来了!看了!吃了! 動画頁 香港編3




・午砲(ヌーン・デイ・ガン) →再生

午砲は、銅鑼湾の岸壁に設置された大砲から、毎日正午に発砲されます。砲台の敷地は普段は立ち入り禁止で
すが、毎日正午の発射後は見物人の入場が許されます。中英日3カ国語のパンフレットが無料配布されており、
その解説文によると、この伝統ある催しは英国系商社ジャーディン・マセソン商会が行っているそうです。こ
の催しの一部始終を動画に撮るつもりで出かけたのですが、大砲を撃ち終わった後にも鐘を鳴らす事を知らず、
大砲を撃って係員が砲台から降りたところで、動画の撮影を止めてしまいました。不覚!


・諾士佛臺(ナッツフォード・テラス) →再生

彌敦道(ネイザン・ロード)からホテル・ミラマーとミラマー商場の間の道(金巴利道、キンバリー・ロード)
を東へ入り、ミラマー商場東端の階段を北へ登ると、諾士佛臺の西端に出ます。諾士佛臺は、ミラマー商場か
ら仕徳福山景酒店(スタンフォード・ヒル・ビュー・ホテル)のある天文臺道まで、金巴利道と平行して東西
方向に走る路地で、洒落たレストランやバーが軒を連ねています。このレストラン街は、2003年は仕徳福山景
酒店側の東半分しか無かったのですが、2010年に行った時はミラマー商場から仕徳福山景酒店までビッシリと
レストランが並んでいました。動画で前半の昼の場面は2010年に撮影したもので、ミラマー商場から仕徳福山
景酒店まで歩きながら撮影しています。後半の夜の場面は2003年に仕徳福山景酒店側から撮影したもので、レ
ストラン街は途中(2Fの窓ガラスに"knutsford 10"と書いてあるビルの所)で終わっています。友人と諾士佛
臺を歩く機会があれば、「諾士佛臺は昔はここで終わってたんだよ」と言えば、香港通を気取る事ができます。


・ミッド・レベル・エスカレーター →再生

これも乗り物と言えば乗り物です。次回に行った時は、エスカレーターの端から端まで収録したいと思います。



「来た!見た!食った!」のトップ・ページに戻る