月刊"勝丸"-2017   ●Top page  ● 月刊〝勝丸”-2017  ●月刊"勝丸"-2016 ●月刊"勝丸"-2015 
******************************************************************************************************************************
No.63 2018.04.11 齢八十一歳~~いろんなことが押し寄せてきます:-))))))))))

嬉しきことも、悲しきことも、そして厄介なことなどもごちゃつきながらやって来て、この<月刊 "勝丸">でそのうちの何を取り上げてよいのか判断がつかなくなり、気が付いてみれば春たけなわになっていました!
先ず、1月号でお伝えした池の水漏れの件ですが、大雪の後にそれらしき個所を何とか見付け出し、≪防水セメント≫という池の補修に評判のセメントを使って修復しました:-))))))))))

これで漏水の心配はなくなると思いますが、そんな最中に昨年の暮れに予約しておいた2泊3日の≪オホーツクでの流氷体験ツアー≫の出発の日がやってきたのです!

それも1月の末ごろにはびっしり接岸していた流氷が、南風によって沖合に押戻されてしまったそうなので複雑な気持ち~~中途半端な池の現状と、流氷が去ってしまったという情報~~が、予約をキャンセルする訳にも行きませんので16日の朝、羽田から北海道へ飛んだという次第です!
その結果、私たちにとってこの選択肢は正解だったようで、たとえ本格的な流氷は沖に去っしまったとはいえ、オホーツクの海に浮かぶ流氷をこの目で見られたことは確か~~その光景に圧倒されました:-))))))))))

     
≪流氷岬≫の碑の前で智女と私  ガリンコ号のフル・S
左側の砕氷装置  ガリンコ号の見事な航跡

冬になると毎年ロシアのアムール川の水が凍って造られた氷が北風にのってオホーツク海を南下し、北海道の紋別付近の海岸に押寄せて来ます。
その氷の上に、時としてアザラシやオジロワシなどが見られるそうですが、今回はどうでしょうか!?
凍てつく風の中でも心をときめかせる初体験~~≪流氷砕氷船=ガリンコ号≫は氷が張り詰めたオホーツク海に出航~~その先端部の両脇にある氷を砕く装置で氷を砕きながら突き進んで行くのです:-))))))))))
案内人によると、今ある氷はシベリヤから流れついた流氷の一部が取り残されのだそうですが、それらに混じってオホーツクの沿岸で造られた氷もあるようです。
残念ながら本格的な≪流氷体験≫とはいかなかったので、氷上の動物たちも見られませんでしたが、これはこれで私にとっては充実した体験でした:-))))))))))
また他に、紋別市内にある博物館や美術館、そして市内から少し離れた≪にしおこっぺ村.≫でのユニークな博物館や美術館などでの見学と体験~~なかでも嬉しかったのは、オホーツクの新鮮な海の幸~~その美味しさは言葉では言い表わせません:-))))))))))
この小さな旅の最中でも気になっていたのは池のこと~~18日の夕方に帰宅すると早速池の水の状態の確認~~旅立つ前と同様に満水だったので先ずは一安心!
だが、その日は市会議員選挙の最終日だったので、夕暮れの中を投票所へ急ぎました~~と、
右足が歩道のちょっとした出っ張りに引っ掛かり、顔面から道に激突~~一瞬気を失いました!

気が付いてみれば、額と、鼻と、顎とそして右の手の平からもかなりの出血~~ハンカチで顔面を覆ってしばらくすると、少しづつ気力が戻ってきたので投票を済ますことが出来ました!
昨秋にも同じような体験があり、その時は階段で足を滑らせて頭から壁に突っ込みました~~場所が場所だけに病院でレントゲン写真を撮ってもらいましたが、幸い脳内に出血は見られないと言われました~~が、その時から物忘れがひどくなったような気がしてます!

ともあれ、「二度あることは三度あり」~~次は多分あの世行きだと思うので、大股で歩き、踵から足を下すようよう心掛けている今日この頃です!
池の方も智女の提案でミョウバンを入れて灰汁抜きをし、リトマス試験紙を使って≪中性≫を確認した後に、魚たちを池に放流~~皆元気に泳いでいます:-))))))))))
さて、そんな日々の中で、まだ3月だというのに初夏のような日々が続き、桜の花が一斉に咲き出しました:-))))))))))

日露戦争で、あのバルチック艦隊を日本海に殲滅させた東郷平八郎ゆかりの≪東郷寺≫が京王線の多磨霊園駅の近くにありますが、その山門前の枝垂桜も満開になったそうなので行ってきました:-))))))))))
ウキペディアによると、その山門は「黒澤明監督の『羅生門』に登場する門のモデルになったといわれる。映画に登場する羅生門は二階建てだが、二階部分を取の除けば屋根の形状から石段の様子まで、東郷寺の山門と瓜二つである。」とありました。
       
東郷寺の名物=枝垂桜 枝垂桜と山門   石段と山門 「羅生門」のモデルとなった
山門の全景

『羅生門』は、私の人生を変えた作品であり
黒澤監督の唯一の大映作品
私が修業したのが
大映東京撮影所でしたからか
親しみを感じるその山門と枝垂桜です:-))))))))))

*****************************************************************************************************************************
No.62 2018.01.13 遅ればせながら、新年のご挨拶:-))))))))))

昨年は糖尿病や心臓病などに悩まされましたが、賀状にも記させて頂きましたように、世界の東西から力強い応援歌を頂き、トータルでは当たり年~~関係者の皆様に心から感謝致します:-))))))))))

しかし「楽あれば苦あり」で、今年は元旦早々から自慢の池の水が減り始めたのです!?
ビデオ作品『聖なる劇場』(1998)の舞台ともなった≪勝丸池≫~~小さな方の池<以後=小池>はおよそ50年ばかり前に作りましたが、何か物足りなさを感じていたので30年ほど前にその<小池>に繋げる形にした大きくて深い池<以後=大池>を作りました!

ですからそこらにある瓢箪型の池に見えるかも知れませんが、構想を重ね、仕事の合間を縫って完成させたユニークな作品なのです:-))))))))))
池にとって致命的なのは<漏水>です!
そこで周りを厚いビニールシートで囲み、その上にかなり厚く粘土を貼り付けて、更に仕上げのコンクリートは二重三重に塗り固め万全の対策をしました!
とは言え、あの東北大地震では我が武州高幡不動も大きく揺れましたので、その時には心配で急いで池の様子を見に走りました!
すると、
池の水は荒海のようにうねり、波は右へ左へと大きく揺れて、池の外へ飛び出していましたが、池そのものには何の被害も及ぼしていませんでした:-))))))))))
さて、映像以外では私の唯一の創造物である≪勝丸池≫~~!
何といっても「水の流れにこそ池の美の醍醐味があり」と考え、<大池>の一隅に<水中ポンプ>を据え、地上に築いた小さなダムに水を汲み上げる仕組みを作りました:-))))))))))
そのダムに汲み上げられた水の一部は滝となって直接池に落ちますが、大方の水は地下のパイプを通って6~7メートル先に構築した藪の中から<泉>となってコンコンと湧き出します:-))))))))))
更にその湧水は、石畳の脇を<セセラギ>となって流れ、そこにはカワラトンボやアマガエルなどを招きいれ、更にメジロ、シジュウカラ、ジョウビタキなどの小鳥たちの水浴の場となっていて、なかなかの風情を醸し出してくれます:-))))))))))
さて、精魂込めて作り上げたこの≪勝丸池≫~~しかし、これまでに≪人災≫や≪天災≫に何度か遇いました!

最初の≪人災≫は、近所の男の子たちによって魚が盗られましたが、こちらはまだ可愛い仕業でした!
が、二度目は小学校低学年の二人組の女ギャング~~彼女たちはかなり悪質で、被害は魚たちだけに止まらず、<水中ポンプ>をひっくり返したり、<泉>の仕組みが気になったのか、<藪&泉>が乱暴に破壊されました!
≪天災≫の方は、主に鳥獣類の出現~~先ず水辺の鳥のササゴイやゴイサギなどのから襲撃を受けましたが、最悪の侵入者はなんといっても狸~~以前には堂々と日中に現れまたこともありましたが、昨今はもっぱら夜半に出現して、防御の柵やネットを抉じ開けて侵入~~先日は<ヒレナガゴイ>がやられました!
その度に防御の網や柵が増加し、あの『聖なる劇場』時代の優雅さからは段々と遠ざかってゆきましたが、それでもこの≪勝丸池≫は「かない勝丸プロダクション」の掛け替えのない拠点のひとつ~~とりあえず、何とか水漏れのない池を蘇らせます:-))))))))))
     
外敵に備えた≪勝丸池≫の全景  深さ80センチの<大池>  魚たちの避難場所となった<小池> 

******************************************************************************************************************************
******************************************************************************************************************************
● Top page