来了!看了!吃了! 動画頁 蘇州編1



・太鼓演奏 →再生

観前街を歩いていると太鼓演奏の音が聞こえたので音の方へ行ってみると、とあるショッピング・ビルの入口
で演奏していました。通行人は通り過ぎるだけで立ち止まって見ているのは私だけでした。新店オープンの垂
れ幕を掲げている訳でもなく、謎の太鼓演奏です。

	本編「中国、蘇州」


・拙政園正門前の遊覧船 →再生

世界遺産の中国古典庭園「拙政園」正門前の遊覧船乗り場から船が出るところです。ここに限らず遊覧船の船
頭はご老人ばかりです。こんな小舟でも軽トラックくらいの荷物は積めますが、それを老人1人の力でも動か
せるというのが運河の利点であり、鉄道や自動車が発明される前の時代に、洋の東西を問わず、蘇州でも大坂
でもベニスでも、物資の集散する商業都市に運河が張り巡らされたのは、そういう理由からです。

	本編「中国、蘇州 蘇州園林探訪」


・環秀山荘 →再生

蘇州市内にある世界遺産の中国古典庭園の一つ「環秀山荘」は、細長い敷地のちいさな庭園、と言うよりは広
い庭の付いたお屋敷です。環秀山荘の入口から一番奥までを歩きながら撮影しました。

	本編「中国、蘇州 蘇州園林探訪」


・箏演奏 →再生

世界遺産の中国古典庭園「留園」では、園内の複数箇所で伝統音楽の生演奏のアトラクションがありました。

	本編「中国、蘇州 蘇州園林探訪」


・九官鳥 →再生

双塔寺の中庭に飼われていた九官鳥です。ニーハオの次の言葉は、私のヒアリングが正しければ「恭喜発財」
(ゴンシー・ファーツァイ)と言っています。直訳すると「金儲けおめでとう」です。お寺で飼われているの
に煩悩を捨て去る事ができていないですね。

	本編「中国、蘇州 蘇州の名所旧跡」



「来た!見た!食った!」のトップ・ページに戻る