嘆きのピエタ

教会

 カンドの住む部屋から見える教会(十字架が目立ってはいるものの、実際にはビルのほとんどが電機店)。

 外壁に「ハレルヤは永遠なり」と書いてあるこの建物が象徴的に何度も登場する。

行き方 地下鉄1・3・5号線「鐘路3街」駅12番出口から200m歩くと緑地に出る。
    そこを右折して、また200m電機店の並ぶ世運商街を抜けて行くと、清渓川にぶつかる。
    橋を渡って振り返り、右方向を見ると教会がある。


大林商街(デリム・サンガ)

 住んでいる部屋からカンドが写真右下の階段を下りて来る。

ただし、このビルの最上階は映画のようなつくりになっておらず、部屋から出て来るシーンは別の建物で撮影したらしい。

 行き方 清渓川をはさんで、上記教会の真向かい。


廃ビル

 返済ができなくなった債務者をカンドがここに連れて行き、死なない程度の高さから突き落として大怪我をさせる。
このビル周辺はこの後、何回か使われている。

 骨組みを造り、コンクリートを打ち込んだところで工事は中断され、建設途中で放棄されたと思われる。

 高さを計った上で4階から突き落としたという設定になっているが、4階には壁がなく、実際の撮影は3階で行なわれた様子。
映画に出て来る赤いソファーまで残っていた。

 見ると、対岸にもコンクリート枠だけの幽霊ビルがある。

行き方 ヤンスリまたはKR中央線ウンギルサン(雲吉山)駅から45号線を北へおよそ10km、56番のバスで約25分。
    前方に北漢江を渡る大きな橋が見え始めたら、そろそろ目的地が近い。左側にSKのガソリン・スタンドを確認したところでボタンを押してバスを降りる。
    
    ビルはSKのガソリン・スタンドから50m。北漢江のほとりに建っている。隣は営業中のカフェ「江」


水鐘寺(スジョンサ)

 "母"の出現で、カンドの心に変化が現れてくる。

 寺を訪れたカンドは、景色が良く見えるように車椅子の僧侶を持ち上げてやるようなことまでするようになった。
 
 北漢江にかかる3つの橋のうち、真ん中がチョンニャンリからの167番バスが通るヤンスリへの道路橋。手前が中央線の鉄道橋。

行き方 ヤンスリまたはKRウンギルサン(雲吉山)駅からタクシーで1万5千ウォンくらい。
    車が行けるのは売店や休憩所がある小さな広場までで、そこから先は200mくらい石段を歩いて上る。


ユガネ明洞2号店

 カンドと"母"が食事するタッカルビの店。

行き方 地下鉄4号線ミョンドン(明洞)8番出口を出て左折、100mくらい行った2つ目のブロックにある。


明洞の街角

 "母"のメガネをからかった男をカンドが殴る。
かつて高い所から突き落とされて足が不自由になった男がそこを通りかかり、この騒ぎでカンドに気付く。

行き方 地下鉄4号線ミョンドン(明洞)6番出口を出て約200m。
    明洞のメイン・ストリートで、ダンキン・ドーナツとラコステの店がある場所。

タイトル一覧へ

掲示板へ