哀しき獣  黄海


ノニョン中央ビル


 殺人の標的キム・スンヒョンの住居が6階にあるという設定のビル。
中国・延平に住む朝鮮族のボス、ミョンガ(キム・ユンソク)から名前と住所だけを告げられて、殺人命令を受けたクナム(ハ・ジョンウ)は密航して韓国に渡る。

 ハ・ジョンウはさっそく周辺の調査を開始。向かいの東国ビルの階段からも、中央ビルのしくみやキム・スンヒョンの行動パターンを探る。
 いよいよ決行に移そうとしたとき、見知らぬ朝鮮族の男ふたりがスンヒョンを襲い、彼の運転手も階上へ駆け上がる。スンヒョンを実際に殺害したのはハ・ジョンウではなかった。

 しかし、彼はこのときから警察をはじめ各方面から追われる身になってしまう。

 ハ・ジョンウが向いのビルから様子を探っていた時、目に入ったコンビニは「ファミリー・マート」だったが、運営していた現地法人は
ライセンス契約を更新せず、12年の夏から「CU」を名乗るようになった。(13年の写真:トーキヨー映画館番長さん提供)

行き方 地下鉄で行くなら、7号線カンナムクチョン(江南区庁)3番出口から北のハクドン(鶴洞)サゴリ(交差点)方面へ500メートル、
    信号のある交差点を左折して150メートル歩いたところに教会、そして1階に「魚島(オド)」という日本料理店がある中央ビルが見える。



安山のアパート


 ハ・ジョンウの妻は韓国に密入国したまま消息を絶った。
その居所をつきとめたハ・ジョンウは妻が住んでいるはずのアパートに行ってみるが、マジックで「205号室」と手書きされたアパートには
誰の姿もなく、室内は争い事があった様子で壊れた物が散乱していた。

 ハ・ジョンウは隣に住む男に金を渡して、妻に関する情報があったら知らせてくれるよう頼む。


行き方 地下鉄4号線アンサン(安山)1番出口から地下道で道を渡る。出たところの道をまっすぐ300メートル行くと新韓銀行に突き当たる、
    その隣にあるKEB(外換銀行)の横の道を北へ100メートル行くと、映画にも出てくる小さな公園が見つかる。
    アパートは公園の南西ななめ隣のブロックにある。

 安山は密入国した朝鮮族が住んでいるという設定にぴったりの街。
道端に並ぶドリアン、アジア各国の国旗で客を呼ぶ携帯電話屋、いろいろな国の言葉で書かれた看板・・・。
アジアを寄せ集めたような、韓国の他のどこにもない独特の雰囲気がある。


コモドホテル

 ホテルは中国にあるという設定。漢字の看板がいくつも写る。
キム・ユンソクを殺そうとする一団はホテルのフロントで部屋番号を聞き出し、包丁を手に侵入する。
しかし、フロントからの知らせがあったのか、手斧を持ったキム・ユンソクの返り討ちにあい全員血まみれでフロアに転がる。

 コモドホテルはレンガ造り風の廊下という点では前と同じだが、改装で雰囲気は変わっていた。
また、凄惨な現場になった「1522号室」というのはもともと存在しない。

 外観やフロントは釜山にある別のチャイナ系のホテルを使って撮影している。

行き方 最寄りの駅もない坂の上なので、プサン地下鉄1号線チュンアン(中央)あたりからタクシーに乗って5分。


プサンホテル

 ホテルの前に停められた車の周辺で数人が揉めていて、ホテル内のコーヒーショップにはキム・ユンソクが座っている。

行き方 プサン地下鉄1号線チュンアン(中央)1番出口から西へ200m。ガイドブック参照。

タイトル一覧へ

掲示板へ