来了!看了!吃了! 動画頁 香港編4




・シンフォニー・オブ・ライツ(2005年5月5日) →再生

毎晩8時にビクトリア湾で音楽と光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」が上演されます。この催しの中
国名は「幻彩詠香江」。香港島側の高層ビルに設置されたネオンやサーチ・ライトやレーザーが音楽に同期し
て点滅し、それを九龍半島側から鑑賞します。普段は電気仕掛けのショーのみですが、特別な日には花火が加
わります。私が香港観光をしていた2005年5月5日は、運良くその特別な日(端午の節句だから?)で、花火付
きの幻彩詠香江を鑑賞する事ができました。その後2008年5月1日に香港へ行った時も、花火を期待(メーデー
は中国では重要な祝日なので)して幻彩詠香江を見に行きましたが、その日は電気仕掛けのみのショーでした。
花火を打ち上げるには費用が掛かるわけで、景気が良くなってスポンサーが付かない限り、花火はもう見れな
いかもしれません。花火のない普通の幻彩詠香江の様子は、下記の本編でレポートしています。

	本編「香港・中華三昧・重慶大厦(チョンキン・マンション) →再生

尖沙咀の魔窟「重慶大厦」に潜入しました。魔窟というのは大袈裟でして、確かに私の持っている前世紀のガ
イドブックでは「治安が悪い」と注意を促していますが、最近は治安対策に力を入れているようで、昭文社の
「新個人旅行 香港08-09」では、数ページに渡って重慶大厦の特集記事を組んでいます。しかし、ここに限ら
ずスリや置き引きへの警戒心を緩めないに越したことはありませんが。ビルの正面玄関を入った所は、左右に
両替店が並んでいるので、一般旅行者でもここの両替店は利用価値があります。ただし入口に一番近い左右の
2店舗は断トツでレートが悪いので注意してください。奥に入ればもっとレートの良い店がいくらでも並んで
いるのですが、この2店舗が潰れずに営業を続けているという事は、他店のレートを確認せずに入口に一番近
いこの両店で両替をする暢気な客が少なくないという事でしょう。もしかしてカモ客のほとんどは日本人かも。


・スター・フェリー →再生

香港観光の定番、スター・フェリーです。動画前半は夜の湾仔→尖沙咀、後半は昼の尖沙咀→中環の航路を撮
影しています。たったの2HK$ちょっとで船旅が楽しめるので、お子様連れにはお勧めです。



「来た!見た!食った!」のトップ・ページに戻る