月刊"勝丸"-2017   ●Top page  ● 月刊〝勝丸”-2017  ●月刊"勝丸"-2016 ●月刊"勝丸"-2015 
******************************************************************************************************************************
No.62 2018.01.13 遅ればせながら、新年のご挨拶:-))))))))))

昨年は糖尿病や心臓病などに悩まされましたが、賀状にも記させて頂きましたように、世界の東西から力強い応援歌を頂き、トータルでは当たり年~~関係者の皆様に心から感謝致します:-))))))))))

しかし「楽あれば苦あり」で、今年は元旦早々から自慢の池の水が減り始めたのです!?
ビデオ作品『聖なる劇場』(1998)の舞台ともなった≪勝丸池≫~~小さな方の池<以後=小池>はおよそ50年ばかり前に作りましたが、何か物足りなさを感じていたので30年ほど前にその<小池>に繋げる形にした大きくて深い池<以後=大池>を作りました!

ですからそこらにある瓢箪型の池に見えるかも知れませんが、構想を重ね、仕事の合間を縫って完成させたユニークな作品なのです:-))))))))))
池にとって致命的なのは<漏水>です!
そこで周りを厚いビニールシートで囲み、その上にかなり厚く粘土を貼り付けて、更に仕上げのコンクリートは二重三重に塗り固め万全の対策をしました!
とは言え、あの東北大地震では我が武州高幡不動も大きく揺れましたので、その時には心配で急いで池の様子を見に走りました!
すると、
池の水は荒海のようにうねり、波は右へ左へと大きく揺れて、池の外へ飛び出していましたが、池そのものには何の被害も及ぼしていませんでした:-))))))))))
さて、映像以外では私の唯一の創造物である≪勝丸池≫~~!
何といっても「水の流れにこそ池の美の醍醐味があり」と考え、<大池>の一隅に<水中ポンプ>を据え、地上に築いた小さなダムに水を汲み上げる仕組みを作りました:-))))))))))
そのダムに汲み上げられた水の一部は滝となって直接池に落ちますが、大方の水は地下のパイプを通って6~7メートル先に構築した藪の中から<泉>となってコンコンと湧き出します:-))))))))))
更にその湧水は、石畳の脇を<セセラギ>となって流れ、そこにはカワラトンボやアマガエルなどを招きいれ、更にメジロ、シジュウカラ、ジョウビタキなどの小鳥たちの水浴の場となっていて、なかなかの風情を醸し出してくれます:-))))))))))
さて、精魂込めて作り上げたこの≪勝丸池≫~~しかし、これまでに≪人災≫や≪天災≫に何度か遇いました!

最初の≪人災≫は、近所の男の子たちによって魚が盗られましたが、こちらはまだ可愛い仕業でした!
が、二度目は小学校低学年の二人組の女ギャング~~彼女たちはかなり悪質で、被害は魚たちだけに止まらず、<水中ポンプ>をひっくり返したり、<泉>の仕組みが気になったのか、<藪&泉>が乱暴に破壊されました!
≪天災≫の方は、主に鳥獣類の出現~~先ず水辺の鳥のササゴイやゴイサギなどのから襲撃を受けましたが、最悪の侵入者はなんといっても狸~~以前には堂々と日中に現れまたこともありましたが、昨今はもっぱら夜半に出現して、防御の柵やネットを抉じ開けて侵入~~先日は<ヒレナガゴイ>がやられました!
その度に防御の網や柵が増加し、あの『聖なる劇場』時代の優雅さからは段々と遠ざかってゆきましたが、それでもこの≪勝丸池≫は「かない勝丸プロダクション」の掛け替えのない拠点のひとつ~~とりあえず、何とか水漏れのない池を蘇らせます:-))))))))))
     
外敵に備えた≪勝丸池≫の全景  深さ80センチの<大池>  魚たちの避難場所となった<小池> 

******************************************************************************************************************************
******************************************************************************************************************************
● Top page