麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜

日本橋の麒麟像


 映画のシンボル的な存在。
翼のある麒麟像の下で青柳武明(中井貴一)が腹にナイフが刺さった状態で絶命しているところから映画は始まる。



水天宮


 安産・子授けの神社として知られているが、水難よけのご利益もあるとされているのがミソ。
弁財天をまつっていて、日本橋七福神めぐりのひとつ。
それらの神社の中でも、この映画では一番多くの場面で使われている。



Cafe Dolce


 刑事、加賀恭一郎(阿部寛)と看護師、金森登記子(田中麗奈)が加賀の亡父の法事の件で話す場面に登場する。
水天宮交差点に面した和菓子屋「三原堂」の2階、水天宮や特徴ある形の水天宮交番を見おろす位置にある。



三浦貴大が潜んでいた場所


 八島冬樹(三浦貴大)が茂みに潜んでいるところを警察官に発見され、逃げようとしてトラックに撥ねられ意識不明の重傷を負う。
二つの道路の間にある広い分離帯が公園のようになっている。



紅虎餃子房


 聞き込みにまわる阿部寛が店の表に出ている求人ポスターに目を留める。



ゆうま


 映画での店名は「ほおづき屋」。中井貴一が持っていたトンボ柄のめがねケース(1,050円)はここで買ったものと判明する。



築地銀だこ


 聞き込みにまわっている阿部寛と松宮脩平(溝畑淳平)が店に入って、それぞれ箸と楊子でたこ焼きを食べる。


甘酒横丁

 手がかりを求めて歩きまわる阿部寛と溝畑淳平の背景に使われている。 人形町のメイン・ストリートで、下町情緒を残した店が軒を連ねる。



カフェ紅(もみ)


 青山亜美(黒木メイサ)がアルバイトをしている喫茶店「黒茶屋」という設定。
中井貴一が七福神めぐりの途中、ここに立ち寄って休んでいた。
民家を改造して中庭なども生かした構造になっている。日・月・祝日は休業。



行き方 地下鉄日比谷線「小伝馬町」2番出口から北、秋葉原方面へ歩き、最初の信号を右に曲るとすぐ。

    このカフェ紅だけが他からは少し離れた場所にある。神社や店などの位置は「人形町周辺略図」を参照。



地下道


 中井貴一が刺される場所。
首都高速道路、江戸橋JCTの下を通る歩道が使われている。



野村證券本社ビル


 腹を刺された中井貴一が痛みに耐えながら、日本橋へ向かって歩いていく途中にある。



椙森神社


 黒木メイサからの情報で、中井貴一が千羽鶴を奉納して写真に撮るところを目撃したという人から阿部寛が話を聞く。

また、中井貴一の息子、悠人(松坂桃李)がお参りするシーンにも使われている。



小網神社、茶ノ木神社、松島神社、末廣神社、笠間稲荷神社、寶田恵比寿神社 (写真順)


 日本橋七福神めぐりのうち水天宮、椙森神社の二つ以外は阿部寛と溝畑淳平が手がかりを求めて神社をまわるシーンとしてただ挿入されているだけ。



ジョイフル三ノ輪商店街


 バイト先をクビになった中原香織(新垣結衣)がアパートへ歩いて帰る後姿のシーンは商店街の西の方、
「はんこ」というのぼりの出ている「前田印房」のあたりで撮影されている。



惣菜屋

 商店街の中にある惣菜屋で新垣結衣はアルバイトをしている。
三ノ輪商店街で配達をしている業者がこのキャプチャーを見て「知らない」と言い、アーケードのライトの形や自転車が行き交う舗道の敷石も違っているので、この商店街は三ノ輪ではなさそう。  求む! 情報

東京国際映画祭2011 アリーナ・ステージから


                 
                                                            

タイトル一覧へ

掲示板へ