来了!看了!吃了! 動画頁 マカオ編2




・セナド広場の昼と夜 →再生

 この動画は2005年の撮影です。広場の奥に設置されていた大画面ディスプレイは、2008年に行った時は撤去
されました。

	本編「澳門(マカオ) 1」


・聖パウロ教会跡 →再生

 この動画も2005年の撮影です。どのガイドブックも「セント・ポール寺院」と英語読みで紹介していますが、
旧ポルトガル領のマカオでポルトガル人が建てたカトリック教会を、なぜ英語読みで紹介するのかは謎です。

	本編「澳門(マカオ) 1」


・聖ミカエル教会 →再生

 この動画も2005年の撮影です。動画は、石畳の美しい馬忌士街から歩いて聖ミカエル教会に移動しながら撮
影しています。つまり2005年のマカオ訪問時も私は馬忌士街を歩いていたのですが、その時は聖ミカエル教会
が目当てだったので、自分が馬忌士街も訪れていた事に全然気付いていませんでした。この教会名も、ガイド
ブックによっては「聖ミッシェル教会」と、フランス語読みで紹介していますが、旧ポルトガル領のマカオで
ポルトガル人が建てたカトリック教会を、なぜフランス語読みで紹介するのかは謎です。

	本編「澳門(マカオ) 1」


・ギア灯台と聖母教会 →再生

 この動画は2008年の撮影です。マカオ市街遠景の中に建設中のリスボア新館が写っています。

	本編「澳門(マカオ) 2」



・関閘辺検大楼 →再生

 この動画も2005年の撮影です。中国の珠海市との境界に立つ出入国管理署の関閘です。撮影時点では段ボー
ル箱の積んだキャリーを引っ張る運び屋らしき中国人でごった返していましたが、2008年に再訪した時は、運
び屋らしき人々はいませんでした。商品の移動がある程度自由化されて運び屋のうま味がなくなったのか?

	本編「澳門(マカオ) 1」


・新口岸地区 →再生

 この動画も2005年の撮影です。ホテルやカジノの建ち並ぶ新口岸地区の風景です。動画は、最初に友誼馬路
を撮影し、そこから新口岸地区のビル群の谷間へ入っていきます。林立する高層マンションの谷底にある道路
は昼間も薄暗く、あまり良い印象は感じませんでした。公平を期するために言っておきますと、2010年の来訪
時にはこの地区の皇豪酒店(Emperor Hotel)に泊まりましたが、治安面で不安を感じる事はありませんでした。
しかし、女性の一人旅にこの地区のホテルは薦めません。

	本編「澳門(マカオ) 1」


・モンハの砦の犬 →再生

 モンハの砦は公園になっています。人懐っこそうな犬がいました。首輪がないのでノラのようですが、公園
 に来る人々に餌を貰っているのかもしれません。頭でも撫でようものならホテルまで付いて来そうだったの
 で撫でるのを我慢して無視しました。最後に公園からの眺めで写っている競技場はドッグ・レース場です。

	本編「澳門(マカオ) その3」


・カーサ庭園の猫 →再生

 なかなか愛嬌のある猫です。
本編「澳門(マカオ) 2・澳門歴史市街地区散策」
「来た!見た!食った!」のトップ・ページに戻る