来了!看了!吃了! 動画頁 北京編1



・トロリー・バス →再生

北京市内を走るトロリー・バスはバッテリー内蔵で、架線のない所でもトロリーを降ろして走る事ができます。
つまり電気自動車でもあるのです。架線のある所へ来ると、トロリーを跳ね上げて架線から電気を取ります。
トロリー跳ね上げ地点には、架線側にトロリーを受け止める器具が設置されていますが、バスの停車位置がズ
レていると、トロリーを跳ね上げた時に架線との接触に失敗する場合があります。その時は運転士が手動で修
正します。なお、動画の冒頭に流れている中国語は、路線バスの車内に流しているラジオ放送のCMです。

	本編「北京 1」


・ディーゼル機関車 →再生

北京城東南角楼は北京駅から東へ延びる線路に隣接しており、鉄道マニアの絶好の撮影スポットです。この動
画のディーゼル機関車はたった一台で19輌もの客車を牽引しています。エンジン音も「ドッドッドッドッ」と
船舶用ディーゼル・エンジンのような音です。この機関車では19輌の客車を引っ張って坂を上る馬力はないと
思います。この列車の行く手は果てしなく平地が続いているのでしょう。

	本編「北京 1・北京城東南角楼と天壇公園」


・世貿天階の夢幻天幕 →再生

北京の新名所。世貿天階の夢幻天幕です。巨大スクリーンの下の広場では、ダンスやマジック・ショーなどの
各種の催しが行われていました。動画はそのマジックの一コマです。マジシャンの女性が手で持ち上げた犬は、
その寸前までステージの上を走り回っていたので、本物と思われます。

	本編「北京 2・現代北京編」


・崇文門菜市場 →再生

崇文門飯店の南隣にある崇文門菜市場の内部です。商品は豊富に揃っています。

	本編「北京 1」


・油条製作中 →再生

大柵欄のレストランの店頭で見かけた中華揚げパン「油条」の製作作業です。揚げる前の油条は、あんなに細
いんですか。確かに、揚げた後の油条の中身はほとんどが気泡です。



「来た!見た!食った!」のトップ・ページに戻る