国際市場で逢いましょう

コップンの店

 おばの死後、店舗の権利を買い取ったファン・ジョンミンの輸入雑貨店。

 『ヨンシン』という店を借りて、比較的新しい時代から現在までの「コップンの店」が撮影されている。
ロケ終了後「コップンの店」の看板を掲げて営業を続けていたが、写真を撮る人ばかりで売り上げ増には結びつかず、
近隣の店とトラブルが起きたりして店主は廃業を決意。
その後、観光スポットにしたい釜山市からは翻意を促す動きがあったという。

 以前の写真では「コップンの店」の看板と一緒に出ていた「ヨンシン」という本来の看板が見当たらず、
売っている品物も違っているような気がするので、店の持ち主がかわったのかもしれない。


行き方 国際市場の中にある。地下商店街の8番出入口を目印にすれば、店はその横10mのところ。


ファン・ジョンミンの家

 映画の冒頭とラストシーン、夫婦が人生を振り返る屋上。
釜山タワーや釜山港を望む眺めのよい場所にある。

 写真でいえば、下の方の人工芝が敷いてある屋上がその場所。
このチョジャン洞あたりには実際に朝鮮戦争で避難してきた人たちが多く住み付いたと言われている。


行き方 バス停「チョジャン中学校」から10mくらい階段を下りる。


駐車場


 海外旅行で空港に向かう息子たちを見送る場所。


行き方 バス停「チョジャン中学校」の横。


龍頭山公園


 妻キム・ユンジンにベトナム行きの相談をしていると国旗降納の時刻になり、話を中断して直立、右手を胸に当てる。

 写真では階段を上がったあたり、野外ライブを見ている人たちがいる場所にベンチを置いて撮影している。

行き方 ガイドブック、地図などを参照。


水を汲む姉妹の像

 ファン・ジョンミンが孫娘とかみ合わない会話をしながら歩く道ぞいにある。
「NO WHERE 情け容赦なし」に登場する釜山四十階段の近くで、このあたりには昔の暮らしを再現した像がある。


行き方 プサン地下鉄1号線チュンアン(中央)13番出口を出てすぐ左折、そこから100m行ったところ。


光復路


 孫娘の手を放してしまったファン・ジョンミンの頭に朝鮮戦争での思い出がよぎる。


行き方 釜山地下鉄1号線ナムポ(南浦)7番出口を出たところが光復路の入口。
    撮影した場所はそこから300m「オリーブ・ヤング光復路店」の横で、犬の像がある場所。


デヨン・シネマ


 ファン・ジョンミンも若い頃体験した異国への出稼ぎ。
韓国へ出稼ぎに来ている外国人に心ない言葉を投げた高校生を叱る。

 16年春現在、BIFF広場に面した二つの映画館のうち、メガ・ボックス(旧釜山劇場)の建設が進む一方で、デヨン・シネマは閉鎖中。
改築されるのか廃業したのか?

行き方 釜山地下鉄1号線チャガルチ7番出口から150m行ったところがBIFF広場。

タイトル一覧へ

掲示板へ