樂園で40年代の上海の街並みを撮影する予定だ。 北京、上海以外では河北省の砂漠にセットを組んでいて兵馬俑(の模型)を運び込んでいるのが撮影されています。
キャストは第1作から出演している主演のBrendan Fraserと妻役のMaria Belloの他はほぼ華人キャスト。李連杰、楊紫瓊、梁洛施、孟廣美、黄秋生、王慎徳など。
 にしても、中國皇帝で兵馬俑で呪術師で。・・・全然「Mummy」とは関係ないような気が。
秋生哥の役は財宝を狙う軍隊の将軍・楊。撮影予定に40年代の上海があるってことは國民党軍の将軍って設定?

* 10月12日 新作映画「神鎗手與智多星」公開。

 王晶製作、姜國民監督の新作「神鎗手與智多星」は大陸地区10月19日、香港地区11月15日から公開されます。
キャストは「神鎗手」(神業の銃の名手)に呉鎭宇、「智多星」(知恵が回る)に黄秋生、他に唐嫣、方力申、曾志偉、呉慶哲、劉洋、劉圓圓。
 王晶は「商業電影鬼才」と書かれていますが、タイトルやポスターが80年〜90年代のゆるい映画を彷彿とさせますね。中身はまだ未見なのでわかりませんが。 それにしてもいつの間に撮ったんでしょ。初夏から夏にかけてあたりかしら。方力申は秋生哥とは初共演だそう。女優陣は大陸の女優さんですね。最近王晶は特に大陸の女優さんを起用することが多いですが唐嫣や劉圓圓も「王女郎」のひとりなんでしょうか。

* 11月21日 「水滸伝」3部作に出演?

 来年、劉偉強は「水滸伝」を3部作として製作する予定です。キャストは「無間道」を初めとする劉偉強組の出演者が総出演の予定で、宋江と林沖を劉徳華と梁朝偉が演じ、武松を金城武、潘金蓮を舒淇、武大郎を曾志偉、李逵を黄秋生が演じる予定、とか。
ま、まだ噂の段階ですから決定まで待ちましょう。

* 12月9日 慈善パーティに出席。

 秋生哥は一昨日の晩、上海で開かれた「嫣然基金會」慈善パーティに出席しました。王菲・李亞鵬夫妻が娘の障碍をきっかけに設立した口蓋裂の子供のための慈善基金ですね。上海のイベントにしか出ていないということはまだ撮影が終わってないのか?

* 12月11日 「風尚大典頒獎禮」に出席。

 秋生哥は一昨日の晩、上海で開かれた「風尚大典頒獎禮」に出席しました。梁洛施と共に「年度香港男女演員奬」を受賞しました。
 普段着で出席した所為か(画像参照)奬を軽んじてる、などと言われたようです。撮影でずっと上海にいるのでフォーマルを持ってこなかったのか、意図的に普段着で行ったのか。一昨日の慈善パーティではどうだったんでしょうかね?  画像が見つからないので、慈善晩宴の服装がわからないんだけど。
 普段着で出席してイベントを軽んじているのではないか?とのマスコミの質問には「別に目立とうと思ってしてるわけじゃないよ。裸でパーティに出られないのはもちろん知ってるよね? 俺は観客のために出席したんだ、次の機会におしゃれするよ。」
 受賞スピーチでは「今年の女優に選ばれてとても嬉しい。」 (賞の名が「男女演員奬」だからか?)と言って隣の梁洛施を吹き出させていたようです。