めぐり逢えたら  SLEEPLESS IN SEATTLE    

 

ハウスボート


 妻をガンで亡くしたサム(トム・ハンクス)が息子のジョナと一緒にシカゴからシアトルに引っ越して来て住んでいるハウスボート。
2460 WESTLAKE AVEというのがここの番地で、トム・ハンクスの住んでいるハウスボートは2460-J。

 右から2番目のレターボックスを傘をさしたトム・ハンクスが開ける。
最初の写真は湖側から見たハウスボート。ライトアップしたヨットが左から右へ横切って行く。




スペースニードル

 市の北部にあるタワーで、シアトルのシンボルのひとつ。
アニー(メグ・ライアン)がトム・ハンクスの家へ車を走らせる場面にスペースニードルが背景に写るシーンが挿入されている。

 映画が撮影されてからもう20年。映画では全体がよく見えていたが、その後、高いビルが建って展望台部分しか見えなくなってしまった。


アルカイ・ビーチ


 アニー(メグ・ライアン) がトム・ハンクスのハウス・ボートを訪ねたとき、彼と息子はちょうどモーター・ボートに乗り込んで出発したところだった。
そして、二人が遊んでいた海岸がウェスト・シアトルにあるアルカイ・ビーチ。

 その後を追ったメグ・ライアンが道端に車を停め、陰から二人を見ていた建物は現在Duke's Chowder Houseという店になっている。

 この海岸は白人が最初にシアトルに到着した場所として、その記念碑も立っている。




パイク・マーケット・プレイス


 トム・ハンクスと同僚 ( 演じているヒゲの男は「恋人達の予感」でメグ・ライアンと仕事をしたロブ・ライナー監督 )がオフィスから坂道を下りて昼食に行く。



 パイク・マーケット・プレイスはシアトルを代表する観光地のひとつ。魚や野菜を売る店とか土産物店が並んでおり、少し北の方へ歩くと、今や世界的なコーヒー・チェーンになったスターバックスの1号店がある。



 このマーケットのマスコットは"レイチェル"と呼ばれている真ちゅう製の豚で、首に投入口がある貯金箱になっていて、観光客が入れるコインは年間1万ドルにもなるという。



 "レイチェル"のすぐ近くにある新鮮魚介類の店「パイク・プレイス・フィッシュ」は店員が売れたカニやサーモンをレジに放り投げるパフォーマンスで有名。威勢のいいかけ声とともに魚が宙に舞うと、歓声と拍手が起こる。




アセニアン


 パイク・マーケット・プレイスの中にあるシーフード・レストラン。ふたりが食事しながら、再婚の話などをする。
彼等が座ったのは2番目の写真の手前角の席で、右がロブ・ライナー、左にトム・ハンクス。

 また、トム・ハンクスと付き合っている女性がたくさんの食材を買い込んで、それを見たジョナがあからさまにいやな顔をするシーンで写るSEAFOODという赤いネオンはこの店のもの。



ダリア・ラウンジ


 トム・ハンクスが女性と食事するレストラン。

 映画の撮影後、店舗が少し北のブロックに移転したとはいうが、シェフが魚を手にしたネオンサインはそのまま、店内にオリエンタルなムードを醸し出す紙製の照明器具も当時のまま使われている。



エンパイア・ステート・ビル(N.Y)


 ふたりがめぐり逢うラスト・シーンはニューヨークのエンパイア・ステート・ビル展望台。
確かここには「”めぐり逢えたら”を撮影した場所」というプレートがはめ込んであったはずだが、このシーンの撮影はシアトルに作られたセットで行われたという記事があった。

 メグ・ライアンがビルのホールに駆け込むシーンは実際のエンパイア・ステート・ビルでの撮影に間違いないと思う。
しかし、エレベーター等はセットとして、あの展望台のシーンまでセットだったのか?



以上の場所はすべて公共交通機関で行けます。お問い合わせください。

タイトル一覧へ

掲示板へ