大統領の理髪師

'04東京国際映画祭で監督賞・観客賞受賞



全州第3工業団地内セット

 全州市が企業の誘致をめざして作っている工業団地の空き地に作られた映画のセット。「YMCA野球団」も同じ場所にセットを作ったそうで、改めてDVDを見るとエンド・クレジットにその名がある。路面電車のシーンがそうらしい。

以下、孝子洞を再現したセット建設中の写真。(03年9月)

孝子洞の町並み

城門のそばにあるのがソン・ガンホの理髪店


現在の孝子洞

 孝子洞は大統領官邸=青瓦台のとなりに実在する町。どんなところか見に行ってみた。
セットの中で目立っていた城門は「迎秋門」という名前で景福宮の西にあり、映画でクーデター軍の戦車が地響きを上げて青瓦台へ向かったり、大統領の遺影を乗せた国葬の車列が通っていたのは、この門の前を南北に走る「孝子路」。

 大統領官邸が近いだけに孝子路に入るとトランシーバーを持ったり、イヤホンをはめたりした私服を着ていても一見してそれとわかる男が立っている。映画の時代の孝子洞の住民はきゅうくつな暮しをしていたに違いない。金泳三大統領の時代から青瓦台の前の道を通れることになったが、観光バスの中から見るのが普通。歩いて通行すると、3回もパスポートを提示を求められ、尾行も付いて来る。



 映画でソン・ガンホの理髪店があった城門の正面には「ウリチプ」という店がつくられているところで、入口の右では「星の王子様」の絵を描いていた。

タイトル一覧へ

掲示板へ