最強☆彼女 武林女大生

 クァク・ジェヨン監督の"彼女シリーズ"、第3弾とか第4弾とか諸説あり。
ともかく、これまでのクァク・ジェヨン監督作品の出演者、ロケ地、シチュエーションに共通するものが多数ある。

高麗大学アイスリンク


 アイス・ホッケー部の練習が行われている場所。


行き方 地下鉄6号線アンアム(安岩)2番出口から北へ。コンビニGS25をふたつ過ぎたところに大学の裏門。留学生の寮などが建っている坂を道なりに上がっていくと少し広い道にぶつかり、そこにある伝統様式の建物が「韓国学館」。アイスリンクはその裏側にある。



木洞アイスリンク


 他校との対抗試合が行われる場所。ここは「パリの恋人」でパク・シニャンとイ・ドンゴンがアイス・ホッケーで対決する場面を撮影した場所でもある。


行き方 地下鉄5号線オモッキョ(梧木橋)2番出口から北へ600m。



キョンヒ大学


 クァク・ジェヨン監督お気に入りの雨の中、ジャケットを傘がわりにしてふたりが走るシーン。駆け出す前のシーンではチョンウン(青雲)館、そしてゴールは「ラブストーリー」と同じ中央図書館が使われている。
 
 オン・ジュワンがコインを失敬するシーンは音楽学部の建物(その名もクラウン館というらしい)の前。


行き方 地下鉄1号線フェギ(回基)1番出口から1番のマウルバスで終点のキョンヒ大学正門まで。正門を入ったところに構内の見取り図がある。


高陽総合運動場アイスリンク


オートバイが走り去るシーンで何度も登場するのが08年12月に浅田真央が優勝したフィギュア・グランプリが行われた高陽アイスリンク。ほかにも雨の中シン・ミナとオン・ジュワンがジャケットを傘代わりに駆け出す場面、シン・ミナとユゴンがふたりで話す夜のシーンを撮影した場所もここにある。


行き方 地下鉄3号線ファジョン(花井)からタクシーで10分。


平倉洞のセブンイレブン前

 シン・ミナの父親が武林の仲間と待ち合わせて、再開発現場へ向かう場所。
ふたつの恋と砂時計」「カル」で使われたセブンイレブンの前。

行き方 平倉洞へは地下鉄3号線キョンボッグン(景福宮)3番出口からしばらく行ったバス停(道の向かいに"ハッピー・トゥギャザー"のイ・ビョンホンとチョン・ジヒョンの写真が飾ってある写真館)で1711のバスに乗り、ピョンチャンドン・サムソ(平倉洞事務所)下車。洞事務所の前の道路を横断して、国民銀行のある道を200mくらい行くとセブンイレブンがある。




ウンボン(鷹峰)駅前


 おなじみ金属バットと角材を手にしたヤクザがけんかする広場。警察のふたり、武林のふたりがそれぞれ地下道の出口から飛び出すチャンスをうかがう。
 背景に見えるのが鷹峰駅の出口と城東区の貸し自転車施設。なぜか映画では白い点で「城東」という文字が読めないように加工してあるが、その上に見えている虹のようなマークは城東区章。


行き方 韓国国鉄中央線ウンボン(鷹峰)駅の1番出口を出たところ。この駅の龍山方面ホームは「私の生涯でもっとも美しい一週間」で、車内販売に疲れたイム・チャンジョンが腰をおろすベンチのある場所。「マラソン」でチョ・スンウが走っていたグラウンドは出口の目の前にあるクァンヒ中学校。



銅雀大橋


 鳩にエサをやっている特別出演のあの人の脇をシン・ミナが通り過ぎる。そのとき、携帯電話に父の入院を知らせる着信が・・・。「グエムル」で怪物をショット・ガンで撃ったピョン・ヒボンが捕まって命を落とす場所でもあるが、この周辺では改装工事が始まり、様子が変わってしまった。


行き方 地下鉄4号線トンジャク(銅雀)1番出口から漢江方面へ。



テグ市、ケミョン大学


 キャンパスの風景はほとんどここ。工事中の足場から金づちが落ちてきてシン・ミナの頭に当たるシーンをはじめ、オートバイでやってきたユゴンに見とれる階段、走ってきたシン・ミナが車止めの石につまづいて転び、その石を怪力ぶりを発揮してどける道、オン・ジュワンがシン・ミナの授業の終わりを待って寝ていたベンチ、シン・ミナはユゴンを、オン・ジュワンはオートバイをカッコイイと思いながら、走り過ぎるユゴンのオートバイを見る場面などが撮影されている。
 これらの場面は校門を入って右奥に建っているSGANGON WILSON MEMORIAL HALLの周辺にある。この大学はすべてこのような字体で建物名が書いてある。正門を入ってすぐ右にある大きなホールは「夏物語」で、そのテラスから学生運動のリーダーが演説していたところ。学生集会が開かれていた野外音楽堂は正門の左奥にある。同じくイ・ビョンホンの「誰にでも秘密がある」にもこの大学の講議棟が登場する。


行き方 もよりの地下鉄はテグ1号線のミョンドク(明徳)駅。地図を見ながら歩いて行ってもいいし、タクシーの運転手もこの大学なら知っている。



テグ市、ソンダンドン派出所


 ユゴンの憧れの婦警さん(イム・イェジン。クァク監督によるとこの人はかつてのアイドル女優らしい。「ラブストーリー」の売店のおばさん、「僕カノ」では届いた本をチョン・ジヒョンに渡す婦警)が勤務している派出所。写真でわかるように、映画で使われた建物は周辺の再開発に伴って撤去されたようで、プレハブの臨時派出所になって、この場所に移転したらしい。

行き方 テグ地下鉄1号線のソンダンモッから徒歩15分。

 

タイトル一覧へ

掲示板へ