シラノ;恋愛操作団

 劇団を主宰するオム・テウンは費用を稼ぐために、依頼者に芝居ばりのシナリオを書いてやり、その通りの進行で恋愛を成就させるというビジネスを始める。仕事は順調に進んでいたが、ある日やって来た男のターゲットはオム・テウンの元カノだった。

 '10の秋夕作品として封切られ、ボックス・オフィスの順位が公開第1週より上がって行くというパターンを描くヒット映画になった。

Angel-in-us Coffee 教保タワー店

 最初の依頼人のターゲットが働いているコーヒーショップ。レンガ色のビル、教保タワーの1階にある。
撮影用の人工降雨機まで動員して、作戦を成功に導く場面もこのビルの前。

行き方 地下鉄9号線シンノニョン駅の6番出口すぐ右。


中央湯

 コーヒーショップ勤務の女性には友達がいて、作戦遂行の邪魔になる。彼女を遠ざけるために、団員のひとりが人身御供になり、銭湯から出て来た彼女に花束を差し出して「愛しています」と告白する。

 ここは歴史があることで有名な沐浴湯らしい。ドラマ「コーヒープリンス1号店」でウンチャン(ユン・ウネ)が出前に行くのがここ。女湯で男と間違えられて追い出される。
 また写真の左にプンシクという赤い文字がある店は同ドラマでハンギョル(コン・ユ)やユン・ウネがパッピンスを食べるシーンを撮影するのに使われたと入口に書いてある。

行き方 地下鉄3号線アングッ(安国)3番出口から地上に出て、最初の角を左折。そこから北へ300mくらい歩いたところ。


フライデーズ 弘大店

 告白の後、デートに連れ出したのがこの店。ところが、彼女は「私はそんなに簡単な女じゃないのよ」などと高ビーな態度を取る。

行き方 地下鉄2号線ホンデイック(弘大入口)1番出口から150m(ここには以前、青い屋根の韓屋風ガソリン・スタンドがあったが、取り壊されて再開発中)の交差点を右折。さらに100m行った場所にある。


イェダム教会

 教会の神父はお説教の長いことでみんなに迷惑がられている。
依頼者がそれをみんなの前で指摘して喝采を浴び、彼女にいいところをみせるという作戦は筋書き通りに運ばず大失敗。ヒーローになるどころかつまみだ出されたあげくに出入り禁止処分を食らってしまう。

行き方 地下鉄4号線ソンシンデイック(誠信大入口)4番出口から500mくらい歩き、結婚式場の大きなビルを右折。なだらかな坂道を100mくらい行くと教会がある。


SPRING COME RAIN FALL

 2番目の依頼者とそのターゲット(オム・テウンの元カノ)を会わせる店。オム・テウンと助手がスタンバイし、店の角にある緑色のソファーに彼女が座る。
 オム・テウンが棚の陰でBGMを操作していたのがレジの奥にあるスタッフ・コーナー。
スクーターで走り去る彼女をオム・テウンと助手が見送るのは店の外にある階段。

 デザイン・グループが運営していて、市内にいくつも店舗がある。軽食・喫茶のほかノートやインテリア小物も扱っている。12時開店。

行き方 地下鉄2.6号線ハプジョン(合井)8番出口から北へ300mのところにある交差点を右折。そこから50mの道を左折。さらに50m行ったところにある。


高速ターミナル

 依頼人や仲間と飲んでいるうちに、オム・テウンと男が取っ組み合いのケンカになる場所。

行き方 地下鉄3・7・9号線高速ターミナルの京釜線・嶺東線があるビルの10階。エレベーターで10階に上がり、屋上に出る。


国立現代美術館

 ターゲットは必ずオルセー美術館展の開かれている会場に現われるに違いないとひらめいたオム・テウンは男を美術館の前で待たせる。

行き方 地下鉄4号線デコンウォン(大公園)4番出口のそばから20分おきに出ているシャトルバスに乗れば、10分で美術館に着く。


仙遊島公園

 いつものようにカップルに指示を出しながら仙遊島公園で仕事をしていると、最初の仕事のコーヒーショップ店員とその友人に見つかって、階段のところで吊るし上げられるハメになる。

行き方 地下鉄9号線ソンユドコンウォン(仙遊島公園)2番出口から漢江方面へ500m。仙遊橋を渡って仙遊島公園へ。
地下鉄2号線のハプジョン(合井)やタンサン(堂山)からのバスもある。ヤンファ(楊花)大橋の途中にあるソンユドコンウォン・イック(入口)で下車。同じ方法で帰っても良いし、仙遊橋を渡って右に下りたところにあるバス停にハプジョンやタンサンへ向かうバスがたくさん来る。

タイトル一覧へ

掲示板へ