チング 永遠の絆 (チング2)

仙岩寺(ソナムサ)

 この寺は2度登場する。

 最初はソンフン(キム・ウビン)が収監されるきっかけになった事件、いわば素人が本物のヤクザを襲って蹴散らした暴力事件の乱闘現場。
立回りを撮影したのは"冥府殿"の前。叩きのめされたヤクザたちは寺の石段を駆けおりて逃げ去った。
 若い僧侶が床に灯油をまいたのも、キム・ウビンが本尊に「ガンつけやがって」と言ったのも"大雄殿"。
普段は大雄殿の中で熱心な信徒たちが手を合わせている。

 2度目はキム・ウビンが幼なじみのその僧侶を訪ねて行くシーン。
これは"大雄殿"のある場所から石段を上って行った高い場所に建っている"七星殿"の前で撮影されている。
しばらく語らった後、ふたりが別れるのはその石段。

行き方 公共交通機関がないので、ソミョン(西面)あたりからタクシーで約5,000ウォン。
    帰りは車が通っている道まで下りて行き、タクシーを拾う。


永登浦拘置所

 前作で、チャン・ドンゴンを殺害するよう指示したことを認めたユ・オソンに有罪判決が下り、彼は長い間刑務所に入れられた。
出所後ユ・オソンの右腕になるキム・ウビンとはこの刑務所の中で知り合う。

 映画には、永登浦拘置所独特の形をした監視塔が写る。

行き方 ソウルの地下鉄1号線ケボン(開峰)2番出口から北へ700m。


釜山ロッテホテル

 17年ぶりに出所したユ・オソンが滞在しているホテル から出て来て、彼を監視しているらしい男たちを一瞥すると、迎えに来ていた車に乗り込む。



行き方 プサン地下鉄1,2号線のソミョン(西面)7番出口から200m。


海雲台アムソカルビ

 ユ・オソンが組の敵対する幹部らとの会食にのぞむ店。

タイトル一覧へ

掲示板へ