Counter

「天国はまだ遠く」ロケ地めぐり♪


京都府宮津市



瀬尾まいこさんの小説「天国はまだ遠く」が2008年映画化されました。
わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ∩。∩)ノわーい♪


近くに住んでいながら全く知りませんでした。

近畿日本ツーリストのロケツアー 約4万と高い!!!
参加しようかと悩みましたが仕事もあり断念.

なら自分で巡ってやれってことでロケ地巡りしてきました。



MOVIX京都 いよいよ12月12日(金)にて上映終了
・゜゜・(×_×)・゜゜・。 ビエーン



※ネタバレが含まれます。映画みてからご覧ください。




世屋姫神社 
田村(徳井)がお供え物をする神社



国道178号線を進んで日置(hioki)の交差点を左に曲がります。(宮津駅から約16キロ地点)
交差点を曲がり府道75号線を約6.4キロ進むと神社が見えます。
表から入ろうとすると草が生い茂っているために苦労します

最初は正面突破したのですが上世屋の人はなんてタフなんだろうって思ってましたが

他のブログ情報で後ろに入り口があることを知りました^^:







ポスターの木など
(上世屋集落)


神社を過ぎて約1キロ程上っていくと上世屋集落があります。
その上世屋集落の入り口に小さな「かみせやばし」があります。わたらず右に進むと丘の上に例の木が見えます


橋の上からも木を確認することができます。違うアングルからも数枚アップ
現地に行かれる方は似たような木がたくさんありますので間違えないように。
(この木の種類はあんず?だったか一度聞いたのですが忘れちゃいました^^:なんの木でしょう???)


撮影される方は木の前が畑になってますので踏み荒らしたり野菜を傷つけたりしないようにお願いします。


似たようなアングルで撮影してみました^^:近くのNPO法人の方が見つけられたそうです。
ポスターを持参してなかったので微妙にアングルが違いますね
やっぱりプロが撮影すると絵になりますね







千鶴が散歩しておばさんからミカンをもらうシーンの場所です。

この場所から例の木まで歩いて1分くらいです。



※沢登家もこの近くにあります、木の場所を聞くために声をかけた方が沢登家の方でした。







一本桜周辺 
千鶴が絵を描くシーンなど。

上世屋集落を過ぎてさらに上っていきます。世屋高原口を右にさらに進むとしおぎりそうが見えます。

しおぎり荘では千鶴がブナ林の中で光のシャワーを浴びるシーンが撮影されました。

しおぎり荘の方にお聞きしても沢山木がありますから。。。。って感じで撮影された木はわかりませんでした

(しおぎり荘の近くに展望台があり登ると絶景がみれます)^^



一本桜を目指すため さらにしおぎり荘から1キロほど進みます




すると世界高原家族旅行村が見えます
(なんかジェットコースター?のような施設も)
そこを右にまがってさらに約1キロほど下り坂を進むと一本桜とともにすばらしい景色が広がります^^





メイキングを見て勝手に撮影場所推測してみました。

勝手に断定したものですので間違ってるかもしれません。




赤丸で囲ってある場所付近で撮影されたとおもいます。
田んぼが段になってますので一本桜より2、3高い田んぼの中央付近までくると
桜と半島が重なることなく見えるようになります。





緑色で囲ってある場所が、千鶴と彼氏の二人がそろって歩いている場所だと思われます。




そしてもう一つ



おそらくこのシーンも一本桜のすぐそばで撮影されたものだと思います。




メイキングとその撮影風景の写真から


桜の木を背にして山を見るとメイキングと同じような景色が見えます
おそらくこの付近で撮影されたものだと思います。
(かなりアバウト^^:)








さらにもう一つ追加
 (11月22日追加)



千鶴とたむらが二人で歩くこの写真

※オフィシャルページのスペシャルフォトから拝借^^:
映画には使われていないシーンかも




周りに雪が積もっていて違う場所に見えるかもしれませんが

黄色矢印の場所に細い農道があります


そこを数十メートル進んでいくと田村と千鶴が二人で歩いていた場所があります。

おそらくこのあたりで撮影されていたと思われます。




バスでのアクセス
宮津駅もしくは天橋立駅か丹後海陸交通バス「日置」で乗り換え「家族旅行村」まで、一本桜まで徒歩で片道1キロ

日置から世屋高原まではフリー乗降区間のたどこでも乗り降り可能
※上世屋までは毎日バスが運行していますが家族旅行村へは日曜日のみです)
田舎はバスの本数が少ないのでおすすめはレンタカー、もしくはタクシーです。^^:

丹後海運交通HP

いったん178号線に戻るために日置の交差点に戻ります。








日置から3〜4キロ北に進むと破見口(hamiguchi)の交差点があります。
ここを左に曲がって府道619を進んでもポスト&民宿たむらに行けますがここはまっすぐ進みます。









長江漁港&長江公会堂
千鶴が海に連れ出されるシーン&千鶴が住民とふれあうシーン

日置から破見口の交差点を過ぎてさらに3キロほど進むと右手に漁港がみえます
道路を挟んで向かい側に長江公会堂があります。撮影は2階で行われていたようです。
公会堂の屋根越しに漁港が見えますね











民宿たむら & その周辺 
千鶴(加藤ローサ)が自殺するためにやってきた宮津の田舎宿


長江漁港を約1キロほど進む岩ヶ鼻口の交差点を左に曲がります。
ヤマザキショップのお店まで行くと行き過ぎです

※岩ヶ鼻口から6キロほど進むと昔連続ドラマの舞台になった舟屋があります。
景色がすばらしいので是非^^:映画でもワンシーンくらい使ってほしかったなぁ・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



途中道が崩れているところもありますが直進します。(約1キロ)
数分走るとようやく右手に民宿たむらが見えてきます。




表札もランプも外してありますね、郵便受けには不動産屋の名刺が貼り付けてありました。
裏からガラス越しに室内を写してみました、あのテーブルで千鶴と食事してたのでしょうか??^^


11月9日 映画を見た後もう一度訪れてみました


大阪から不動産屋の方が来られて障子紙を貼り替えてました。


どうやらロケツアーの為に特別きれいにしているそうです


ツアーが無くても月に一度は風通しなどするために来ているそうですが^^:


近所の方の話によると民宿たむらの候補は3つくらいあったそうですが
監督の意見でここに決まったそうです。



映画では千鶴が泊まっていたのは2階の左の部屋でしたね。 

この一室だけきれいに畳が敷いてありましたが他の部屋は床のままでした


千鶴もこの窓から外をみてたのでしょうね

※千鶴が泊まっていた部屋の撮影はどこか別の場所でされていたみたいです。
ネット情報によると民宿2Fは栃木県喜連川早乙女温泉が使われているようです。


不動産屋の社長さんです。





にわとり小屋はセットだったようです。
この場所にありましたが撮影終わってすぐ撤去してしまったそうです。









予告編で流れている映像場所を見つけたので紹介

おそらく昼間のシーンなので千鶴の彼氏が民宿たむらに訪れるシーンでしょうか?
(違ってたらごめんなさいm(_ _"m)ペコリ)



民宿たむらの前の道路に出てちょっと山側にある民家を写した写真です。
赤枠で囲ってあるところが予告編にでてくる場所だとおもいます。


※民宿たむらの付近の民家は高齢の方が多くほとんどの方が市内付近に家を買われ
昼間は農作業などで来られることもありますが夜はそちらで過ごされているそうです。

民宿たむらのお隣さんも家は空きや状態のため映画の撮影中は
スタッフの休憩所として使われていたそうです。電気代として5000円置いてあったそうです。




パンフレットに載ってる場所を一つ見つけたのでアップ




民宿たむらの前にありました




民宿たむらの前から撮影
向こうにパンフレットの細い橋がみえます。






橋の手前に木が3本ありますが中央の木はカキがほとんどありません。(写真ではわかりずらいですが)

なんと熊が登って食べてしまったそうです。

熊が枝を折るために木がぼろぼろです

左の柿の木はまだカキがありますが渋柿なので手を付けないそうです。

またまわりにはイノシシが地面を掘り返した後があっちこっちに・・・・

まぁ昼間は人を恐れて出てこないので大丈夫ですよと言ってました。(近所談)






ポスト
たむら(徳井)が千鶴に頼まれた手紙をだしにいきます。

民宿たむらを出たらそのまま道なりに進みます。
山道をさらに3キロほど進むと左手にポストが見えてきます。


ありました♪



映画で使われたアングルはこんな感じでしょうか?


さらに別アングル

ちなみにポストに書いてある住所は

〒626−0213 宮津市字奥波見


メイキングを見て気づいたのですが撮影から約1年の間に
ポストに連絡先や所在地などの書いた赤いシールがべったりと貼ってあります。。。。
貼るなら反対側にすればいいのに・・・





映画ではたむら(徳井)が手紙にマッチを入れて千鶴の居場所を彼氏に知らせるというシーン使われました。
もちろん電話番号&住所は架空です。
せめて電話番号にかけたら「もしもしたむらです!」ってアナウンスでも流れればよかったのですけどね^^:




道路をこのまま直進すると破見口の交差点(178号線)に出ます








下記も映画に出てきますがネットで簡単に調べることができますので簡単な紹介のみ

宮津駅 映画の最初と最後で出てきますね


カトリック教会 宮津市役所横にあります。(宮津駅から約500m)


西田時計店 北都信用金庫 京都銀行 宮津支店斜め前にあります。
田村の腕時計を見た千鶴が気を利かせて?電池を交換しようとして立ち寄ります。
映画独自の設定ですね(宮津駅から約650m)


三上邸 映画ではたむらの運転する軽トラが前を通ります。(宮津駅から約1キロ)


ミップル 千鶴が自殺未遂後に買い物にきます。(三上邸から200m)



cafe de pin(カフェドゥパン)
映画で板東英二が特別出演で出ています。





宮津ロイヤルホテル
映画には出てきませんがローサと徳井が映画撮影期間中宿泊していたホテルです。





小説では観世橋(かんぜばし)、地元名称めがね橋が出てきますが探しても見つかりませんでした。
ネット情報によると映画の撮影では群馬県の碓氷第三橋梁が使われているようです。

映画ではなんちゃない!って出てきますがあれって上世屋弁なんでしょうか?

ピアノが置いてある小屋ってセット?
その他ロケ場所情報を知っている方がおられましたらよろしくお願いします


ファミリー劇場で放送されたメイキング映像がネットにアップされていたので勝手に紹介^^:

メイキング1

メイキング2

メイキングを見るとあー、あそこから撮影されていたのかとか、

新たにいくつか撮影ポイントが分かるシーンがいくつかありました。

そのうち時間があればまたロケ巡りに写真を追加したいと思います。



観光協会発行?のロケ地マップが発行されました。

有名なのでここのHPではふれていない笠松公園やビューランドなど掲載してあります。

ロケ地巡りコースや、全体地図もありますのでロケ地巡り必須かも

てかもっと早く出せよ!!!!!!!

pdfファイルですので見るにはあくろばっとりーだーがいります

ロケ地マップリンク



写真撮影は2008年11月1、2、9、22日に行いました。HPをみられて現地に行かれても写真と違う場合がございます。
宮津駅からの距離数は車のメーターを走りながらメモしたものなので正確ではありません。
宮津トンネル経由ですので天橋立に立ち寄ると宮津駅からの距離数がもっと増えます。
メール kouda_ken2@yahoo.co.jp